話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者の出番ねぇからっ!!~異世界転生するけど俺は脇役と言われました~

草薙 刃

第64話 スペインの闘牛は衰退しました~後編~


 ミノタウロスは、俺の安い挑発には乗らなかった。
 俺が見せた隙を好機とは見ず、壁に刺さった両手斧を抜き油断なくこちらを睥睨してくる。
 自分の必殺の連撃を回避したばかりか、手傷まで負わせてきた相手に油断はしていないのだろう。

「ベアトリクス、手は出すんじゃないぞ」

 背後を晒していたミノタウロスに、俺への援護を行うためかP-90の銃口を向けていたベアトリクスを制する。
 一瞬、不満げな顔をしたものの、決して無意味な制止ではないと気付いたのか、ベアトリクスもすぐに溜め息を吐きながら銃口を下ろした。
 たしかに、面白くなってきた戦いに水を差されたくないという思いの方が強かったが、何も制止したのはそれだけの理由ではない。

 この決して広くはないダンジョンの空間では、射線もおのずと制限される。
 そのため、下手に互いの場所が離れた状態で援護射撃をされた場合、俺の方へ弾が飛んでくるだけではなく、壁にでも当たった場合に跳弾の恐れまで出てくるからだ。
 その場合、鎧を纏っていない灰色を基調とした迷彩服に身を包んでいる俺にとってはかなりの危険となる。
 また、ネットゲーム風ではないが、ミノタウロスのターゲットがベアトリクスに向いてしまう恐れもある。

「待たせたな」

 返事を期待していたわけではない。
 ただ呟くように言い放ち、俺はミノタウロスへ突っ込んでいく。

 コイツも、他の冒険者とは違う俺の軽装については理解しているのだろう。

 ――――そんな恰好で挑んでくるとはなんという迂闊か、思い知れ。

 そう言わんばかりに、再び両手斧が俺の頭めがけて振り下ろされる。
 ずば抜けた動体視力で、動き出した俺の勢いに合わせて、完全に頭頂部にブチ当てるつもりで狙いに来ている。
 いい一撃だった。
 これなら軌道修正などせずともほぼ直撃コースにあるため、予定通りに当たれば俺は綺麗な真っ二つの姿になれるだろう。

 これには死を覚悟する。……普通ならそうなるだろう。

 だが、そうはいかない。
 必殺の一撃に抗うべく、俺は逆袈裟懸けの一撃をぶつけてやる。
 もちろん、小太刀程度の武器と俺の成人に及ばぬ膂力で、人外のそれを持ったミノタウロスの一撃に対抗できるわけはない。
 そもそも、サダマサから学んだのは、そういう力に力で対抗するような戦い方ではないのだ。

 見極めろ――――。

 極限までの集中状態に自分を追い込む。
 斧が自分めがけて降りて来るタイミングを合わせながら、左足を斜め前方へ動かして軸とする。
 そこから更に右足を引いて半身。斧の軌道上からほぼ脱しながら、左手を峰に添えて小太刀の鎬と斧の側面がこすれる様に少しだけ押し出してやる。

 鉄と鉄が擦れ合う刃鳴はなの音と、生じた火花がダンジョンの空間に散り、間髪入れずに俺の身体のすぐ右側を両手斧の巨大な質量が通過。地面に突き刺さる。

 勢いをつけすぎたのだろう、深く刺さった斧を抜くのは容易ではない。

 好機!

 右の小太刀は逆袈裟懸けの勢いのまま円を描くように後方へ移動させ、その勢いに乗せて上体を一旦引く。

「シィッ!」

 そうして軸となった右足で勢いをつけ、左足でもう2歩分踏み込み。完全にミノタウロスの側面を取る。

 そのまま、左手で腰に予備として差していた一尺二寸の小脇差を逆手で抜いて、鋭く息を吐き出しながらミノタウロスの手の甲を斬りつける。

 再び噴き出す血と共に、ミノタウロスの口から苦鳴が漏れる。
 それのみならず、引き抜こうと斧を握っていた右手が勝手に柄から離れてしまい、それによりバランスを崩したのか大きくよろめいてしまう。

 俺の狙いはこれだった。
 人間と同じ手の形をしている以上、手の甲には腱が走っている。そこを斬られると、たとえ浅手でも腱を切断されて指を動かせなくなる。
 だからこそ、ナイフを用いた近接戦闘では、相手に手の甲を見せないように空いている掌を突き出すようにしてガードを固め、武器を握る方の手を後ろに引いて構える。特殊部隊などで多く見られる近接戦闘術の構えだ。

