話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生者はスライム研究に没頭して辺境伯家を廃嫡追放されそうです。

克全

第9話:演技

脅迫なのか本気で殺そうとしたのか、モーリス第4王子が長剣を抜いて大きく振りかぶったので、そのチャンスを逃さないようにしました。
縮小化しているヒュージポイズンスライムを、誰にも分からないようにモーリス第4王子の足元に放ち、俺の方に剣が落ちてくるように仕向けました。
そしてその剣をわざと顔で受けたのです。

「ウギャアアアアアア」

生徒会室どころか、学園中に響き渡るくらい大きな悲鳴を上げてやりました。
こんな時のために拡声の魔道具を隠し持っているのです。
攻撃してきた敵を威嚇し、助けを求めるための拡声魔道具ですが、今回はモーリス第4王子の暴挙を学園中に知らせるために使いました。
ただ、本当に自分の身体を傷つける心算などありません。
剣を受けた顔には、縮小化させたヒュージスライムを張り付けて、負傷しないようにしてあります。

「違う、私ではない、こいつが勝手に私の剣に当たって来たのだ」

俺の持っていた拡声魔道具は、ちゃんとモーリス第4王子の言い訳も拾って学園中に広めてくれています。
これでどう生徒会役員で口裏を合わせても、貴族派が真実を広めてくれます。
もう絶対に王家は貴族派の心を掴む事はできないでしょう。
貴族派も大手を振って王家から離反することができます。
ですが、もう少し演技をした方がいいですね。

「殺される、モーリス第4王子にころされるぅううう。
わずか7歳の私を、王家のために一人王都に人質に来た私を。
辱めて嬲り殺しにする!」

「黙れ、黙れ、黙れ、嘘をつくな!」

私は、生徒会議題の質問で辱められたのだが、今の言葉を聞いた多くの者は、モーリス第4王子が幼児性愛者で、私を襲ったと思うだろう。
私を襲おうとして激しく抵抗されて、逆上して斬りつけたと思うだろう。
全ての生徒会役員が、モーリス第4王子の悪業を黙認した恥知らずな腐れ貴族という、拭い難いレッテルをはられるだろう。
そうなるだろうと計算して、俺はこういう事をやったのだ。

「ウギャアアアアアア」

慌て騒いでいるモーリス第4王子に止めを刺してやった。
縮小化しているとはいっても、2134匹のポイズンスライムが合体統合したヒュージポイズンスライムの力は凄く強い。
モーリス第4王子を突き飛ばして俺の方に押しやる事くらい簡単だ。
生徒会役員達に、ぶつかった拍子に俺が激しく斬られたように見せかけるのも、難しい事ではない。

スライムの粘液に赤い色素を含ませて、大量出血のように見せかけるのも、とても簡単な事だ。
ヒュージポイズンスライムに、遅効性だが解毒不可能なキノコ毒を、モーリス第4王子に身体に注入する事もね。

「転生者はスライム研究に没頭して辺境伯家を廃嫡追放されそうです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く