話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。

克全

第123話:家族計画

リカルドは魔力を使って子供達の性別を全員男の子にしていた。
その事を今になってとても反省していた。
魂のありようが分からないから、性同一性障害が起こるかもしれない。
やった時にはそんな事を考えもしていなかった。
だから元の性別確認すらしていなかった。
ただ元気な魔力を持った男の子になれと思って魔力を流していた。
だから今更元の性別に戻す事もできなかった。

「聖王陛下、ありがとうございます、聖王陛下」

バートランドが満面の笑みを浮かべながら走り回っている。
あまりの速さについていけるのはコンラッドだけだ。
別に魔力によって早くなっているわけではない。
ただ年齢差の関係で、同じ七歳のコンラッドしか追いつけないだけだ。
五歳のヒューイやボライソー、四歳のアルフレッドでは身体の成長が全く違う。

「こら、はしゃぎ過ぎですよバートランド」

実母のライラが嗜める。

「コンラッド、貴男もいい加減にしなさい」

こちらも実母のローザが嗜める。

だがこれは仕方がない事だった。
久しぶりに生まれ育ったカウリー城に戻って来たのだ。
二ノ丸以下の城壁や居館は全て駐屯騎士団や徒士団に開放された。
本丸も城壁や庭園は駐屯騎士団や徒士団に開放されている。
だが本丸の居館だけは聖帝家の所有物として封印されている。
だから居館に戻ってかくれんぼの場所にして楽しんでいるのだ。

全ては魔族が侵攻してきた時のためだ。
居館の封印は素早く転移して魔族侵攻に対処するためだ。
本丸城壁と庭の解放は、本丸を通過する方が反対側への増援が素早くできるから。
聖帝家族がカウリー城にいない場合に、本丸通過を許可する者がいなくて、援軍が間に合わなくて落城する事など絶対に許されない。

「別にいいじゃないかライラ、ローザ。
久しぶりに戻って来たんだ、思いっきり走り回ればいい。
防御魔術で封印しているから、庭には出られないから安全だよ」

「「「「「やったぁあああ」」」」」

『リカルド聖帝の妻妾』
「レイラ王家」
レイラ聖妃 :セント・ジオン皇国第三皇女
アルフレッド:四歳・リカルドとレイラの間に生まれた正長子
グレアム  :三歳・リカルドとレイラの間に生まれた正次子
ウイリアム :二歳・リカルドとレイラの間に生まれた正三子
「カウリー伯爵家」
ライラ   :傭兵上がりの女騎士だったがリカルドの側室に
「アイザックス王家・アイザックス公爵家」
バートランド:七歳・リカルドとライラの間に生まれた庶長子
ヒューイ  :五歳・リカルドとライラの間に生まれた庶三子
エリオット :二歳・リカルドとライラの間に生まれた庶五子
「ダドリー伯爵家」
ローザ   :傭兵上がりの女騎士だったがリカルドの側室に
「ゴードン王家・アイザックス公爵家」
コンラッド :七歳・リカルドとローザの間に生まれた庶次子
ボライソー :五歳・リカルドとローザの間に生まれた庶四子
オーランド :二歳・リカルドとローザの間に生まれた庶六子

「結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く