話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。

克全

第4話:裏切り

王太子リカルドは、胸が張り裂けそうな想いで城門前に騎馬を進めていた。
氷の手で心臓を鷲掴みされているような、鋭い痛みを常時感じていた。
激しく打ち鳴らされるドクドクという鼓動が、自分の耳をうつ。
嫌な脂汗が全身を流れているのに、身体中が冷えてしかたがなかった。
馬から落ちそうなほど、全身の景色がグルグルと回っている。
そんな王太子リカルドの左側を、無表情のベッカー宮中伯が馬を進める。
右側には王太子近衛騎士隊の隊長が同じように馬を進めている。

「我が婚約者アセリカ嬢に問う、私との婚約を解消するというのは本当か?
救国勇者ロイドに問う、アセリカ嬢と結婚するというのは本当か?
二人に問う、アセリカ嬢がロイドの子供を宿しているのは本当か?
更に二人に問う、何故私を裏切ったのだ、何時から裏切っていたのだ!?」

王太子リカルドの魂の叫びだった。
心から信じていた二人に裏切られるとは、予想もしていなかった。
その衝撃はあまりにも大きかったが、まだ心からは信じていなかった。
どうしても先触れの騎士の言葉を信じられなかった。
直接アセリカ嬢とロイドから話を聞くまでは、信じられなかった。
いや、信じたくなかったというのが本当だろう。
永劫とも思える時間が過ぎて、城門上の楼閣に二人が現れた。

「そうだ、全て本当の事だ、臆病者の王太子よ。
聖女アセリカは、一度も前線に出ない臆病者の王太子にはもったいない。
聖女アセリカに相応しいのは、救国の勇者、このロイド様だけだ。
ノコノコと恥をかきにここまで来たか、愚か者が!」

最初から青かったリカルドの顔が、更に青くなった。
きつく握りしめられた拳からは、爪が喰い込んで血が流れている。
左右のベッカー宮中伯と近衛騎士隊隊長は、怒りのあまりギリギリと音がするほど奥歯を噛み締めていたが、殿下が動かられないあいだはと、我慢を重ねていた。
だが、殿下が命じるのなら、死を賭して戦う覚悟だった。
相手が救国勇者であろうと、八つ裂きにしてやる心算だった。

「これは運命なのでございます、リカルド王太子殿下。
救国の勇者様と聖女の私が結ばれることで、この世界は救われるのです。
私達は分かち難いほど愛し合っているのです。
その証拠に、私は神が祝福された子供を授かったのです。
私はリカルド殿下の事を愛した事など一度もありません。
政略による婚約をしただけです、どうかもう私の事はお忘れください」

勇者ロイドの裏切りと罵りには何とか耐えたリカルドだったが、アセリカ嬢の裏切りと決別宣言には耐えられなかった。
過去に何か過ちがあったのだとしても、許そう、許せると思っていたリカルドだったが、今まで一度も愛していなかったと言い切られ、気力が尽きた。
リカルドは馬上で失神してしまった。

「結婚式の日に婚約者を勇者に奪われた間抜けな王太子です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く