話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

誰よりも優しい御姉様が虐めで壊れました、みなさまには生き地獄を見て頂きましょう。

克全

第3話:定番

私は何をされても大丈夫なように、ゆっくりと机の間を歩きました。
庶民の教室のように、安っぽい小さな机ではありません。
貴族に相応しい高価な机が並んでいますが、中には学校の机ではなく、飛び抜けて高価な自分の机を持ち込ませた高位貴族もいます。
その自前の机が結構厄介で、攻撃魔法を仕込むことは禁止されていますが、防御魔法を仕込むことは許されています。
ここで学ぶ貴族子弟の中には、常に命を狙われる高位貴族の子弟もいますから。

「ああああ、暇だな」

王太子の取り巻きの中では上位貴族の男が、不意に大声をあげました。
私を攻撃しろという合図なのか、それとも単に私を恐怖させようとしたのか?
ビクビクとした様子を見せて、こいつらを喜ばせる気などありません。
だからといって、油断している訳ではありません。
十分な準備をして、何時でも反撃できる自信があるのです。
どうやら合図のようですね、教室に更なる緊張が走るのが分かりました。

「暇なら寝ていればいいではありませんか、私が代わりに勉強しますよ」

王太子の取り巻きの中では下位貴族の男が返事しました。
高位貴族の我儘はよくある事なのでしょう、担任は何も咎めません。
どうやらこいつが私の攻撃を仕掛けるようですね。
物理的に仕掛けてくるのか、それとも魔術や呪術を使ってくるのか?
定番の脚を引っかけるなんて方法を使ってきたら、へし折ってやるんですがね。
残念ながら、定番の行動はしてくれないようです。
もっとも席が遠いので、足を伸ばすには遠すぎましたね。

「先生、ノートを二冊分とるんで、消すのはゆっくりお願いします」

席についてしばらくは何事もありませんでしたが、急に犬が口を利きだしました。
王太子の取り巻き下位貴族など犬扱いで十分です。
いえ、嘘です、間違いです、犬も猫もとても賢く優しく忠誠心があります。
犬ではなく豚です、今喚いたのは豚と名付けます。
果たして今の豚発言は、何かの合図なのでしょうか?

「ウギャアアアアアア、痛い、痛い、痛い、眼が、眼が」

豚が悲鳴を上げて泣き喚いていますが、十倍反射攻撃を受けたようですね。
御姉様の時のような無視ではなく、初日から直接嫌がらせできましたか。
魔術気違いの私には、無視しても無駄だと思ったのか、全てを知って復讐に来た私が、国王や王妃にぶちまけると面倒と思ったか、理由は分かりませんが好都合です。
相手が無視してきたら、時間をかけての報復になってしまいますが、攻撃を仕掛けてくるなら今日にでもぶちのめせます。

さっきまでは時間をかけて苦しめる心算でしたが、どうにも湧き上がる怒りが抑えられませんから、一人くらいは今日中に地獄を見せてやりましょう。
まあ、もう豚は片目が潰れていますから、地獄を少し覗いたようですね。
でもこれくらいでは許しませんよ。
その程度の傷では、御姉様の苦しみには全然見合いませんからね!

「誰よりも優しい御姉様が虐めで壊れました、みなさまには生き地獄を見て頂きましょう。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く