話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。

克全

第14話:女騎士3・ローザ視点

「そんな事を言われても、殿下が相手じゃあねぇ」

自分らしくない言葉を口にしてしまった。
本当に、自分の事を笑ってしまうよ。
これまでに何度も恋に落ちてきたから、乙女なんかじゃない。
王侯貴族の命令で、嫌々売春婦のように身体を開いたこともある。
死を前にした最後の日に、砦の男全員と乱交した事さえある。
今さら男と寝るのにこんなに照れるガラじゃないんだけどね。
相手が殿下だと、こうまで今まで人生を恥じてしまう。

「我こそはフィフス王国の王太子リカルドなり!
我と思わんものは掛かって来い、返り討ちにしてくれる!」

殿下のこの口上をお聞きするのはもう何度目だろう。
両手両足では足りないくらい聞いているはずだが、その度に強くなられる。
最初は騎士隊長が前衛に出るのを止められていたが、今では何も言わない。
余計な事を言ったら、せっかくの殿下の戦術を崩してしまうと、騎士隊長も我々もようやく認めることができるようになった。

「「「「「ブッぎゃ」」」」」

一番槍と一番首の手柄に、殿下の首までついているのだ。
愚かなオークやゴブリンは、ロードやジェネラルやチャンピオンが、先頭に立って襲いかかってくる。
殿下の魔法攻撃は一度に三十頭の敵を斃すことができる。
まさに瞬殺だった。
総大将と幹部と中級指揮官が瞬殺されたら、後は背中を見せて敗走するだけだ。
背中を見せた敵ほど簡単に斃せる相手はいない。

「前衛突撃、敵の釣り野伏せには気をつけろ」

殿下の命を受けた前衛五十騎弱が一斉に追撃する。
騎士達が経験を積み重ねて、少しずつレベルを上げているのが分かる。
私とライラも交代で前衛となり、経験を稼がせてもらっている。
今はライラが追撃に加わっている。

★★★★★★

「何か用かい、ローザ」

「申し訳ありません、殿下、考え事をしておりました」

「ローザらしくないね、気をつけないといけないよ。
一瞬の油断が、自分だけでなく、仲間まで危険にさらしてしまうからね。
ローザほどの猛者が集中を切らすようなら、一度撤退した方がいいな」

顔から火が出そうなくらい恥ずかしい!
無意識に考えごとをしながら殿下の顔を見つめてしまっていた。
四六時中殿下の事を考えてしまって、胸がズキズキと痛んでる。
これではまるで初恋の男に恋焦がれる乙女のようじゃないか。
このままでは、殿下の盾となって背中を護る事などできない。
村々を襲った魔王軍をほぼ撃退した後だからいいが、そうでなければ殿下の理想を邪魔する事になってしまう

「ああ、止めだ止めだ止めだ、今までの人生を恥じてもしかたがない」

ライラが驚いた顔でこちらを見ているが、気にする余裕なんかない。
このまま自分の過去を恥じて思い悩み、殿下を危険にさらすくらいなら、蔑まれて別の隊に配属された方がいい。
うじうじ考えずに、娼婦のように殿下を誘って、玉砕した方が私らしい。

「結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く