話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者の出番ねぇからっ!!~異世界転生するけど俺は脇役と言われました~

草薙 刃

第62話 照れ隠しはアッパーカットにのせて


「こんなところまでついて来たのが悪いんだぞ……」

 気を付けろと小さく鼻で息を吐く俺を見て、ベアトリクスはゆっくりと後方を振り返る。
 おそるおそる俺の突き出した刀の切っ先へ視線を向けたベアトリクスは、すぐに再度硬直することになった。

「これは……」

 白刃の先端から30㎝ほどのところには、毒液したたる牙を剥き出しにして今にもベアトリクスの首筋へと咬みつこうとしていた大型の毒蛇の姿があった。
 もっとも、後頭部から首のかなり深い部分までを、刀によって壁へ縫い付けられて痙攣していたが。

「ウォール・ヴァイパーだ。残念だったな。咬まれていたら地上に戻れたのに」

 熟練の冒険者すら時として葬り去る姿なき暗殺者だ。
 この薄暗いダンジョンの中では、目を凝らしていても開いた口腔内のピンク色の部分を目にしなければ蛇であると気付けない。

 コイツもダンジョンの深い階層に生息し、壁の色に同化するようにしてじっと獲物が近付くのを待つ。
 この蛇だけは魔素由来のダンジョンが生み出した生物ではなく、どこからやって来るのかダンジョンで繁殖する奇妙な生態を持っている。
 主食はネズミやコウモリなどの小動物で、ヒトなどは大きさ的に捕食対象とはならないが、どういうわけか近くで隙を見せると容赦なく襲い掛かってきて、咬みついた際に獲物を動けなくした上で殺すポイズンカクテルを注入してくる。

 一説には、ダンジョンと共生関係にあるため、侵入者を襲ってダンジョンの養分とする手伝いをしているのではないかと言われている。真偽は不明だが。

「え、あ、ありがとう……」

 感謝してはいるのだろうが、驚いた顔を見られたことを責めるように顔を真っ赤にして怒るベアトリクス。

 その涙交じりの目線と言葉を、まるでリトマス試験紙みたいに顔色が変わるやつだなと思いながら半分以上聞き流す。
 ひとしきり喋らせれば大人しくなるだろうと判断し、壁に突き刺さったままの刀を抜くと、自重でウォール・バイパーの身体は地面に落ち、べしゃりという音を立てて転がる。
 突き刺した時点で中枢神経ごと脳を両断しているため、即死していたのだ。

「でも、いきなりは止めてよね……。心臓に悪すぎるから……」

「はいはい、次からな」

 納刀しながら適当に返事をする。
 そして、万全のタイミングだと思ったところで、もう一度何も言わずにベアトリクスを引き寄せると、そっとその雪のような頬に口づけをしてやった。

「………ふぉえぇッ!?」

「ところで、こういうのも心臓に悪いのか?」

 ドヤ顔を浮かべてやろうと思った次の瞬間には、顔を真っ赤に染めたベアトリクスから見事な勢いで跳ね上がった掌底が俺の下顎部にキマっていた。






                 ◆◆◆







「いてててて…………」

 『お取り寄せ』した保冷材を布に巻いて下顎に当ててはいるものの、なかなか引いてはくれない痛みに顔を顰めながら、俺は先頭に立って階段を下っていく。
 どうやら、サダマサの格闘術の訓練は想像以上に効果が出ていたようだ。
 まさか、不意打ちとはいえベアトリクスから脳震盪を起こしかけるような一撃を喰らうとは思ってもいなかった。

「もう、クリスはすぐに悪ふざけしようとするんだから……!」

 そうわざわざ口に出そうとするあたり、反射的に殴ったことは多少なりとも悪いと思っているのだろう。

 いつもなら、おちょくり過ぎて本気で怒ったら、ベアトリクスはしばらく口も利いてくれないこともあるため、今回のは単純な照れ隠しのようだ。
 その証拠に、ベアトリクスの顔は依然として真っ赤である。
 リトマス試験紙のようだと思ったが、PH値が酸性を示したまま一向に戻ってきやしねぇ。

 しかし、照れ隠しであの一撃を繰り出せるなら、ベアトリクスは社会適合能力はやや残念だが、戦士としてはなかなかの逸材ではなかろうか。
 あんまりおちょくり過ぎたら、そのうち首の骨でも折られるんじゃないかと思う。

「そうだな。今度は、なるべく事前に許可を取ってからするわ」

「きょ、許可なんか出しません!」

 おっと、これ以上ふざけるとマズい。強酸性の顔色になって俺へと更なる猛威を振るいかねない。

 それに、一応は危険地帯のど真ん中にいるのだ。
 もっとも、その危険も最下層まで来た今となっては、もう限られたモノしか存在しないようだが。

「……おいおい、マジでメチャクチャな世界だな。まんま牛じゃねぇかよあれ」

 俺が指し示す方向に部屋を守るように、間断なく立っているのは牛頭人身の巨漢。
 正しい名称は知らない。とりあえず、俺のファンタジー知識の範囲で暫定的に呼ぶならミノタウロスだろうか。

 2.5メートルほどの長身に、はちきれんばかりの巌めいた筋肉。
 それを保護するように板金鎧らしきものを身に付けており、一般的な冒険者の剣や槍などでブチ破るのは困難であると予想できる。
 また、その威容を以って、両手で巨大な両刃斧の柄頭を抑えて待ち構えるように存在している姿は、その非現実的な姿を特大の危険物として知らしめていた。

 こちらとの距離は10メートル以上も離れている。
 そのはずなのに、既に肌を刺すピリピリとした空気が伝わって来ていた。

「ミノタウロス……。わたしも実物を見たのは初めてだけど、高位迷宮に現れると言われている守護者よ……。多分、あの先に迷宮の最奥となる部屋があるハズだわ」

 プレッシャーを感じ取ったのか、P-90を構えて臨戦態勢に移行しつつあるベアトリクスがぽつりと漏らす。
 あ、ミノタウロスで合ってるんだ。解説御苦労さまである。

「本物のミノタウロスは、南方に浮かぶクリティア島の巨大迷宮の奥底に住むらしいわ。だから、アレは迷宮由来の魔物でしょうね」

 迷宮に住む牛頭の怪物か。まるでクレタ島のミノタウロスだな。

 だが、そんな感慨もすぐに消えていく。
 本物ではないハズのミノタウロスが、こちらを挑発するように殺気を放ってきたからだ。

「へぇ……」

 安っぽい挑発にも見えるが、血気盛んな冒険者たちにとっては抜群の効き目となるのだろう。
 ヤツがこのダンジョン最後の関門なのだとすれば、冒険者たちがダンジョンを踏破したいという欲求に駆られるのも今ならわかる気がする。
 何故なら、俺も既にそれにやられているみたいだ。

「ありゃタダ者じゃねぇな……。戻って来ない冒険者連中はアレにやられたんだろうかねぇ」

 俺の言葉が届いているわけでもないのに、まるでそうだとでも言うかのように、ミノタウロスは泰然と佇んでいる。
 面白い。
 魔素由来の魔物かなんか知らんが、余裕ぶっこいてケンカを売ってくるとは上等じゃねぇか。

「よーし。そんじゃ、いっちょぶっ飛ばしてやりますか」

「勇者の出番ねぇからっ!!~異世界転生するけど俺は脇役と言われました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く