話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢にTS転生だと、男に抱かれる気はない!

克全

第5話:皇太子

さっきから熱い視線を感じて鳥肌が立っている。
俺は今日ほど美少女に生まれた事を後悔した日はない。
前世では美少年美少女を羨んだこともあるが、性同一性障害の人は、毎日これほどおぞましい気持ちに耐えていたのだと、初めて知った。
相手が皇太子でなければ、徹底的にぶちのめして、二度と俺の事を見る気にならないようにしてやるのだが、大勢の近衛騎士の前ではそれもできない。

「そなたが私の婚約者のカトリーヌか?
苦しゅうない、もっとちこうよれ」

うんがぁあぁぁあぁ!
気持ち悪すぎで吐き気がする、問答無用で殴りたい。
相手が同じ八歳のいたいけない少年でも関係ない!
皇太子が近くの来いと言えば、行かなければいけいなだろうが、嫌だ。
絶対に嫌だから、遠慮するフリをする。
全部俺を男の心のまま女に転生させた糞神のせいだ、この恨みは必ず晴らす!

「いえ、私ごとき身分のモノが御側近くに行くなど畏れ多い事です。
どうか皇太子殿下のお力で、身分卑しい私との婚約を解消してください」

うんがぁあぁぁあぁ!
普段女言葉を使うことには何とか抵抗がなくなって来たが、俺の事を恋する眼で見たり、邪悪な欲望で見てくる連中には、虫唾が走るのだよ。
特に邪悪な眼で見てくる獣心の男は、ぶち殺してやりたいと思うのだ。
言葉巧みに近寄ってきて、子供を可愛がるように見せかけて、幼い子を撫でまわして欲望を満たそうとする者には、本気で殺意を覚えるのだよ。
まあ、実際は、魔蟲を飛ばして失明させるだけにとどめているがな!

「何を言いだすのだ、私の愛する婚約者カトリーヌ嬢。
カトリーヌ嬢との婚約は、皇帝陛下も承認されたことなのだ。
私の一存で解消できるような事ではない。
それ以前に、私はカトリーヌ嬢の事を愛しているんだよ」

うんがぁあぁぁあぁ、気持ちが悪すぎる!
こましゃくれたエロ餓鬼が、妙に知恵がついているようで、とても八歳とは思えん受け答えをしやがる、まさか俺と同じ転生者か?
だとしたら迂闊な事はできん、下手な攻撃をしたら逆撃される。
まあ、俺と同じ知識と経験をしていた転生者でなければ、負けるとは思えないし、そんな者はいないと思うが、油断するわけにはいかない。

いかん、さっきから元自衛官とは思えない思考をしてしまっている。
この世界の常識を優先して、元の世界の倫理観は忘れると覚悟は決めたが、先祖代々守って来たと曽祖父が言っていた、男の尊厳だけは守らなければいけない。
泣き喚いたり罵りの言葉を口にするのは恥ずかし事だ。
全ては心の中だけに納め、漢として生きていくのだ、女だけど。

「悪役令嬢にTS転生だと、男に抱かれる気はない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く