話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

誰よりも優しい御姉様が虐めで壊れました、みなさまには生き地獄を見て頂きましょう。

克全

第2話:宣戦布告

私は万が一にも失敗しないように、万全の準備を整えました。
私が失敗して殺されることになったら、御姉様の復讐をする者がいなくなります。
二重三重ではなく、十重二十重に私が殺された時の策を施しました。
いえ、御姉様の看病をしながら、着々と準備をしていたのです。
御姉様の側を離れられないので、確実簡単に殺してしまう方法でした。
苦しめて苦しめて、殺してくれと泣き叫ぶまで追い詰めるという、私の願いとはかけ離れ過ぎた方法でしたが、犬猫が助けてくれるまではそれしか方法がなかった。

「途中入学者を紹介する、ルイジア公爵家のケイト嬢だ。
先ごろ病気療養のために退学したユリアナ嬢の妹だ。
普通なら一年に入学するところなんだが、抜群の成績を挙げて飛び級で三年生となる、皆も精進して負けないようにな」

何も気が付いていない、担任だという愚かな男が、私の事を紹介する。
やろうと思えば、身分を偽造して入学する事など簡単でした。
そうして密かに一人づつ殺していくことも考えたが、それでは復讐にならない。
御姉様の復讐をするために私がやって来た、その恐怖に震えてもらいます。
御姉様の苦しみと同じ、いえ、何倍もの苦しみを味合わせるためには、正体を知らせて復讐するしかないのです。

「さあ、自己紹介と挨拶をしなさい」

さあ、いよいよ宣戦布告です。
万が一私が返り討ちにされた時には、御姉様のおられる離れだけは結界を張って、王都全てを紅蓮の炎で焼き滅ぼしてくれる。
もしそれが防がれたとしても、王宮に疫病と毒薬を仕込んだ猛獣を放ってやる。
それも防がれたら、王宮を奈落の底に落としてやる。
他にも十七の攻撃を仕込んでいるから、安心して表に出て復讐ができる。

「はい、先生、今から自己紹介させていただきます。
私は、ルイジア公爵家の次女ケイトと申します。
先頃まで在学させていただいていたユリアナ御姉様は、皆様にとても御世話になったそうですので、その十倍は御恩返ししたいと思っております。
特に元婚約者のガゼフ王太子殿下と、エリル侯爵家のルレリア嬢には、言葉に尽くし難い親切を頂いた事、よく知っておりますので、真心を込めて御恩返しさせていただきますので、お待ち願います」

教室中が凍り付いていますが、それも当然でしょう。
私が挨拶するまでは、壊れた御姉様に代わって公爵家を継ぐために、何も知らない私が飛び級を選んだと思っていたのでしょう。
私が魔術気違いだというのは、社交界では常識ですから、御姉様の事は上手く言いくるめればすむと思っていたのでしょう。
もしばれても、御姉様と同じように壊してしまえばいいと考えていたのでしょう。

「ああ、ケイト嬢の席は一番後ろだ」

教室の異様な雰囲気に、愚かな担任がようやく気が付いたようで、とってつけたように席を知らせてきた。
さて、定番の転校生いびりを今から始めますか?
腐れ外道のガゼフ、尻軽根性悪のエリル。

「誰よりも優しい御姉様が虐めで壊れました、みなさまには生き地獄を見て頂きましょう。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く