話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄ありがとうございます王太子殿下、でも、隣にいるのは女装した私の弟ですよ。

克全

第8話:罠・オスカル視点

「ああ、ようやく見つけたよ、愛するオリビアよ。
今直ぐ僕の愛を受け入れてくれ、もう我慢できないんだ!」

愚かな王太子が、演劇の舞台に上がってきて、下半身を露出させる。
学園祭の模擬店料理に混ぜて食べさせた、媚薬が効果を発揮してくれている。
これだけの醜態を、満場の観衆の前でさらしたら、廃嫡は間違いない。
姉上との婚約解消を頑として認めない、愚かな国王と王妃でも、教会から背信者として懲罰されたこいつを、王太子のままにはできない。
この期に及んでまだ庇うようなら、教都の大教皇に訴えて出て、男色の罪で討伐軍を出してもらうと脅してやる。

「殿下、王太子殿下、私は男です、レナス公爵家のオスカルです。
男に襲いかかったら、教会の教えに反します、神罰が下りますよ!」

「何を言うんだ、オリビア、僕だよ、王太子のフェルドだよ。
あれほど硬く約束したじゃないか、今度会った時に僕の愛を受け入れてくれると。
ああ、もうたまらない、我慢できない、僕を受け入れてくれ。
必ず王妃にするから、そのためにジャスミンを王都から追い出したんだよ」

くっくっくっく、ここまで馬鹿な事を言ってくれると助かります。
男を王妃にするなんて言って、しかも姉上を王都から追い出したと言ってくれた。
これで国王と王妃が権力でもみ消し黙らせたことが、白日のもとにさらされる。

「修道士殿、神官長殿、神殿長殿、助けてください、背教徒に襲われます。
私では王太子に逆らえません、どうか教会の力で助けてください」

さあ、これで王太子は教会に捕まり、厳しい取り調べを受けることになる。
今までは見て見ぬフリをしていた教会も、衆人環視の前で無視はできない。
これでやっと姉上は完全に自由になれるだろう。
誇り高く気高い理想を持ちながら、弱者への優しさも失わない人。
虐められていた俺なんかを助けるために、陰湿な虐めに立ち向かってくれた人。
アルバイトで苦しい生活をしていたのに、そのアルバイトを減らしてでも、俺の側にいて慰めてくれた人。

なんで、この世界に一緒に転生できたのに、姉弟なんだ!
今度こそ勇気を出して、好きですと告白したかったのに、血の繋がった姉弟じゃ、自由にしてあげる事しかできないじゃないか。
このままでは、禁断の罪を犯しそうで、僕が出ていくか姉上に出て行ってもらうしかなかった。
姉上に籠の鳥は似合わない。
それが公爵家や王家の豪華で大きい籠であろうと、姉上に枷や制限は邪魔なだけ。
もし次の転生があるのなら、今度こそ血のつながらない、愛し合う事のできる男と女にしてくれ、神様!

「婚約破棄ありがとうございます王太子殿下、でも、隣にいるのは女装した私の弟ですよ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く