話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。

克全

第122話:叙爵と叙勲

ウェルズリー城代をしていたトレヴァー子爵フランシス卿は、数々の功名を評価され辺境伯に陞爵された。
魔族が何時通路を掘るか分からない北大山脈沿いで、セント・ジオン皇国とリストン公国の両国と国境を接する領地とサイトプ城という最重要地を預けられた。

しかも辺境伯という爵位と領地を与えられたにもかかわらず、今まで通り近衛第一騎士団の団長でもあるのだ。
どれほど信頼されているか分かるというモノだ。
もっとも幹部騎士や一般騎士の多くが増設された近衛騎士団に転属となり、多くの新兵を預かることになったので、近衛騎士育成の為の後方近衛騎士団ともいえる。

他にも多くの側近が叙勲されたり大役に任命されたりした。
アルメニックは子爵に叙爵され、アダレイ子爵アルメニック卿となり、第三近衛騎士団長に任命された。
ヴィクターも子爵に叙爵され、カンリフ子爵ヴィクター卿となり、第四近衛騎士団長に任命された。
アルバートも子爵に叙爵され、マナーズ子爵アルバート卿となり、第五騎士団長に任命された。
リチャードも子爵に叙爵され、バックリー子爵リチャード卿となり、第六騎士団長に任命された。

リカルド聖帝と一緒に戦い、騎士や徒士に抜擢された義勇兵を中心に、屯田兵や元王都や領都に住む人達で戦闘力のある人々を集め、徒士団が編成された。
自警団だと担当の都市や街、町や村を出て戦う事はない。
自警団はあくまでも守備的な組織だ。
だが徒士団は戦況によっては故郷を離れて遠征に行かなければいけない。
だから団員が厳選されることになる。
数も限られてしまうのだ。

『聖帝国軍』
「近衛騎士団」
第一騎士団:リカルド聖帝直卒
第二騎士団:トレヴァー辺境伯フランシス卿:サイトプ城
第三騎士団:アダレイ子爵アルメニック卿
第四騎士団:カンリフ子爵ヴィクター卿
「一般騎士団」
第一騎士団:ベッカー辺境伯バーツ卿:フィエン城
:自警団
第二騎士団:アクス辺境伯クバント卿:アクス城
:自警団
第三騎士団:ライアン城伯アイル卿 :アイル城
:自警団
:アクス辺境伯クバント卿の指揮下
第四騎士団:セグレイブ子爵ラウンデル卿:フィエン城
:自警団
:ベッカー辺境伯バーツ卿指揮下
第五騎士団:マナーズ子爵アルバート卿
第六騎士団:バックリー子爵リチャード卿
「徒士団」
第一徒士団:
第二徒士団:
第三徒士団:
第四徒士団:
第五徒士団:
第六徒士団:
『フィフス王国騎士団』
第一騎士団:国内東・接収した処罰貴族の城館
:自警団
第二騎士団:国内北・ダドリー城
:自警団
第三騎士団:国内南・接収した処罰貴族の城館
:自警団
第四騎士団:国内西・カウリー城
第五騎士団:王都 ・
:自警団
第一徒士団:ウェルズリー城
第二徒士団:ウェルズリー城
:自警団
第三徒士団:ノウェル城
:自警団

「結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く