話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。

克全

第21話:女騎士4・ローザ視点

覚悟を決めると結構落ち着いて行動できた。
これでも何度も死線を潜って来た歴戦の傭兵だったのだ。
やると決めたら少々の事で動じる女じゃあない。
夜伽をする覚悟があると騎士隊長に伝えると、夜番に選ばれた。
だが騎士隊長から、夜伽の前に殿下の就寝姿を見ておけと言われた。

「うっ、あ、ああああ、うう、ああああああ」

私は、殿下が悪夢にうなされるという信じられない光景を目にした。
昼間あれほど雄々しかった殿下が、恐怖と苦悶の表情を浮かべておられる。
まるで何かから逃げようとしているようだった。
誰が止めようとも最前線に出られ、誰よりも前に出て戦われる殿下なのに。
敵の攻撃は弓であろうと魔法であろうと、膨大な魔力の魔防壁で完全に防がれ、襲いかかってくる敵は一撃で五十も瞬殺される。
その殿下が、夢の中では逃げ出されているのだ。

「殿下は、あの日から悪夢にうなされるようになられたのだ。
起きておられる時には、あの時の苦しみはおくびも出されない。
だが、眠られた時にはこのように苦しまれる。
これは近衛のモノしか知らない事だ。
魔王軍との戦闘があった後は、特に悪夢を見られる」

「うっ、うっ、うっ、うっ」

夜番の近衛が、抑えきれない嗚咽を漏らしながら、滂沱の涙を流している。
傭兵上がりの騎士達は、保身のために情報交換しているが、その情報では殿下の学友だと聞いていた騎士長格だ。
剣技は騎士長クラスだが、殿下に対する忠誠心は特に強いと聞く一人だ。
殿下の事を心から心配しているのだろう。
本来なら騎士十騎と従騎士百騎を指揮する立場なのだが、一騎士として殿下の側に仕えている。
近衛の者達は剣技も大切だが、それ以上に絶対に殿下を裏切らない信用が一番大切だから、この辺は仕方がない。

「殿下のために覚悟を決めてくれたのは心から有難いと思っている。
打算や計算があって当然だろうが、このお姿だけは忘れないでくれ。
我らがどれほど忠誠心を持っていようと、殿下の御心をお慰めする事はできない。
殿下は普通の御趣味なのでな」

フェルデ騎士隊長は暗くなった雰囲気を変えようとされたのか、殿下の性癖に対する冗談を口にされたが、私はそれどころではなくなってしまった。
傭兵時代のように割り切って、死を眼の前にして性を楽しむ気持ちになろうとしていたのに、このようなお姿を見てしまったら本気になってしまう。
まあ、こちらがその気でも殿下に断られるかもしれないが……

ウジウジ考えてもしかたがないか!
いっそ殿下の公妾でも目指して、生まれた子供に爵位でもいただくか。
まっ、傭兵上がりの女騎士が公妾に選ばれる事など絶対にないけどね。
そうでも思って気持ちを作らないと、本気で惚れてしまいそうだよ。

「結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く