話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ブサメンに三次元美少女たちが話しかけてくるなんてあり得ないでござる!

みくりや

アイドル襲来





 デュフフ。今日は蹴られていないぞ。


 ボクが登校しても、ひそひそ話をするだけで誰も近寄ってこない……。それは当たり前だけれど、サッカー部のイケメン陣内くんだけは蹴りにやってくるはずなのに。




「おいブタオ!キモイんだよ!……じゃなかった。昨日なんかしたの!?」
「ブヒィ!美月ちゃ――




バチン!




「ブヒィ!!」
「下の名前で呼ぶんじゃないわよ!このブタ!!」




 かわりに幼馴染のビンタを食らったでござる。ラブコメとかだと、幼馴染って最高のワードだけど、ボクの辞書では最凶のワードでござる。




「あやや!光圀氏?大丈夫ですかな?」
「デュフフ!山根氏!聞いて下され!幼馴染なのに昔みたいに名前で呼ぼうとすると、ビンタされるんでござる!」
「あっ!山根っち!おは……おはよ!」
「……おは、おはようですぞ!如月氏」




 この差である。ちなみに美月ちゃんはこの山根氏にホの字でござる。みててほほえましい気もするけれど、きっとうまくいかない。だって山根氏はアイドルというステータス以外に興味がない。
 可能性があるとしたら、美月ちゃんが彼を強引に襲うしかない。そうなれば童貞である山根氏は屈するしかない。彼もボクと同じで非力だ。


 そんな二人を見ていたボクの前に委員長が立っていた。




「ちょっとキモブ――いえキモ国?……うーんブタ国?……いいやちょっといいかしらブタ?」
「も、もしかして、ボ、ボクのことかな?舞島氏……」
「キモイ……いやしかし……やっぱりキモい……」




 名前を覚えてないうえにブタ呼ばわり。そのうえ罵声を浴びせ続けるなかなかのドSっぷりの委員長。




「昨日、校舎裏でハイオークに遭遇したっていう生徒がいたんだけれど、何か知らないかしら?」




 ハイオーク?なぜそれでボクに真っ先に声をかけるのか不思議だ。




「し、しらないなぁ?なにか知ってる山根氏」
「しりませぬぞ!光圀氏!しかしハイオークとは燃える展開!」
「デュフフ……。これはボクの暗黒剣が炸裂しちゃうんでござる」




 左手で右目をパーにして隠して、ポージングする。




「おおお!かっこいい!!かっこいいですぞ!!」
「ちょっと山根っち……どこがかっこいいのよ」
「あやや!このカッコよさが、わからないとは如月氏は、根本的に合わないのですぞ!」
「ガーーーーン!!」




 つい口にでた山根氏の言葉に、美月ちゃんがショックを受けている。わかっていたけど、美月ちゃんは相手のことを理解しようとしないデリカシーがない人間なのだ。
 いくら美少女って言われてるからって、これはないでござる。


 早くこのやり取りが終わらないかなと考えてると、またややこしい人がきてしまった。昨日の件のmikuちゃんである。
 なぜかこっちに向かってきている。席は反対側のほうだから。こっちはハイオークしかいないから。




「キモっ――じゃなかった光圀くん……だったからしら?」
「……そ、そうでござるが?」
「……あの……きょうのお昼、一緒に食べない?」


「「「え~~~~~~!!!???」」




 クラス中の大音量。全員が声をそろえておどろいている。その中にボクも含まれている。だって彼女は日本中が羨むアイドルグループの人気メンバー。
 かたやブサメン、キモオタ、二次元オンリー。


 天地がひっくり返っても、ありえないと自他ともに認めてしまう出来事だった。




「……いいのでござるか?相川氏の評判が落ちるでござる」
「……い、いいの!……あたしがブサ……光圀くんと一緒に食べたいの!」




 そういってボクの腕をつかんで、胸を押し付けてくる。あざとい!さすがにあざといアイドル。これに勝てる男なんて居るわけがない。ましてやボクは童貞ブサメン、キモオタ、二次元オンリー。




 ブヒィ!そうだ!ぼくにはミルちゃんがいるじゃないか!?




「で、でも……ボク学食に……」
「……お・べ・ん・と。作って来たから!ねぇ~おねがい!」
「……わ、わかってでござるよ」
「やった!……たのしみにしてる!」




 納得するとやっと離れてくれた。彼女の残りがが、ふわっと舞ってボクは参ってしまいそうになる。なんで女の子はあんなに良い匂いがするんだ……。




いやっ!ボクにはミルちゃんが……でも、いいにおいだったなぁ




「さ、さすがは光圀氏……あのアイドルのmikuちゃんすら魅了したのですぞ!」
「……デュフフ。や、やはりボクの暗黒オーラが彼女に伝わってしまったようでござる」
「どうしました!光圀氏!いつもの切れがないのですぞ!!」


「あたしにはいつもと同じにみえるキモさだけど……」
「もう如月氏は、男心の分からないオナゴですなぁ!」
「ガーーーン!!」




 美月ちゃんざまぁ……。は置いて、これは波乱が起きそうでござる……。
mikuちゃんは学校中の人気者。それに幼馴染の美月ちゃん。そして今目の前にいる委員長と、近場に学校三大美少女が集結してしまっているでござる。




 ンモ~~~!ボクがミルちゃんへ愛を注ぐ時間が削られていくのでしょうが!!

















「ブサメンに三次元美少女たちが話しかけてくるなんてあり得ないでござる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く