話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

地味で器量の悪い公爵令嬢は政略結婚を拒んでいたのだが

克全

第8話:激怒・アラステア視点

「アラステア王弟殿下、真摯な申し込みありがとうございます。
これほどのプロポーズをしていただけた事、女冥利でございます。
ですが、申し訳ないのですが、私は男性が信用できないのです。
エヴァンズ公爵家の長女という立場にあってすら、婚約解消を求められました。
その時の辛い気持ちが消えないのです。
アラステア王弟殿下のような地位も名誉もある立派な方が、永遠に私を愛し続けててくださるとはとても信じられないのです。
ですから、殿下が嫌いとかではなく、私の身勝手でお断りさせていただきます。
私は領地の修道院で祈りの日々を送らせていただきます。
遠く離れた修道院からではありますが、殿下のご多幸をお祈り申し上げます」

アマーリエ嬢はそう言うと逃げ出すように会場から出て行ってしまった。
百戦錬磨の俺が、竜さえ斃してきた俺が、一歩も動けなかった。
それどころか「待ってくれ」のひと言も言えなかった。
ただ茫然とアマーリエ嬢の後姿を見送るしかできなかった。
会場中が水を打ったような静寂に包まれていたが、そんな事にも気がつかなった。

しばらくして、心の中に沸々と怒りが沸き起こってきた。
頭に血がのぼって会場中の人間を殺してしまいたくなった。
改めて、アマーリエ嬢をあそこまで追い詰めた人間をぶち殺したくなった。
ロバートだけでなくここにいる全貴族が陰口や悪口でアマーリエ嬢を追い詰めた。

だが、だからといって、全員を殺すわけにはいかない。
ただし、何の復讐もしないと俺の怒りの持って行きようがない。
それにこの連中は自分がやった最低の行動すら自覚しない。
だから魔眼に殺気を込めて睨みつけてやった。
心臓が止まらない程度に、だが失禁脱糞して一生恥をかく程度に。

しかしこの程度では俺の煮えたぎる怒りは収まらない。
元凶であるロバートを叩き潰さないと怒りのあまり王城を破壊してしまいそうだ。
だから一旦解放したロバートをまた会場に連行してきた。
丁度いい感じに回復魔法で治療されている。

もう一度顎を粉砕して舌を引き千切った。
それだけでは怒りが収まらないので急所をゆっくりと握り潰した。
指や手首、肘や膝など手足の関節を全て粉砕した。
だがそれでも怒りが収まらないので、口から手を突っ込んで胃を引きずり出した。
これ以上やると死んでしまうので、治療術師の方に放り投げた。

アレグザンドラも同じ目にあわせたかったが、グッとこらえて我慢した。
アマーリエ嬢に失望されたくないので我慢した。
その代わりロバートの側近連中を同じ目にあわせた。
ようやく少しだけ怒りが収まったので、アマーリエ嬢を引き留める方法を考えた。
アマーリエ嬢を領地の修道院に引籠らせる訳にはいかない。

「国王陛下、先ほどの王位継承権の話ですが」


「地味で器量の悪い公爵令嬢は政略結婚を拒んでいたのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く