話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

もう婚約者に未練はありません。

克全

第6話:魅了

私達を辺境に送って来た王国軍は、廃城について直ぐに王都に戻りました。
はっきり言えば逃げ帰ったのです。
今の王国軍に蛮族と戦う勇気などないのです。
私達を護るモノはボロボロに崩れた城壁しかありません。
私達の領民、元王都の貧民は怯え切っていました。

「私の力をよく見ていなさい。
私に従う限り天寿を全うさせてあげます。
私に逆らう者は容赦せずに殺します」

もちろん私にこんな言葉を口にする度胸などありません。
全部イーシスが言ってくれたのです。
しかも言葉だけではなかったのです。

「濠よ、深く広く穿て」

イーシスがそう言霊を発すると、濠のなかった城に濠ができます。
地の底まで続くような、底の見えない深い深い濠です。
幅も百メートル以上あるでしょう。
とてもではありませんが、誰も濠を超えることができません。
しかし同時に領民も城から出て行くことができません。
逃げ出すことができないのです。

「壁よ硬く厚く高くそびえよ」

イーシスが再び領民に分かるように大きな声で言霊を発生させます。
ですが身体を共有している私には分かります。
イーシスには呪文や言霊など不要なのです。
ただ心に思い浮かべるだけで全て現実になるのです。
それが可能なだけな魔力がイーシスにはあるのです。

もうすでに領民はイーシスの事を恐れおののいています。
これからは誰も反逆どころか口答えもしないでしょう。
唯々諾々と私の言う通りにするでしょう。
イーシスと言っても身体を共有しているので私の事でもありますから。

「城よ、光り輝く壮麗な姿になれ」

これが止めだったのかもしれません。
白く光り輝く大理石と、黒光りする大理石。
いえ、それだけではありません。
碧と蒼と紅に輝く大理石が城を美しく彩っているのです。
芸術的な組み合わせて城を美しくしています。

領民達が大きな口を開けて城に見とれています。
濠も城壁も領民に力を見せつけるには最適だったと思います。
ですが美しい城を創り出した事で、心を鷲掴みにしたようです。
イーシスは領民を魅了したのです。
彼らは私の為なら命も惜しまず仕えてくれるでしょう。

「今日は特別に城に泊まることを許します。
数日後には城下の家々を修理します。
それまで城内での生活を楽しむように。
ただし、絶対に城内で糞尿をしてはいけません。
各庭園に便所という糞尿をするところを創ります。
糞尿は必ずそこでするように、分かりましたね」

「「「「「はい」」」」」

やれ、やれ、糞尿だけは絶対に許せないようですね。
これがなければもっと付き合い易いのですが。

(うるさいわね、これだけは絶対に譲れないわよ。
それともうこれで王国軍が攻めてきてお大丈夫だから、噂を流すわよ)


「もう婚約者に未練はありません。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く