話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

そんなに妹が好きなら死んであげます。

克全

第65話:第三世界への悩み

 ルーパスは再び人界を飛び回っていた。
 各地に築いた魔法陣から魔力を集めていた。
 大魔王から教えられた新たな魔法陣を描いてもいた。
 大魔王に命じられた、人界でも魔界でもない新たな世界に通じる門。
 異世界門を開くための大魔法陣を描くのだ。
 ミネルバの安全を確保するためには、嫌でも描かなければいけないのだ。

 だがルーパスには払拭できない不安があった。
 大魔王は第三の世界には人族も魔族もいないと言っていた。
 それどころか知恵のある生物がいないとまで言っていた。
 だがそれが真実だとは限らない。
 既に何度も大魔王に騙されているルーパスが疑うのは当然だった。
 もし知恵ある第三種族が住んでいたとしたら、ルーパスは大魔王の侵略に手を貸すことになってしまうのだ。

 他にもルーパスには不安な事があった。
 それは自分が大失敗した魔界との時間の流れの違いだった。
 人界と魔界の時間流の違いがオードリーを不幸にさせてしまった。
 第三世界が魔界よりも時間の流れが遅かった場合、今度は第三世界で数分過ごして戻ってきたら、オードリーもミネルバが死んでいたという事もあり得るのだ。

 更に加えるのなら、人界から魔界に移動する時に大きな時間がかかる。
 しかもそれは決まった時間ではないようだ。
 人界と魔界は近づいたり遠ざかったりしているようで、まだ法則が分かっていないが、月や年の周期で移動に必要な時間が変わるようだった。
 そういう不安を考えれば、そう簡単に第三世界との門を開くわけにはいかない。
 門を開いた事で時間軸に悪影響を与え過ぎて、両世界が崩壊する危険もあるのだ。

「何を悩んでいるのですか、ルーパス」

 思い悩むルーパスを見かねたミネルバが声をかけた。
 ルーパスから大魔王との約束を守ると断言されてはいたが、内心ではルーパスが苦しんでいる事をミネルバは気がついていたのだ。
 元々思いやりがあり優しい性格のミネルバだ。
 ミネルバ自身が無理をし始めた事でルーパスが無理をしている事も分かったのだ。

 ルーパスも我慢の限界だったのだろう。
 全てを腹に納めきれずにミネルバに悩み苦しみを吐き出した。
 話を聞いたミネルバにもその危険性はよく理解できた。
 大魔王との約束なんて守らなくてもいいと言ってあげたかった。
 言ってあげたかったが、オードリーの顔が浮かんできて言えなくなってしまった。
 もう二度とオードリーを残して死ぬ事だけはできなかった。
 僅かでもその可能性がある危険は冒せなかった。
 二人の間に長い沈黙の時間があった。

「何を悩んでおられるのですか」

「そんなに妹が好きなら死んであげます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く