話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄ありがとうございます王太子殿下、でも、隣にいるのは女装した私の弟ですよ。

克全

第3話:弟の分際で

「さあ、自分のやった事の責任ととってもらいましょうか!」

私は弟のオスカルに詰め寄った。
なんとしてでも、こいつにもサインと押印させなければいけない。
抵抗するようなら、ボコボコのタコ殴りにする事も辞さない。
それだけの決意を眼に込めて脅かしてやりました。

「それは構いませんが、行く当てはあるのですか、姉上?」

私の決意など知らないように、オスカルがあっさりと承知する。
肩透かしを喰らった気分だが、私はそんな事で悩むほど複雑な性格ではない。
サインと押印をしてくれるのなら、私から長引かせる気はない。

「当てくらい幾らでもあるわ、でもどこに行くかは教えないわよ」

私は事前に予防線を張っておく。
こいつに話してしまって、ペラペラと喋られてはかなわない。
特に国王と王妃に話されてしまったら、騎士団を差し向けても連れ戻そうとする。
あの鳥頭を操縦して、国の舵取りができるのは私だけだと、妙に頼られてしまっているのだ。

「いえ、そこまで聞こうとは思っていませんよ。
お金と食料はもっておられるのですか?
王都の外は、随分と治安が悪いと聞いていますよ」

泣き虫の女装癖弟のくせに、姉を心配するなんて生意気ですね。
でも、口先だけでなく、本気で心配してくれているようなので、許してやります。

「直ぐに泣く弱虫の弟のくせに、生意気な口を利くんじゃないわよ。
この日の為に以前からちゃんと準備をしているわよ。
逃亡資金も貯めてあるし、食糧も確保してあるし、護衛も用意しているわ。
お前はさっさとこれにサインと押印すればいいのよ」

私が斬り捨てるように話すと、オスカルが傷ついたような顔をする。
そもそもお前が今回のきっかけを作ったのに、何故そんな顔をする?
私が普通の貴族令嬢で、王太子がまともだったら、私は自殺するくらい傷ついていたのだぞ、お前はそれが分かっているのか!
ええい、何故私が罪悪感を感じなければいけないのだ?

「分かりました、姉上、直ぐにサインと押印をさせていただきます。
ただ父上や母上に伝える事はありませんか?
学園の御学友に伝えることがあるのなら、私がお伝えさせていただきます」

本当に、気が利くのか、神経を逆なでしようとしているのか、苛立つ弟です。
前世の記憶がるので、この世界の両親への愛情は微妙ですが、それでも相応の愛情は持っているのです。
ここで両親への伝言などと言われたら、逃げ出す事に罪悪感を感じてしまう。
学園の友人達にも、色々な思い出があって、別れ難い友人もいるのです。
泣き虫の弟の分際で、本当に苛立つ奴です!

「婚約破棄ありがとうございます王太子殿下、でも、隣にいるのは女装した私の弟ですよ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く