話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者の出番ねぇからっ!!~異世界転生するけど俺は脇役と言われました~

草薙 刃

第65話 勝手に相続したっぽい遺産


 光を失った牛の瞳で虚空を見つめていたミノタウロスが、本来の姿を思い出したかのように魔素の塵へと還り始める。
 それを見て、俺はようやっと残心を解き、小太刀と小脇差を鞘に仕舞うことができた。

 そして吐き出される、それまでの呼吸を我慢していたのかと錯覚するほどの長い溜め息。
 それに端を発するように、堰き止めていた緊張までもが押し寄せ、心拍数が急激に上昇していく。

「クリス!」

 駆け寄って来るベアトリクスの額には、戦いの一部始終を見ていたからか緊張の汗が滲んでいた。
 その顔を見れば、次に何を言いたいのかまでわかる。気が気じゃなかったといった感じがモロわかりだ。

「無茶が過ぎるわよ!」

 間近で怒鳴られて、一瞬聴覚が機能をシャットダウンしかける。
 地下の閉鎖環境で出されたものだから鼓膜に響く響く。

「勝ったんだからそう怒るなよ」

 そう茶化すように言うと、ベアトリクスはほんの少しの間だけ押し黙る。
 これはまた怒りに触れてしまったかと身構えながら思うと、次の瞬間あろうことかいきなり俺へと抱き着いてきた。

「バカ! 負けたら死んじゃうから怒ることもできないでしょう……!」

 それもそうだ。
 ただ見ているしかできなかった不安からだろう、未だに震えている声が耳朶を打つだけでなく、密着している身体を通しても伝わってくる。
 もしかすると、俺の心音もベアトリクスに伝わってしまっただろうか。

「「…………」」

 無言の時が流れる。
 ……さすがに気まずい。

「……悪い。心配かけた」

「もう、バカ……」

 なんにせよ、要らぬ心配をかけてしまったのは事実。
 それ以上の軽口を叩くことはやめて、俺はベアトリクスの気持ちが落ち着くまでそのままでいてやることにした。





                  ◆◆◆






「で、この扉の向こうが最深部か」

 気が済むまでベアトリクスにくっつかせた後、俺はミノタウロスの落としたハンドボールくらいある特大の魔石を抱えつつ、何やら文字らしき謎の文様の刻まれた扉の前でどうしかものかと悩んでいた。

「おそらくはそうでしょうね」

 うーん、できれば断言して欲しい。
 もしもこの向こうに、ミノタウロスと同じかそれ以上のヤツがいたりしたら、さすがに俺も帰りたくなると思う。

 アレでラストだと思ったからこそ、少し無理をしてでも全力での勝負に出たのだ。
 その証拠に、限界突破の域に突っ込んで散々無理をいわせた身体の随所が、さっきから休ませてくれと悲鳴を上げている。

 とはいえ、いつまでもこうしているわけにはいかない。
 他の冒険者が来る前にさっさと奥に進んでしまわねば、余計なトラブルを招くことになる。

 冒険者なんて、結局は功績競争の世界だ。
 そこに大きなチャンスが転がっていたら、誰だって普段はあり得ない行動に出る可能性だってある。
 それも、こんな長い間攻略されていないダンジョンが踏破される直前でそれをやった連中がモタついているとなれば、いかに『迷宮騎士』が相手でも短慮を起こす冒険者が出ないとも限らないのだ。

「いくか……」

 こんなことを口に出せば、ある層から多大なる顰蹙を買いそうだが、俺はあくまで冒険者として立身出世をしようなどと考えているわけではない。

 だからだろうか、世間一般では宝くじに当たったような気分になれるダンジョンの守護者撃破という状況にも、どうにも気持ちが昂りきらないのだ。
 あるのは、戦いを終えた後に残る別の意味での高揚感くらいだ。

 自分でも締まらない感じだなとは思いつつも、とりあえず先を急ごうと俺は扉の取っ手と思われる部分に手をかける。
 すると、生物の魔力を感知する形式なのか、刻まれた文様に緑の光が走り、扉がひとりでに開いていく。

