話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

マリッジブルーは止まらない!!

AMO.

マリッジブルーは続く S1-09

2日後…(結局w)

職場から、珍しくどこにも行かないず、
シラフがベスト!と酒も飲まずに買わずに両親の帰りを待つ。。


母親帰宅。

タイミングは夕飯時。
「ご飯できたよ~」
の、合図で食卓に着く…ってビール注いでるやん(笑)


仕方無しに乾杯(半泣)
「オカン実はさぁ…」
        これを切り出すのに48時間待ったからっ!

「実はカクカクシカジカで…」と
       これまでの系譜を説明。

 「え~!!それ凄いなぁ。でも大丈夫なん?」
「??何が?」

 「いや、経済的にもそうやし、あちらさんも…」
「あぁ…金はギリギリと言えばギリギリ。アウトかな。
  あちらさんの両親は全然OKって感じでさぁ…」って

           ん??

待ってっ!その話の流れ!ちょっと待って!

 「いいやん!よかったやん!シッカリ頑張れ!」

お~~~~~~~~~~~~~~~~~~ぃっ!
    まだ早い!!とか言う所違うんかぃ!


何かニコニコしてる~~~!!
そうか、そっちのリアクションは考えてなかった。


その後、長々と海遊館の式場についての説明を……
…してる間に親父帰宅!最後の砦!一家の大黒柱!

オカンが俺の見てる前で報告し、
   「お~??」と言いながら、トイレへ消えゆく親父。

そのまま風呂に入る気配。 



この間、何を考えてるんや?と、怒られるのでは…
                半分覚悟を決めてた僕。


パジャマ姿の親父の第一声「どこで?」
俺の前にオカンが答える、「海遊館やって!」

「お~?」と、言いながら胃薬を飲み
奥の部屋に入っていく親父。




あれ?・・様子を見にドアを開けて中を覗く。

      

             寝てる~っ?( ̄□ ̄+)!!

いや、親父「お~?」と「どこで~?」しか
                言葉発してなかったやん!
寝室直行??マジで?興味なし?

いや、興味はイランから、なんか、やれとか、やめろとか、
せめて「いつ?」とか無いのかっ!


翌朝、親父が俺に話した言葉は
      「今日PUNK(犬の名前)の散歩頼むわ」のみ。

   結婚式当日、忘れてたとか無しやで、親父。。


続く

「マリッジブルーは止まらない!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く