話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。

克全

第68話:復活・元勇者視点

「殺せ、殺せ、殺せ、逆らう奴は皆殺しにしろ。
国王に逆らう奴は謀叛人だ、情け容赦なく殺せや」

くっくっくっくっ、ようやくだ、ようやく復活の時が来た。
リカルドの臆病者のせいで、長年かけて築き上げたモノを全て失った。
フィエン公爵家を手に入れたら、勇者の名声と誼を結んだ王家の後押しを受けて、フィフス王家にとって代わる心算だったのに、リカルドの野郎のせいで……
だが、俺が奴を舐め過ぎていたのも確かだ。
二度と同じ過ちを犯さん、なんとしても失ったモノ以上のモノを手に入れてみせる、その為なら人を捨てても構わん。

「ロイド大将軍閣下、国王陛下が今回の謀叛人討伐の褒美を与えるとの事でございます、どうか今宵の舞踏会に参加願います」

愚かな王だ、俺に殺される可能性を全く考えていない。
まあ、そんな馬鹿だからこそ、リカルドの要請を無視して俺を匿っていたんだ。
知力も武力もない、実戦に出る度胸もないくせに、名声だけは欲しがる虚栄心の塊のような愚王。

俺を操ってフィフス王国を手に入れようとしていたのだろうが、自分が俺に操られていた事、今も操られ続けている事に全く気がついていない。
軍を完全に掌握したら、全てを話してやる、その時にはどれほど悔しがるだろう。
今からその顔を想像するだけで愉快で、思わす笑みが浮かんでくるぜ。
やはり俺には勇者よりも覇王の方が向いていたようだ。

「ロイド、楽しく悪事を考えているのだろうが、実際どうするんだ。
人間の側で戦うのか、それとも魔王軍の誘いに乗るのか。
中途半端に動いていると、足元をすくわれるぞ。
俺達が愚かな王に付け入って操っているように、魔王が俺達を操ろうとしているかもしれんのだぞ」

ガイスの野郎、盾役しかできない馬鹿のくせにつけあがりやがって、俺様に意見するなど百年早い。
この場で叩き殺してやりたいが、パーティーメンバーが見ている前では不味い。
まだパーティーメンバーには利用価値があるからな。
戦いの最中に敵に殺されたように見せかけて始末したいが、平民の叛乱軍程度が相手では、それも難しいし、どうしてくれようか。

「ガイス、それは聞かなくても分かっている事でしょう。
両方に上手い顔をしておいて、勝ちそうな方に味方するのよ。
ガイスは中途半端は危険だと言うけれど、中途半端が一番いいのよ。
どちらかに偏り過ぎたら、生き残れなくなってしまうわ。
私達には中途半端が許されるだけの強さがあるのよ。
咎められそうになったら、咎める方を叩き潰してやるだけよ」

エルナの言う通りだ、戦力が決定的にどちらかに傾かないようにして時間を稼ぎ、俺達自身の戦力を蓄えなければいけない。
他人の力を利用するだけでは限界があると、前回で思い知った。
この国の軍を乗っ取って俺の私兵にするか、俺が王を名乗って指揮権を奪う。

それまでは生意気でもガイスは必要だ、次の盾役が見つかるまでは、ガイスを殺すのはやめておいた方がいいな、腹立たしいが仕方がない。
まあ、こうして表に出た以上、いずれはリカルドに俺の事が伝わるだろう。
その時に真っ先に殺されるのは盾役のガイスだ、俺はそれを待つだけでいい。

だが、そうなると、今のこの国の戦力では勝ち目がない。
リカルドの勢力圏からは遠いが、いずれ必ずやってくる。
リカルドの目を他に向けておくには、この国から遠い場所で魔王軍に暴れてもらう必要がある。
その時のために、魔王軍との距離をもう少し近づけておくか。

「結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く