話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

そんなに妹が好きなら死んであげます。

克全

第73話:乗馬デート

 カッツ、カッツ、カッツ、カッツ、カッツ、カッツ。
 天を翔けるのにそんな蹄の音が聞こえそうなくらい、馬達はとても愉しそうに軽やかに軽快に脚を運んでいます。
 オードリーとグレアムもとても愉しそうです。

 いつの間にか馬達には肩口から翼が生えています。
 背中に翼が生えなかったのは、オードリーを背にして空を翔けてみたいという馬達の心の表れだったのかもしれない。

 でも今の馬達は更に体が変化してきている。
 いや、魔力の使い方が上手くなったと言えるかもしれない。
 少なくともアラステアの助言を真剣に守っているのは確かだ。

 アラステアは翼があると、敵は翼を狙うから蹄に魔力を込めて、その力で空を蹴って空を翔ける方がいいと助言したのだ。
 馬達はその助言に従って上手に魔力を操り天を翔けている。
 翼に頼らないので乗り手も陸を駆けるように馬に乗る事だできた。

 オードリーグレアムは四頭の馬を替えながら天を翔ける。
 時に陸に戻り美味しい料理を食べお茶を飲む。
 笑顔を浮かべてとりとめのない話で笑う。
 ごく普通の恋人たちがデートを楽しむように。

 だが、オードリーとグレアムにはやらなければいけない事があった。
 ミネルバを蘇生するために大魔王と交わした約束があった。
 大魔王が神々と戦う特に魔力を支援するというとても危険な約束だ。
 大魔王の話では魔界の神々と人界の神々は敵対しているという事だが、それを鵜呑みにするわけにはいかない。

 魔界の神々と人界の神々が仲良しだったら、人族に天罰を与えることもあり得る。
 最悪魔界の神々と人界の神々が同じという事もある。
 そんな時には神々と戦わなければいけない。
 そんな最悪な可能性を考慮して準備をしておかなければいけない。

 自分や馬達の守護石に魔法陣で集めた魔力を補充し、その魔力で鎧を創り出す訓練をするのだ。
 馬達に乗りながら敵と戦う訓練をする。
 時には馬達と別れて連携を取りながら戦う訓練をする。

「……グレアムには敵の代わりになってもらおうか」

「ルーパス、オードリーに嫌われたいの」

 ルーパスは思いっきりグレアムに嫉妬していた。
 自分が人界の雑用に追われ翔け回っている時に、オードリーとデートを重ねるグレアムが憎らしくて仕方がなかったのだ。
 だから仮想敵にしてボコボコにしてやろうと考えたのだが、そんな事をすればオードリーに嫌われるのは目に見えていた。

 やっと家族で一緒に暮らせるようになったミネルバには許せない事だった。
 ルーパスの気持ちも分からない訳ではないが、心を鬼にして叱りつけた。
 オードリーに嫌われるというひと言は絶大な効果があった。
 嫉妬心を隠しながらルーパスは家族団欒と訓練の時間を重ねることになった。
 人界で一年の時が流れた時、大魔王から呼び出しがあった。

「そんなに妹が好きなら死んであげます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く