話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

そんなに妹が好きなら死んであげます。

克全

第59話:ルーパス心痛

「大丈夫か、何も起こっていないか」

 今回のルーパスは前回ほど慌ててはいなかった。
 どれくらい時間が経っているか予想ができていたからだ。
 だがそれでも五千万もの人間を移動させるのには結構時間がかかった。
 一旦魔界に移動させれば後は大魔王が配下を使って移動させてくれた。
 だが人界から魔界に移動させるのはルーパスの役目だった。
 それに結構時間がかかり、今回は半年も時が経っていた。
 慌ててはいないが忸怩たる想いはあったのだ。

「ルーパス様、ご無事のご帰還おめでとうございます。
 領民一同お帰りをお待ちしておりました」

 前回同様型通りの挨拶だったが、徐々に真心が籠っているような気がしていた。
 半年の間に民の生活がよくなったのだろうと思われる。
 あまり好きではないグレアムだが、領主としては公正で有能なのだろう。
 認めたくはないが認めるしかないとルーパスはグレアムを評価していた。
 まあ、実際には暴政圧政を行う王侯貴族がオードリーの守護石にモンスターにされ、善良な民を襲う悪人と一緒に全員ルーパスに連れ去られて生贄になったからだ。

「「「「ヒッイイイイン」」」」

 四頭の軍馬がルーパスに挨拶をする。
 半年前に見た時よりも筋肉量が増えている上に若々しい。
 動きが軽やかで素早く四本の脚をその場で舞うように動かして喜びを表している。
 主人であるはずのグレアムなど眼中になくルーパスに愛情を持っているようだ。
 もうこれでは誰の軍馬なのか分からない状態だ。
 グレアムもそれが分かっいるのか苦笑していた。

「心からの挨拶感謝する。
 本来なら丁寧な挨拶をすべきなのだが、オードリーの事が気がかりなのだ。
 私はオードリーに会いに行ってくるからもう解散して好きにしてくれ」

「「「「「はい、ルーパス様」」」」」

 ルーパスは急いでオードリーの部屋に向かった。
 オードリーの守護石が護ってくれているから何の心配もないもは分かっている。
 分かってはいても心配な気持ちが湧きだす事はどうしようもなかった。
 二度も大失敗をしでかした父親が不安になるのは仕方のない事だった。

「お帰りなさいませ、ルーパス様」

 前回同様オードリーの寝室を護る場所にフリデリカがいた。
 前回も血色と肉付きがよくなっていたが、今回はさらによくなっている
 身長も確実に伸びているだけではなく、わずかに色気まで出ているようだ。
 とはいえ妖艶などとは程遠い、若々しい少女の色気なのだが、オードリーのそんな成長を見守ることができなかった事にルーパスの胸が激しく痛む。

「オードリーに会いたい、案内してくれ」

「そんなに妹が好きなら死んであげます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く