話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者の出番ねぇからっ!!~異世界転生するけど俺は脇役と言われました~

草薙 刃

第67話 挨拶に肉体言語を混ぜるのは間違っちゃいないだろうか


「ただいまー」

 そうして、体力を奪われるがままクタクタとなりながらも、帝都にあるアウエンミュラー侯爵家別邸に戻って帰宅を告げると、待ち構えていたかのようにパタパタと小走りに近寄って来る足音が俺の耳朶を捉える。
 特有の軽やかなリズムで、それがいったい誰のものか俺にはすぐにわかる。

「お帰りなさい、兄さま!」

 まるで言葉と行動が一致していないセリフを残し、こちらに向けた満面の笑みのまま俺めがけてタックルしてくる小さな影。
 不意討ちのテストなら、文句ナシに合格点を出せる速度のため制止の言葉を投げかけるヒマもない。

 必然的に巻き込まれることになるわけだが、あまりに見事なタックル過ぎて回避すると本人が危なくなる。
 もちろん、それが悪意のない愛情表現であることはわかっているのだが、もう少し考えてやってくれよという思いをちょっとだけ俺に抱かせる。

「よっと……」

 そうして、ギリギリのせめぎ合いをおくびにも出さず、重心を上手に乗せたシャレにならないレベルの衝撃を、俺は上半身のみならず下半身全体までも使って受け流すようにしっかりと受け止める。

「……いつも言っているだろう、もう少し加減をしろって」

「楽々受け止められないようなら修行が足りない、ってサダマサ先生が言ってたよ?」

「こんな時までやらんでもいいんだよ」

 声の時点から判明していたことだが、奇襲をかけてきた犯人は我が麗しの妹――――イゾルデだ。
 特に悪びれた様子もなく、彼女はニコニコと笑っている。

 聖堂教会異端派がやらかしてくれたあの誘拐事件から5年以上が経ち、年齢は11歳の半ばも過ぎてその個性が身に現れてきたのか、顔立ちも少しずつ大人びてきたと周りの大人たちに言われるようになった。
 まぁ、それも10歳を過ぎれば前世基準で青年扱いくらいはされる早熟な世界限定の話なのだろうが、事実が空想を凌駕する如くイゾルデは女らしさを蓄えていくようだ。

「やれやれ。日増しに見違えるようだよ、イゾルデ」

 タックルのキレがな、とは言わない。どちらにせよ難しい年頃ではあるのだ。
 あまり邪険に扱うと、その魔法の才由来の稲妻でも落とされかねない。

 それに、少しはご機嫌をとってやるのも同居している兄貴の役目だろう。

 まぁ、俺から言わせれば、ベアトリクスのように成長が大きく進むには、もう2~3年は必要か。
 プライドを傷つけないように言ってはいるが、客観的に見てもまだまだお転婆な貴族令嬢といった雰囲気は抜けきっていないのだ。

 しかし、だからと言ってこの少女を、そんな背景や見た目だけで判断してはいけない。
 あの突き刺さるようなタックルからわかるように、俺やベアトリクス同様、サダマサから鍛錬――――主に格闘術の手ほどきを受けており、とっさの攻撃にすら受身やカウンターをとるくらいは難なくこなすレベルの技量を修めている。
 俺としてはこの全身全霊のタックルを回避しても問題ないのだが、本人的にはスキンシップと思っているフシがあるため、避けたら避けたで面倒なことになる。
 だから、こうして毎回きちんとキャッチしているわけだ。

「……相変わらずだけど、ホント仲がいいのね」

 俺たちのじゃれ合いを見るベアトリクスの声は、笑顔こそ浮かべているもののその実何とも言えないものも含んでいた。

 貴族社会で生きていれば、身内相手とはいえこうはならないのだろう。
 そりゃ、ウチが相当特殊なのはちゃんと自覚しているが、いずれは夫婦となるのだから、そろそろ慣れて欲しいものだ。

「姉さまもお帰りなさい!」

 そんな内心にあるもやもやを知ってか知らずか、今度はベアトリクスへと抱きつくイゾルデ。
 さすがに、俺相手にカマしたタックルのようなことはしないものの、それはそれで嬉しそうに飛びついていた。
 まるで主人に甘える子犬でも見ているような気分になる。

 そして、先ほどはあんな様子だったベアトリクスも満更でもないのか、胸元にあるイゾルデの頭を撫でている。
 うん、堪えているつもりなんだろうが、しっかり頬が緩んでいるぞ。

 まぁ、意外にも……と言っては失礼だが、彼女たちが将来の義姉妹として仲良くやれているのは既に承知していることだった。
 出会った当初は、もっとイゾルデに侯爵家の家格に相応しい令嬢となって欲しいと思っていた様子のベアトリクスだったが、婚約者の俺や周りの非常識な連中がフリーダム極まる感じであることも相まって、いつの間にか半分以上諦めたようだ。
 ……アウエンミュラー家の家風に毒されたと言うべきかもしれないが。

