【カクコン2020】レビューまとめ

詩一

076作目 皇太后になった覚えはございません! ~求婚印は溺愛の証~/あさぎ かな

皇太后になった覚えはございません! ~龍神族の求婚印は溺愛の証~
作者 あさぎ かな

最強イケメン前帝に蕩けるほど愛される
★★★ Excellent!!! 詩一

完璧なストーリー構成でした。
物語の立ち上がりはかなーり甘々な恋愛パートから始まります。
そして「どうしてこうなったか」と言う流れがそのあとに続きます。
そこに到るまでの物語はとてもシリアスで緊張感があります。
カッコイイ武器と魔法が出て来て、世界観をカッコよく表現してくれます。
ただ緊張させるだけなく、バトルファンタジー好きをワクワクさせるガジェットが多く仕込まれているので、緊張しすぎて疲れることはありません。緊張を楽しめます。
そしてその緊張が終われば、甘々恋愛パートに。
主人公の結月(ユヅキ)は常に自分の在り方や過去のトラウマに悩んでいますが、その悩みがストーリーを停滞させたり、読者の負担になったりすることはありません。
ダリウスさんが甘々だから。バトルがカッコイイから。
恋愛パートでもバトルパートでもないときは、ストーリーが着実に進んでいます。事件が起きています。だから飽きない。テンポよく進む。
彼女がトラウマを抱えているからダリウスさんとの恋愛がずっとじれったい状態になってしまいますが、だからこそそれを乗り越えたときのカタルシスが生まれます。

また、キャラもとても魅力的です。
この作品を通して、私は結月さんのこともダリウスさんのことも大好きになりました。
どうしてここまで好きになれたのかを自分なりに分析しました。
結月さんはうじうじ悩んでしまうと言う欠点があります。しかしそれは誠実さの表れでもあるのです。そしてその誠実さは間違いなく美点。
ダリウスさんはとても嫉妬深いと言う欠点があります。しかしそれは純粋さの表れ。つまりこれも美点になるわけですね。
こうやって欠点と美点を上手いこと表裏一体にしてそれぞれをしっかり表現することで、欠点を欠点のままにしないと言う工夫があります。
これによってキャラに対する悪感情が湧き辛く、感情移入がしやすくなるのです。
これはひとえに、作者様のキャラ愛がなせるわざでしょう。
それだけキャラのことを知っているということでもあります。
だからキャラの行動に説得力が出る。
だから回転が速い物語でも振り落とされないで付いて行ける。

ここまできっちり創ってエンタメを貫いたら、小説は面白くなる。
そのお手本のような作品だと思いました。

また、本作品は女性主人公が最強イケメン前帝に甘やかされるという女性の願望を果てしなく叶えたものになります。
想定読者は女性でしょう。しかし、男の私でも最初から最後まで楽しんで読むことが出来ました。
小説はきっちり創り込んだら、想定読者を超越すると言うこともこの作品により証明されました。
ですので、女性はもちろんのこと、男性にもお勧めいたします。

【作品URL】<a href="https://kakuyomu.jp/works/1177354055127769578">https://kakuyomu.jp/works/1177354055127769578</a>


『読んでいる途中に書いた感想』
【序盤の見所】(読んだところまでの見所)
・怒涛の展開(以下の内容が5話の内に展開される)
→開幕イチャイチャシーン
→直後緊迫したシーン
→バトル(専門用語で世界観出し)
→ピンチ
→ガールミーツボーイ
・イチャイチャシーンでは主人公=結月がしっかりかわいい。
・バトルシーンではしっかりカッコイイ。
・メリハリがある。

以上は『第5話 ダリウス視点 後編』まで読んだ感想です。
続きが気になるので完走すると思います。

【作品URL】<a href="https://kakuyomu.jp/works/1177354055127769578">https://kakuyomu.jp/works/1177354055127769578</a>

コメント

コメントを書く

「エッセイ」の人気作品

書籍化作品