話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者の出番ねぇからっ!!~異世界転生するけど俺は脇役と言われました~

草薙 刃

第60話 迷宮騎士~前編~


「でも、他の『迷宮騎士』に見られたら何て言われるか……」

 ベアトリクスの口からぽろりと漏れたその名前を聞いて、さすがに俺も顔を顰めてしまう。

「あぁ、アイツらは面倒臭いなぁ……」

『迷宮騎士』。響きだけを聞けば何やら仰々しく感じられるが、貴族の冒険者が自称している呼び名みたいなものだ。

 その昔、「高貴な身分である貴族が、下賤な冒険者に混ざって……」とか、お前現実見えてないだろと正気を疑うような発言をしたバカのせいで、そんな名称が用いられることとなったらしい。
 それだけならまだ笑い話で済むが、現実は想像の遥かに斜め上をいくこともしばしば。
 稀代のバカの発言によって、冒険者ギルドの建物まで『迷宮騎士』向けに別の所に建てられることになり、余計なコストまでかかっている始末だという。

 もちろん、声がでかいだけのバカひとりのために冒険者制度が変わるハズもなく、実際にはデメリットばかりではないからこそ未だにシステムが成り立っている。
 貴族の子弟が、ギルドにたむろう荒くれ者たちに絡まれないようにという配慮もあるし、『箔』の欲しいボンボンが中級冒険者に護衛の依頼をしておっかなびっくりダンジョンに潜ることもあり、それが縁で貴族に雇われることもあるのだという。
 有力貴族からもそれなりに寄付があり、補助金も国を通して出されているため、一概に無駄なものとも言い切れないのだ。

「自分で戦えないバカなんか放っておけって。最終的に生き残ったヤツが勝ちなんだよ。貴族らくないとか、騎兵の馬を狙うような真似とか罵るヤツがいても、それはただの負け惜しみだ。死んだらそんなセリフもダンジョンのシミになるだけだからな」

 歩を先に進めながらも、貴族の前で貴族の矜持を一刀両断するようなセリフを平然と吐く俺に、ベアトリクスは呆れたような表情を浮かべる。

「クリスがドライ過ぎるのよ。それでよく学園の貴族と揉めないわね……」

「学園じゃ多少は空気読んでいるからな。他のボンボンどもより剣術とかが使えるだけで、表立っては文句も言われなくなるよ」

「それでも絡んでくる人には?」

「俺が懇切丁寧に剣か格闘術の稽古をしてやるのさ。ちょっと熱心に教えたら、《《泣いて喜んでくれたぜ》》?」

 にやりと笑って返したら、ベアトリクスは何を悟ったのかなんとも言えない顔を浮かべた。
 学園でたまに出る実技訓練中のケガ人の何パーセントかは、俺が生産していると気付いたのだろう。
 事故に装って殺してないだけ、感心してくれてもいいと思うのだが。

「……さて、おしゃべりは終わりだな。次のお客さんみたいだ」

 何かを続けようとしたベアトリクスを手を掲げて遮り、俺はHK416を『探知』の魔法に反応があった方向へ向けて構える。

 魔力探知だけに頼らず耳を澄まして再度確認してみれば、薄暗い灯りに照らされた通路の向こうから、重量物がこちらへ近づいてくる足音が聞こえてくるではないか。

 ちなみに、ダンジョンには冒険者エサをしっかりと招き寄せるためなのかは知らないが、一定間隔ごとの壁に松明のように発光する魔石が埋め込まれている。
 これ自体、外して持ち帰っても魔力をこめれば照明として使える優れモノの魔道具マジックアイテムなのだが、一度取り外すと復活までに結構な時間がかかる。
 そのため、潰されていないダンジョン以外で持ち出すことは、冒険者の探索活動の妨害となるためギルドにより固く禁じられている。
 冒険者なんて一攫千金を目指すヤクザじみた商売をしている連中も、資格剥奪ともなれば社会的に死ぬも同然なので、これにだけは手を出さないようにしているのだった。

「あれは……食人鬼オーガ……!」

 灯りに照らされて露わとなった異形の姿を見て、ベアトリクスの口調が緊張を孕む。

 オーガ。主にフィールドでも深い森や洞窟に生息する大型クラスの亜人だ。それが2体。
 ゴブリンは基本的には小型なのでさておき、比較的大型の亜人に属するオークと比べてもその体躯は大きく、ブラウンベアーに筋肉をマシマシしたような巨躯を持つ。
 そして、その巨体の通りに膂力・筋力はすさまじく、大木すら棒のように振り回して獲物を撲殺し、その肉を喰らうのだ。

