話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。

克全

第44話:侵攻併合

ライラとローザは元々一流の傭兵だった。
戦場で魔術士と戦ったこともあれば、魔術を使うモンスターとも戦った事がある。
だから、実際の戦場で魔力や魔術をどう使えばいいかをよく知っていた。
そんなライラとローザが、数日でこの世界有数の魔力持ちになったのだ。
その戦闘力は魔力を併用する経験を積むことで飛躍的に向上するだろう。
リカルド王太子はまだ安心はできていなかったが、開戦予定日を変更させるほどは狂っていなかったので、近衛隊を残して戦場に向かった。

「今から行ってくる、何かあったら使い魔を寄こしてくれ」

リカルド王太子は、ライラとローザに非常時に使う伝令使い魔の使役術を教えてから、ウェルズリー王国に攻め込んだ。
使い魔と言ってもモンスターではなく魔皮紙に魔石を埋め込んだ傀儡なのだが。
リカルド王太子が仕込んだ盗賊団が、無人のノウェル辺境伯領の村を襲い、実際に謀略を指揮したリカルド王太子の側近以外が全員逮捕された。
それをウェルズリー王国の侵略だと断じたリカルド王太子が、ウェルズリー王国に宣戦布告の使者を送って開戦となった。
セント・ジオン皇国などの大陸各国にも、開戦の使者が送られた。

「卑怯な手段で我が国の民を襲ったこと許し難し、お前達のような卑怯下劣なモノに国を治める資格はない、死にたくなければ財宝を持って国から出て行け。
出て行かぬならこの場で皆殺しにする」

リカルド王太子は単騎ウェルズリー王国の王城に乗り込み、問答無用で全員を捕らえて捕虜にしたが、それは開戦からわずか半日の出来事だった。
国境を接するウェルズリー王国は元々警戒する相手で、どれくらいの戦力があるかは常に密偵が調べていたのだ。
特にリカルド王太子に前世の記憶が戻ってからは、仮想敵国として調べ上げていたので、リカルド王太子が単騎で乗り込んでも勝てる事が分かっていた。
もちろん慎重で憶病な前世の性分が色々な隠し玉を用意させていたが、それを使う必要など全くなかった。

「ウェルズリー王国は私が占領し、王となる事を宣言する。
全ての領主から一旦領地を召し上げるが、功名によっては元の領地に戻す。
逆らう者は容赦せずに族滅させるが、逃げたい者は追わないから好きに逃げろ。
その時に食糧以外の財宝を持ち出す事は許す」

リカルド王太子は王城にいた全王侯貴族に戴冠を宣言すると共に、ウェルズリー王国から逃げる許可を与えた。
王城にいた王侯貴族は、噂に聞くリカルド王太子の戦闘力に戦意を喪失していた。
そもそも魔王軍遊撃部隊程度に恐れをなし、王都や領都に籠り民を見殺しにしていた憶病者だ、剣を持ってリカルド王太子に戦いを挑む気概など全くない。
国王以下の全王族とほとんどの貴族が領地を捨てて隣国に逃げて行った。

わずかに領城に籠る愚かな在地領主もいたが、全員がリカルド王太子に捕えられ、着の身着のまま国外に放り出された。
リカルド王太子の目を逃れられると思った愚かな王侯貴族は、食糧を持ち出そうとしたが、同じように捕らえられて全財産を没収されて国外追放された。
ウェルズリー王国に入り込んでいた魔王軍遊撃隊は、リカルド王太子に皆殺しにされ、民が安心して暮らせる国になった。
リカルド王太子はフィフス王国の王太子であると同時に、ウェルズリー王国の国王となった。

「結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く