話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

マリッジブルーは止まらない!!

AMO.

マリッジブルーは続く S1-05

お詫び。
2次会がお金かかる表現でしたが間違えて書いてます。
お金がかかるのは、披露宴です。
2次会はモチロンかかります
以降の文章は編集させていただきました。では、どうぞ
↓↓↓↓↓


舞台は再び事務所へ。
ちょっと豪華なフカフカの椅子に座らされ
居心地が良いはずなのに、非常に悪い。


もちろん結婚は始めての僕等なので、
大まかに式の段取りを説明されて

…ってチョット!


なんで説明受けてるねん!段取りってなんやねん!
脱力感一杯で挙動不審気味やったからか話の途中で我に返る。

気がついた時既に遅し。

帰るな…  と言わんばかりのナミナミに注がれたコーヒー。

一気飲みしたろうか。


30分ばかり段取りを聞かされ、眠たくなってきた。
でも、プランナーの中では話はクライマックス。

取り出しました!料金表!!


今回、彼女が抽選から当選した権利GETしたのは、
あくまでも式にかかる料金が無料。

披露宴は別途。。。

しかもよくよく話を聞くと


「式場はタダにしたるから、海遊館の敷地内で披露宴
やらないとか言うた日には          殺すぞ」



いや、殺すは言われてません。そう聞こえただけで、
ただ、そう言うシステムらしいんです。


世の中そんなに甘くない。

未婚者の方に後学までに助言すると、そんなん一杯あるから。
しかも同じ様な内容で。

それに気付いた時の俺の心境は想像してください。


で、その料金表に話を戻して…あれは鬼。鬼やで。

事務所のあの空間は、物凄い物価の高い。
脱北したくなった。マンセイ!言うてる場合ちゃう。
バンザイして飯食えたら苦労しません。


なにが結婚バンザイだ。ばかやろう。
料金表の内容は次回で。

続く。

「マリッジブルーは止まらない!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く