 魔力式の自動ドア? ………いや、これってそうだよな、多分。

 脳内であまり考えたくない仮説が組みあがっていく。

「ココがダンジョンの最深部……」

 そんな俺の思考も、ベアトリクスの声で中断させられる。

 いや、考えることなら後でもできる。
 まずはこの部屋をさっさと調べ上げてダンジョン踏破をギルドに報告するのが先だろう。

 そうして、それぞれで銃を構えて警戒しつつ踏み入れた部屋は、それまでの地面を洞窟状に掘ったものとはまるで違う空間が広がっていた。
 まるで大理石でも張り巡らせたかのように綺麗な壁面と、それに見合うよう整えられた部屋の四隅を見るに、これは生物がココで動き回る際に不自由がないようにされていると見て間違いはない。
 部屋の中央部には、大きな――――バスケットボール大の魔石が、同じく大理石で作られた台座のようなものに鎮座させられているではないか。

「こんなに大きな魔石、帝室が保管しているものでも見たことがないわ……」

 ベアトリクスが感嘆の溜息を漏らすように、これだけの巨大な魔石は俺も見たことがない。
 これなら大掛かりな魔道具のコアにだって利用できるだろう。

 だが、それだけの魔石のエネルギーを一度に使うような魔道具は、残念ながらこの世界には存在していないはずだ。
 そのため、ギルドで回収した後、国などに売り払われて既に使用されて空となった魔石にエネルギーを再補充する用途として使われることになる。
 資源の無駄遣いと思えるが、それしかできないのだから仕方ない。

 一応、魔法大学などでは、こうした巨大な魔石をコアとして動くカラクリを開発しようとしているらしいが、その成果は今のところ寡聞にして知らない。

 そもそもの魔石だが、これは文明の進展速度が著しく遅いこの世界において、なんとか文明レベルが後退するのを防いでいるヒト族の戦略資源と言ってもいい存在だ。
 いつぞやも言ったように、魔法が汎用性のない技術の域を出ない以上、魔道具という機能を指定さえすれば、再現性の高い働きをしてくれる謎のオーバーテクノロジーから魔法が基本的に苦手と言えるヒト族が受けている恩恵はとてつもなく大きい。
 この謎技術と、タイミングよく異世界から現れる『勇者』により、幾度の魔族との大規模な戦いを経ても、何とか人類は平均して中世レベルの文明を維持しているのだ。

 それでは、この魔石を使った技術は、どこからもたらされたものなのだろうか。

 創造神?

 いや、おそらくは違う。
 魔石は手に入れた者全てに恩恵を与える。いわば普遍的なモノだ。
 たしかに、『勇者』がダンジョンに潜る可能性とて決して低くはない。
 貴族が実績を欲して『迷宮騎士』となるように、この世界に召還された『勇者』がその能力を開花させるためのプロセスとして考えることもできる。
 だが、RPGじゃあるまいしステータスはおろかレベルという数値をデータ化する概念のないこの世界にわざわざ用意するしては手がかかり過ぎている。

 では、いったい何が目的なのか。
 いや、目的は既に達成されているのではないか。
 そう、大地深くまでその領域を拡大しつつ、最深部で魔石を発生させるだけの星が持つエネルギーを最も効率よく回収するために。

 ひとたび発生すれば、回収用の魔石を生成するのと同時に、体内に魔石を含む魔物を作り上げて侵入者対策として用いているあたり、これはひとつの魔石を資源として確保するためのシステムだ。
 本来のセキュリティ条件を満たしていないために、冒険者が魔物を倒して最深部まで進む必要があるだけで、本来はこんなややこしいものではないのではないか。

 しかし、それだけでは結局誰がこんなものを作ったのかはわからず仕舞いだ。そこから先を推測するための情報があまりにも足りていない。
 少なくとも、今この星には存在していない勢力だとは思われるが……。

 ……まぁ、わからないことはどれだけ考えてもわからない。
 どのみち、こんな推論を広めても今の文明レベルでは荒唐無稽な話として一蹴されるのがオチだ。
 今の人類に管理者権限がないとわかっても別に何が変わるわけでもないし、精々で酔狂な考古学者を喜ばせるくらいの価値しかない。
 とりあえずは、ヘルムントなど共犯者には知らせておいて、後は俺の胸の内に秘めておく方が良いだろう。
 まずは戻ってギルドへ報告をしなくてはならないことだし。

「よーし、じゃあこの特大の魔石と途中の通路にある照明用の魔石を回収しながら地上に戻るぞ。戻ってからが大変になりそうだからな」


 結局、俺たちが地上に戻った途端大騒ぎになったのは言うまでもない。

「勇者の出番ねぇからっ!!~異世界転生するけど俺は脇役と言われました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く