 もちろん、この絶好の隙の中で、俺の攻撃はそれで終わりではない。
 ミノタウロスはよろめきつつも、横にいる俺の動きに追随しようとこちらに正面を向けようとするが、それすらも俺の狙いであった。
 その正面を向いてくれるタイミングに合わせ、フリーになっていた右手の小太刀を横に薙ぐ。
 よろめいた際に露わになったままでいた右腕の内側を一気に切り裂き、肘の腱までも切断して完全に右腕を使い物にならなくさせる。

「ブォッ!?」

 立て続けに起こった身体機能自体を狙った未知の攻撃に、ミノタウロスの口から驚愕が漏れる。
 急所を守るために板金鎧こそ着こんでいるが、それも基本的には胴体と肩部分までだ。
 特に関節部は、戦う際の動きを大きく制限するために生身の部分がかなり露出しているし、コイツは手甲もつけていなかった。
 近接戦闘をするにおいて、防具は単なる防御手段では終わらないということを、魔物として身体能力に優れ侵入者をことごとく討ち取ってきた優位性ゆえか怠ったのだ。

 いや、相手がこの世界の冒険者であれば、今のままの戦い方でも関係なかったであろう。人体のどこを攻撃すれば軽微な一撃でも、肉体の働きを著しく低下させることが可能か知らないのだから。
 そして一方の俺は、自分の身体が体格を含めて未だ完全に成熟しきっていないこともあって、誰にでもわかる頭部・頸部・心臓などの急所を狙う戦法に出られないことを理解していた。
 この時点で、既に戦いの方向性は決まっていたようなものだった。
 あとは、俺がミノタウロスの速度に追随して、攻撃を回避することができるかどうか、それだけだったのだ。

 突然の右腕の機能停止に戸惑いを隠せないミノタウロスだが、それでもなんとか左腕を使って俺に一撃叩きこもうと、太い腕で地面に縫い付けるような平手の一撃を喰らわせようとしてくる。牽制でも良いから斧を取り戻す時間が欲しいのだろう。
 だが、ここにきてその選択は悪手すぎた。
 利き腕が思い通りに動かないということは、身体の動きを阻害するにも等しくなる。それでいて、サブ程度の攻撃ともなれば速度も威力も十全に発揮することはできない。先ほどまでの攻撃に比べれば、回避することは何ら難しいことではなかった。
 しかも、焦りからか勢いをつけすぎていたため、自身の上半身――特に胸部から上の急所を俺に晒す結果となっている。
 まさに生身に近い知能・身体機能を与えたが故の弊害であった。

「ブォォォ……ッ!」

 俺が後方へ引いて難なく回避したのを恨めしそうに見つつも、一旦下がって体勢を立て直そうとしたミノタウロス。
 しかし、遅い。俺はとっくにその先を行くように体勢を立て直している。
 既に動き始めている俺を見るミノタウロスの目は、劣勢にあることを悟ってこそいるが、まだ死んではいない。

 ココでキメねぇと、むしろ押し返される……!

 守ったら――いや、生きることを考えていては負ける。
 生き残るのではなく相手を倒すことのみを意識に置き、いつもより遥かに深く、それこそミノタウロスの両腕の中へ潜り込むように、強い踏み込みをかける。
 それは、自分の限界を超えた博打にも似た行動だったが、同時に必殺の一撃を叩き込むには避けられない行動でもあった。

「ブォォォォォォッ!!」

 もちろん、相手も黙ってやられてはくれない。
 こちらに見せつけるような裂帛の雄叫びを上げながら、残された左の掌底が俺の意識を刈り飛ばそうと急襲する。
 だが、それも最初の一撃からは考えられないほど、苦し紛れで狙いも甘いモノでしかなかった。

 そう、コイツは怯んでしまった。

「日和ったな?」

 その時、俺の口元は、きっと愉悦の形に歪んでいたことだろう。
 屈みこみながら右手の小太刀を掲げて、襲い来る掌底を刃の上を通らせることで受け流す。
 同時に、自身の放った一撃によって左腕までも使用不能に追い込むと、未だ体勢を立て直せていないミノタウロスの顎めがけて、逆手から順手に持ち替えた小脇差の刃先を仮借なく突き上げる。
 強度こそ打ち合いをするロングソードには及ばないが、打ち刀特有の刃に備わった切れ味はそれらとは比較にもならない。
 するりと潜り込んだ刃は、脳天までを易々と貫通。びくんと一瞬震えた後に、ミノタウロスの眼球をあらゆる方向に躍らせた。
 完全に殺しきるために、刀身を傷めない程度にねじりながら抜くとほぼ同時に、その身体を鉄板入りブーツで蹴り飛ばして地面に後頭部から激突させる。
 鈍い音を立てて地面に倒れたミノタウロスは既に死んで――いや、機能を停止していた。

「勇者の出番ねぇからっ!!~異世界転生するけど俺は脇役と言われました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く