話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

マリッジブルーは止まらない!!

AMO.

マリッジブルーは止まらない!! S02-02

説明を入れるのを忘れたが、今回の「当たっちゃった結婚」


言い換えるなら、「"ぶつけられちゃった"結婚」に当選者4組。

つまり僕等以外にも、結婚前のカップルが存在して、
結婚式の日取は式場の提示する4日間。


提示された日取は2006年の2月中ごろ。末日。
     3月の頭で、最後に中ごろは日取が悪いので末。

もちろん、僕等もそうだが、希望日を聞くにも、他の3組が
決まってない状態なので宙ぶらりん。

日が少ないので、できる事は今やる方が賢明。。。

この結婚がいよいよ決まりそうな時期って言うのは、
ベタなアニメのように、僕の後頭部の周りを

小さい天使と悪魔がピヨピヨ飛ぶ。

天使:「世話になった先輩にまず報告すべきだよ」
悪魔:「いや、なんだかんだグダグダ段取り悪くなって
               無くなるかも知れないぜ?」
天使:「でも、他から聞く前に
       自分の口から早く言っておくべき事だよ。」
悪魔:「今言っちまったらやるっきゃねぇなぁ」



解るかっ???
この気持ちが!!

半分前向きで、半分後ろ向きの現在、カニ歩き状態の俺。

頭で「もう結婚決定」ってわかってますが、
心が「まだまだ青春延滞」って叫んでるっす。


頭でわかってるだけ、行動も利己的に。




ひとまず、会社の上司・先輩達にご報告。
「海遊館の大水槽の前で結婚式挙げることになりました…」

      ………………解ってましたが、大爆笑される。

会社の上司・先輩達はかなり気さく。
この会社に入ってよかった。笑ってもらったらまだ救われる。



この日から、人に結婚式の報告、言われる事は大体、同じ。

●水槽の中で挙げんのっ!?
            挙げるかっ!どんな絵や!

●俺達ダイバースーツいるん?
            「うん」言うたら着てきてくれる?

●ジンベイザメは?
       何の話ですか?タキシード着させるんですか?

●指輪ってやっぱ真珠?
     あぁ・・海遊館にちなんでね?w 笑えへんわっ!



で、今日の痛恨の質問

「やっぱり料理は海鮮料理?」……
めちゃくちゃ後ろめたい式になるやないか!
会場全体ドヨォォ~~~~ンってなるわっ!


しかし、改めて話題性バツグン。

翌日から、近所の若奥様支持率No,1の僕は噂の的に。。
知人の報告は更に翌日に回す。。


続く

「マリッジブルーは止まらない!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く