話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ブサメンに三次元美少女たちが話しかけてくるなんてあり得ないでござる!

みくりや

幼馴染襲来?





「ブヒィ!」




 ボクは今日もイケメンサッカー部エースの陣内くんにサッカーボールキックを食らっている。でも今日は一味違うようだ。




「やめなさい!また陣内くんと光圀くんね」
「い、委員長~だってこいつがよぅ」




 ジロっとボクをにらみつける。また罵られてしまうでござる。いつもの事なので、特段気にしていないけれど、そろそろ毎日同じような茶番に飽きてきている。




「陣内くん!光圀くんが可哀そうでしょ!?」
「なっ!?委員長そいつの味方するのかよ!」
「味方も何も!あなたが一方的に蹴っていただけでしょう?理由もなしに」
「理由ならあるぜ!……なぜならキモいから!」
「そうそう!コイツいるだけでブヒブヒいって気持ち悪いのよ!」




「うそ……わたし、これと同じことしてたの?」




 あれ?委員長がショックを受けている。いつもと全く同じ光景なのに。
でもサッカーボールキックが止んだので、ボクは自分の席に座って大人しくしておくことにした。




「あやや!光圀氏!大丈夫ですかな?」
「デュフフ。ボ、ボクの右手が轟き叫んだようでござる。グッ!はやくいけ!この右手が暴走しそうでござる……!!」
「おお!かっこいい!!!それですぞ!今季はぜったいそれが来るのですぞ!!」
「まーた二人して訳の分からないこと言って~……」
「やや!また如月氏!……我らが天敵!!」




 噛み合わな過ぎて、ついには天敵になっちゃったでござる。美月ちゃん……ざまぁ。




「なにそれ!?ちょっとデブ!!なんとかいってやりなさい!」




バチン!!




「ブヒィイイ!!」




 相変わらず容姿がない美月ちゃん。幼馴染なんて幻想なのだ。しかしその幻想は現実のものとして人を狂わせるてしまう。








 次の休み時間。
 周囲に不穏な空気が流れた。
 ボクは数人の男子学生に、空き教室へ呼び出されてしまった。




「おまえブサメンの癖に、如月美月ちゃんの幼馴染なんだってなぁ!」
「気軽に話しやがってよぉ!!生意気なんだよ!」
「……そ、そうでござるか」
「その話し方が、まったきもいんだよぉ!!」




ドガッ!




「ブヒィ!!!」




 思いっきり蹴られてしまった。いつもの陣内くんのサッカーボールキックの比じゃないくらい痛い。きっとボクの脂肪を貫通して痣ができてしまうぐらい。




「や、やめるんでござる!」
「うっせ!やっちまえ!!!!」




ドカッ!ボクッ!ガツッ!ドゥム!!!




「ブヒィィイ!ブヒィイイイイ!」




 痛い、痛い!これは一大事でござるぞ!しかしこの程度であれば、ボクの脂肪があるから大丈夫!太っていてよかった~。いやスーパーぽっちゃりさんでよかったぁ。
 それでもいつまでも終わらないと困るし、痛い。だからボクはわざと情けなく聞こえるように悲鳴をあげる。




「……ご、ごめんよぅ。ブヒヒィイイ」
「クックック。おっもしれぇ!」
「コイツ思ったより頑丈だから、サンドバックにいいぞ!」




 どうやらボクシング経験者がいるようだ。妙にかっこいいポーズをとると思っていたら、あれがボクシングスタイルのようだ。どおりでボクの脂肪を貫通するとおもった。




「それにこいつ、あのmikuちゃんとも話していたんだぜ!」
「まじかよ!?オレ気に入ってるのに!!ぶっ殺してやる!!!」




 どうやらボクシングくんがmikuちゃんのファンか本気なのか、怒り心頭だ。ボクサーなのになぜか金属バットを引っ張り出してきた。いよいよボクの脂肪(神装バリア)では防げないものが出てきてしまった。




ドガッ!ガツン!!




「あぐぅううう!!!」
「ひひひ!本当に苦しがってブタのように鳴かなくなったぞ!」
「今まではまだ余裕あったようだなぁ!」




 その後も金属バットだけじゃなく鉄パイプ椅子など、いろいろな道具をつかってボクを痛めつけてきた。拳で殴られているときはまだ余裕があったけれど、さすがにもう限界だった。
 頭を何発か殴られて、切れてしまった。




ガツン!!ビシャ!!




