話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

喪女なのに悪役令嬢に転生しました、何もやる気になれません。

克全

第8話:針の筵・アイリス視点

 私は何とか生き延びることができました。
 ですが、私の代わりにヴィゼル公爵家の呪術長が死にました。
 私が呪殺を受けて死にかけている事に父が激怒したのです。
 絶対に護れと厳命していた私が呪殺されかけているのです。
 一度ならず二度までも主君の娘が殺されかけているのです。
 無能か職務怠慢で主君が家臣に激怒するのは当然の事です。

 父は呪術長に最後通告をしました。
 私が殺された後で無能と怠慢と不忠の罪で一族一門皆殺しにされるか、責任を取って身代わりになって死ぬか。
 忠孝が設定のお話ならば呪術長は喜んで死んだことでしょう。
 もし父か母、兄が同じ状態だったら父に言われる前に身代わりになっていたかもしれませんが、今回の相手は嫌われ者の私です。

 呪術長は私の身代わりになって死ぬのは嫌だったでしょうね。
 私は助かり生き永らえることができていますが、屋敷の中は針の筵です。
 屋敷の者は父母や兄、乳母や乳姉妹の前では眼の色すら変えずに仕えています。
 私が呪殺されかけた時の父の激怒を見ていますからね。
 私を毛嫌いしているのをわずかでも父に知られたら、呪殺犯の仲間と疑われてどのような拷問を加えらえるか分かったモノではありません。

 父は譜代の家臣ですら拷問しかねないほど疑い深くなっています。
 まあ、当然と言えば当然ですよね。
 強大な力を持つヴィゼル公爵家の娘が二度も呪殺されかけたのです。
 呪殺に必要な私の身体の一部を敵に渡す内通者がいなければ、普通は不可能です。

「マイラ、呪術返しについて書かれた魔導書を見せて」

「はい、アイリスお嬢様」

 私は二度目に殺されかけてからは本気で魔術と呪術を学んでいます。
 一度目に殺されかけたのは本当のアイリスが殺されてから転生憑依したので、痛みも死の恐怖も全く感じませんでした。
 でも二度目の激痛と死の恐怖は激烈で、私を変えてしまいました。
 あんな痛みと恐怖をもう一度感じるのは絶対に嫌です。
 あの痛みと恐怖をもう一度体験するくらいなら人と話す方がマシです。

「今日も魔術の先生が来てくれるのね。
 魔術の先生の後で呪術の先生も来てくれるのね」

「大丈夫でございますよ、アイリスお嬢様。
 公爵家閣下が直接王立魔法学園の先生に指導を依頼されたのです。
 最高の魔導師様と呪導師様が教えに来てくださいます。
 それに公爵閣下は大陸連合魔術学院にも、特別講師を派遣してくれるように依頼されています。
 領地に戻られても魔術と呪術の勉強はできます、安心されてください」

 マイラが聞いてもいない事まで口にしてくれます。
 私を安心させようと何度も同じ事を繰り返し教えてくれます。
 暴走してしまった父も、私の事を本当に愛してくれているのは間違いないのです。
 この屋敷が針の筵になっている事も理解しているのでしょう。

 敵の攻撃を防ぐために王都を離れて領地に引籠った方がいいというのも、渋々認めてくれましたから、あと少しの辛抱で安全な領地に逃げることができます。
 問題があるとしたら、大陸連合魔術学院の講師が来てくれるまでに三度目の呪殺が実行されるかどうかなのですが、どうなることでしょうか。
 死にたくないから独力でできる限りの事をやってはいるのですが……

「喪女なのに悪役令嬢に転生しました、何もやる気になれません。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く