「やれやれ。クリスも、その優しさをもう少し妾に見せてくれてもよいと思うのじゃがのぅ」

 そう嘯きながら、まるで保護者であるかのようなゆったりとした足取りで、後から現れたのはティアマット――――ティアだ。
 さすがに、ヒト族の社会の中にいる関係で、神魔竜であるティアは身体を完全に人間のものへと変化させている。
 あの竜峰の一件以来、どういうわけか俺の行く先々に付いて動いているため、こうして帝都の別邸にもサダマサと同様に居を構えている状態だ。
 まぁ、要は居候なんだけどね。

「お、仕上がったのか。似合ってるじゃねぇか、それ」

「ふふふ、もう少しばかり気の利いた言葉を使って欲しくはあるが、褒められて悪い気はせぬのう」

 俺の言葉に相好を崩しながら嫣然と微笑むティア。
 その姿に、俺は少しだけ心拍が強くなるのを感じた。

 それにしても、いつ見てもティアの持つ超然とした美には溜め息が出そうになる。
 特に、俺が言及した部分――――黒染めの絹に金糸で龍の刺繍を入れた生地から作られたゆったりとした日本の着物にも似た衣装を纏った様は、この国の人間にはいない黒髪と黒瞳、更には隔絶した美貌とも相まって遥かな異国からやって来た貴人を思わせる情緒を醸し出していた。

 ちなみにこの衣裳、どうせティアの身元が身元であるなら、侯爵家の情報や弱みを探るのに必死な連中が、調べたとしてもかえってどうにもならないようにしてしまおうと、サダマサと示し合わせた上で実際に着物を『お取り寄せ』して見本とした上で、それっぽい服を侯爵家お抱えの職人に作らせたのだ。
 色々な情報を混ぜてしまえば、知らない者にとってはどれが本当のものなのかわからなくなってしまうというヤツだ。諜報活動の基本である。

 まぁ、本人もなんだか着物を気に入っているようだし、なんだか和風かぶれの外国人みたいになっている部分もあるが、結果だけ見てよしとしよう。

「釈然としていない様子じゃのう、ベアトリクスよ。しかし、この家の者たちに常識を求めるのは無駄じゃろうて」

「ティア様……」

 どこかからかうような笑みを浮かべたティアの呼びかけを受けたベアトリクスは、優しくイゾルデから身を離し、貴族令嬢としての癖なのだろう、すぐに居住まいを正して貴人に対する振る舞いをしようとする。
 それを苦笑しながら、ティアは繊手を掲げて制する。

「よい、そうかしこまるでない。おぬしは少し真面目に過ぎる。妾はこの家の客人に過ぎぬのじゃ」

 元々、この世界の貴人として教育を受けているベアトリクスは、それが本来であれば当たり前のことなのかもしれないが、ティアに対してかなり丁寧な接し方をする。
 本人曰く、俺やサダマサのような脳筋じみた方法で友誼を結んでいないからだとのことだが、それはそれで失礼な物言いである。

「……まぁ、クリスやイゾルデのそれが貴族という身にそぐわぬ振る舞いをしておるのはわかるが、そういった作法も別に家の中にまで持ち込むものでもなかろうて。お主ももう少し肩の力を抜くことを覚えるがよいぞ。そんなのでクリスと共に居ては、それこそ身体がいくつあっても足りぬでな」

 まるで母親みたいなことを言うんだなと思ったが、年齢部分を茶化したらマジでティアに殺されかねないので心の奥底に留めておく。

 しかしながら、こういうフォローをさりげなく入れてくれるあたりはさすがと言える。
 人間のように感情的になって嫉妬を覚えるわけでもなく、その社会の中に入っていこうとする存在であることをわきまえた上で、まだ成長の途上にあるヒト族の少女たちの導き役となってくれている。
 俺は恵まれている、そう素直に思う。

「そうですね。日々身に染みています」

 ……婚約者相手なのだから、もうちょっとオブラートに包んでくれてもいいと思うんだけどなぁ。

「しかし、どうしたんだ? いつもはみんな総出でこんな風に出迎えなんてしないだろう?」

 心当たりがあるとすればダンジョン踏破の件となるが、その情報が外に漏れるにはまだそれなりに時間がかかるはずだ。

「そうじゃな。要件を言うのが遅れた。先ほど、おぬしが設置した例の無線で連絡が来たのじゃ。ヘルムントが数日後よりこの屋敷に移って来るとな」

「勇者の出番ねぇからっ!!~異世界転生するけど俺は脇役と言われました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く