話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

そんなに妹が好きなら死んであげます。

克全

第52話:ルーパスと大魔王2

「何故こんな茶番をやっている、大魔王。
 俺を弄って愉しんでいいるのか。
 自分で守護石が創り出せるのなら、俺など必要あるまい。
 いや、俺どころかオードリーの魔力も不要だろ。
 いったい何がしたいんだ、大魔王」

「察しが悪いな、ルーパス。
 ミネルバを死なせてしまい、オードリーをも苦しめてしまった事で、心を病んで察しが悪くなったのか。
 よく考えてみろルーパス。
 何故我がルーパスを使おうとしているのかを。
 何故オードリーの魔力を手に入れようとしているのかを」

「そんな事くらい分かっている。
 俺とオードリーの魔力を利用しようと思っているからだろ。
 だがその魔力なら……」

「察したようだな、ルーパス」

「いくら無尽蔵に魔力が貯められても、魔力発生装置は多い方がいい。
 大魔王が敵対しているのは神々だ。
 有利な防衛戦とはいえ、神々に波状攻撃されては不利だ。
 まして今は魔王の一人と多くの魔族を失っている。
 俺とオードリーにその代わりをさせようという事だな」

「もっとよく考えろ、それだけではないぞ」

「他にも理由があるというのか。
 いったいなんだ、単純に俺とオードリーを魔力の発生装置として考えるのなら、他に大きな理由など……
 いや、魔族と人族の違いか、それとも魔界と人界の違いか。
 魔界と人界のの違いといえば、時の流れの違いか!
 いや、担当している神々の違いなのか?」

「いいぞ、いいぞ、いいぞ。
 その違いを理解して、我がルーパスとオードリーに望んでいる事を察したら、我に魔力を渡す事の不安もなくなるだろう」
 
「魔界と人界を担当している神々は別なのだな?」

「そうだ、そして今回は偶然だが神々の仲が悪いのだよ」

「俺とオードリーを安全な後方の魔力装置にする心算なんだな。
 もし魔界を担当している神々に俺とオードリーの存在がバレたとしても、魔界担当の神々は、人界担当の神々との戦いを覚悟しなければ、俺とオードリーには手出しできないというのだな」

「くつくっくっくっ、ようやく分かったか。
 そういう事だ。
 だから安心してオードリーの魔力を我に渡すんだ」

「信じられないな。
 全ては大魔王が口にしているだけで、俺が確かめた訳じゃない。
 ちゃんと俺自身で確認するまでは鵜呑みにできない」

「くつくっくっくっ、分かっている。
 ルーパスも猜疑心が強くなっているからな。
 ルーパス自身で調べるがいい。
 だがそれは人界に戻ってからにしろよ。
 また魔界に長居すると今度はオードリーが中年になってしまうぞ」

「あ!
 まさか、今も人界では早く時が流れているのか?!」

「そんなに妹が好きなら死んであげます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く