話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

マリッジブルーは止まらない!!

AMO.

マリッジブルーは止まらない!! S02-07

事務所で別れの空気を吸い、
話は最終的に次回までに決める(作る)事項の作成

1.招待客
2.案内状
3.披露宴での席
4.披露宴の席札
5.式・披露宴でのスピーチ担当者
6.ドレス・タキシード
7.その他忘れてる事一杯・・・

とりあえず、すぐ決めれるのは?



ウエディングドレス選びは彼氏も行くものだろうか??
当日に「おおっ」って言うサプライズだと、なんか映画やドラマで見た事が僕の想像。

その疑問を胸に…ってか、口にもブツブツ言いながら
先日プランナーから頂いた、
海遊館と提携を結んでいる
Bridal Costume専門店へ、行く事に…


二人のスケジュールが合う日を選び、
専門店はどこも、前日予約を入れなくては行けないらしく、
一番大きいであろうお店は、たまたま定休日。。。


「ひとまず」の意味を込め、2店舗(各店舗2時間)予約。
昼過ぎに待ち合わせをし、ひとまずランチ。
「何で俺も行くんだろう・・」って気持ちで、胸いっぱいお腹一杯で、
まず一店舗目の指定の駅へ。。。


駅の改札を出て、プランナーが渡してきた封筒の中にある
それぞれの専門店が出している
何枚かの、フライヤー(ドレスの簡易カタログ等)から、
目的の店舗の地図を確認。

地図のチャッちさに驚く。
□←駅.............コチラ→○

…わかるかよ!と。

それでも気合で探す二人。
フライヤーのチャッちさは、店にも反映するのでは..と

いきなり心配。
ようやくたどり着いたビルの入り口をくぐると

右手に見えますのは
奥の畳でオッサンが寝てる事が目視できる、管理人室。
・・・これ、意味あるんか?


ギョギョギョって異音で閉まるエレベーター
意味深に黙り込む二人・・

再びギョギョギョ......



。。。。。。。。。
お!意外と綺麗なフロア。

何て言うか、純白ベースの壁が出す、独特の高級感と、
白色が光を放つ様の、その具合が、神聖さが、
緊張させる雰囲気。


無人正面受付発見。
弱弱しく「……すみませぇぇん。。。」
「...ぁ..はぁぁぃ」


突然、僕の彼女が笑いを堪えてる顔が視界に飛び込む。

ふと視界を受付に戻すと
出てきた、清楚な感じが漂う、女のひ....
光浦靖子やんっ!


もちろんソックリさん。
いや、でもこの雰囲気で求めてませんからっ!

初ドレス選びの場に笑い求めてないよっ!
こんな事、言えるはず無いから、笑い堪えながら受付へ。


「……予約されてた、みやけ様ですね?」
光浦靖子声高いよー!
高くて小さくて聞きづらいよー
鈴虫みたいな声なってるでー靖子ぉ

俺も笑い堪えるの限界。


このキャラで、二人の緊張良くも悪くも台無し
そのまま奥へと案内され、
必要詳細(住所指名身長3サイズ等)
書き込む台紙を頂き、二人で記入。

振り返ると靖子は見えない。


小さい声で
「完全に光浦靖子やん」と囁いて、
二人で苦笑。

しかしながら、専門店だけあって、少し目を配れば
周りには色取り取りのドレスが並び、二人で

「はぁ~~~・・・」と見とれてると
突然後ろから「あの~ご記入...」

光浦靖子声高くて小さくて、気配感じないよー

例の声で「この度はご結婚おめでとうございます..」


…靖子、顔が無表情だ。
笑みは無いのか?笑みは。

「あ、はぁ、どうも」
 「どういったドレスをお求めでしょうか?」
「あの、お店来たの初めてなんで全然わからないんですよ。」

彼女が、少し笑みを出しながら答えると


また例の声で
「あ、はぁ・・・」

辛気臭っΣ( ̄[] ̄;)
声が高くて、
気配無くって、
無表情で
更に辛気臭い光浦靖子

盛り上げて!靖子!



およそのビギナーはそうだと思いますが
初めてのドレスに袖を通したら…盛り上がっちまいます。

式の日にやる予定のリアクションは靖子と一緒に。


「おおーー!」「あぁそんなんもありやなぁ」
「重たいぃぃ」「動きにくいぃぃぃぃ」

二人でキャッキャ♫と初ドレスを楽しんでいました。

彼女より、視界を向こうにやると
辛気臭っΣ( ̄[] ̄;)


その靖子は………恐らく、彼女に渡したいのであろう。
盛り上がってる僕等を見て、そのタイミングを計ってるんだろ?


こちらを無表情で見ている、その手に持つ
サンプルのブーケ。

その全身図が恐いよ靖子。。


その店では色ドレスも着て、次の店舗へ。
結果的に、今お話しすると、この店舗はもう行く事はない。

僕等がここで得た経験、初ドレス経験と思い出に
オプションとして
その店には、声が高くて、
気配無くって、
無表情で
辛気臭くて
ちょっぴり恐い
ニセ光浦靖子あり。

いつか、誰かが行く事になったら
「こいつやーーーー!」ってなって下さい。

今日からオリジナル、光浦靖子好きになれそう。

「マリッジブルーは止まらない!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く