「お、おい……やべぇぞ……やりすぎた」
「う、うわぁ!血が、血がぁ!!」
「こいつ痙攣してるぞ……やべぇ……」




 ボクを襲った男たちは怖くなったのか、金属バットを捨ててにげていった。






「ぶひ……ぶひ……」




 きっと今ボクはミルちゃんを守った戦士!彼女のために死ねるなら悪くはない人生だったようだ。デュフフウ!
 そのまま意識をうしなった。






 気が付くとベッドの上だった。ボクの巨体を誰が運んでくれたのか気になった。
 横を向くと、幼馴染の美月ちゃんがベッドにもたれかかって寝ていた。そのままじゃ風邪をひいてしまうと思い、ベッドのタオルケットをかけてあげた。それにしても、点滴やら輸血パックやら、いっぱい繋がれている。あと何となく体が軽い。どうやらボクは病院の一室にいるようだ。




 はっ!そうだミルちゃん!イベントが終わってしまうのでござる!




 周囲を見渡すと、スマホがないことに気が付いた。起き上がってスマホを探していると、右手のテレビ台に置いてあった。
 画面にひびがはいっている。沢山殴られたときに壊れてしまったようだ。焦ったボクはいそいそと電源が入るか確認した。




 うんともすんともいわない。充電切れか?でも充電プラグがないからしばらくおあずけだった。そうしていると、美月ちゃんが何やら寝言をいっているようだ。




「……ごめんね……たくみ……ぐす」




 ボクは大丈夫でござる。安心させたくて頭を撫でてあげると、にへっとした顔ですやすや深い睡眠にはいったようだ。
 はっきりいってボクはあの後どうなったか全くわからない。美月ちゃんを起こして聞きたいところだけれど、さわったら大変なことになりそうだ。
 しかもこれを看護師さんにみられたら、強姦している事案にみられて警察を呼ばれてしまう!
ボクは慌てて、病室から出ることにした。




 病室を出ると、ナースステーションがすぐそばにあった。




「なっ!!??光圀さん?集中治療室から出たばっかりなのに、なんで歩けるの!?」
「ブヒィ!!そ、それは……なんで?」
「いや私がききたいんだけど!」
「い、いえ大丈夫なんで、じょ、状況を教えてほしいでござる」
「……ござる?まぁいいわ」




 優しそうな若い看護師さんは、そのフロアのロビーへと連れて行ってくれた。そこは人がいなくて話しやすそうだ。




「あなたは救急車できたの。運び込まれてから、一週間たってる。けっこう危ない状態だったのよ」
「へ~そうでござるか」
「でも強靭な肉体をもっているのね。その調子ならすぐに退――




「あーーーーーーーー!起きてるし!!」




 看護師さんと話していると、割り込むように大きい声がきこえた。ここは病院です。お静かに。振り向くと、mikuちゃんだった。


 わざわざお見舞いに?いやいやないでしょう。何かのついで……。




「キモ……光圀くん!……ふん!なおってるじゃない!」




バチン!




「ブヒイィイ!」




 何かツンデレ風のセリフを吐いているmikuちゃん。ボクの背中をたたく。さすがに病院で集中治療室を出たばかりのボクにその仕打ちはないんじゃないかと思う。




「あ、相川氏……き、奇遇でござるな」
「あんたのお見舞いに来たんだから、奇遇でもなんでもないわよ!」


「こほん!ほどほどにね?」




 そういって看護師さんは立ち去って行った。でもそれは不味い気がする。だって人が少ないとはいえ、現役アイドルとキモブタが二人っきりでいたら襲っている絵面にしかみえない。
 そう思っていると、委員長もやってきた。




「おい!起きてるなんて聞いてないぞ!」
「あたしも今着たところ」
「そうか……キモ……いや光圀くん。大変だったようだね」




 なんでみんなキモイって一度言い直すんだ。もうブサメンとかキモメンとかでいいと思う。ボクの名前なんて、学校でまともに呼んでくれるのは山根氏ぐらいなものだ。
 いまさら呼ばれても実感がない。


 しかし……学校にもどっても、こんなに学校の三大美少女にずっと絡まれるの?






 ボクはミルちゃんがいいって言ってるでしょうが!!!!























「ブサメンに三次元美少女たちが話しかけてくるなんてあり得ないでござる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く