『食人鬼』の名前が示すように人間の肉も大好物で、『屍食鬼グール』と双璧をなす人肉喰らいとして冒険者をはじめとした人間たちから忌み嫌われ、また恐れられている。
 知能はそれほど高くないが、とにかく攻撃力・防御力に全振りしたようなタンク系の敵で、ダンジョンにおいては中級の冒険者すら数人がかりで挑む存在である。
 弓はもちろん、剣や槍でも致命傷を与えるのが困難な鎧めいた肌をしているのだ。ケガ人覚悟で急所を狙っていくのが攻略法となる。

「ベアトリクス、なるべく顔を狙って掃射してくれ。俺は横合いから接近して殺る」

「わかったわ」

 簡単に指示だけ出して、俺は一気に駆け出す。

 初級冒険者グループや単身の中級冒険者なら、出会っただけで逃げ出すことも多々あるオーガだが、その程度で俺が侵攻をやめることなどあり得ない。
 ただでさえ知能が低いオーガは、コピー品が現れるダンジョンではでくの坊も同然だ。
 ただ、その肉体にダメージを与える方法が限られているだけで。

 P-90でフルオート掃射を行うベアトリクスの狙いはかなり正確で、1体目のオーガの顔面に5.7×28㎜弾が突き刺さる。
 だが、弓矢すらはじく分厚い皮膚が本来発揮するはずの威力を減衰させてしまうため、.357マグナム弾よりも威力の低い5.7㎜弾では脳に達しなければ致命傷とはならず、牽制の意味合いが強くなる。

 ところが、偶然にもそのうちの1発が眼球に直撃し脳内に潜り込んだのか、くぐもった呻き声を上げるとそのまま崩れ落ちる。幸先がいい。
 そう思っているうちにマガジンの弾が残っていたのか、標的を切り替えたP-90の弾丸が2体目にも喰らい付こうとする。
 しかし、その一撃が自分を容易に殺せるものだと理解したのか、丸太のように太い腕を交差して弾丸から頭部を守ろうとする。

 本能からなのか知性由来の行動なのか、ともかくオーガのその試みは正解だった。
 左腕に食いついたものの、貫通には至らずその中で止まってしまう。
 もちろん、頭部はおろか右腕も未だ健在だ。

 そして、同時に50発の容量を持つP-90のマガジンの弾が切れる。

 弾切れを悟ったのか、よくもやってくれたなという咆哮と共に、オーガがこちらへ向けて移動を開始しようする。

再装填リロード!」

 弾切れによる警戒を告げるベアトリクスの声。いやいや、十分な隙を作ってくれたよ。

 突撃を一旦止め、その場で膝撃ちの姿勢を作ってトリガーを絞る。
 再装填後に1発も撃っていなかったHK416から待ってましたとばかりに弾丸が吐き出され、ある一点をめがけて音速で飛翔する。

 狙うは、膝だ。

 たった2本で巨大な質量を支えているオーガの大きく太い脚は、二足歩行の生物としての例に漏れず、関節部分が稼働するための隙間があり、他の箇所と比べれば分厚い皮も薄くなるため必然的に脆くなる。
 それは一見、弱点と思われる部分がないようにも見える中に潜む数少ない急所だ。

 吸い込まれるように膝に多段ヒットした5.56mm弾は、皮膚を突き破り膝の骨を容赦なく破壊する。
 体重を支えるのみならず、駆け出そうと重心が集中していたタイミングでそれを喰らえば、脆くなった土台は容易に柱を破壊する。
 ベキィという鈍い音と共に膝が曲がってはいけない方向へとへし折れ、オーガは地面に倒れこんだ。
 すかさず頭部に向けて残りの弾丸を叩き込み、完全に息の根を止める。

「ナイスアシスト」

 マガジンを抜いて魔力に分解しながら新たな弾倉を装填し、駆け寄って来たベアトリクスに軽く拳を突き出してねぎらいの言葉をかけるも、ベアトリクスは半ば呆然としていた。
 おそらく、こんなにもあっさりとオーガを倒せるとは思っていなかったのだろう。

「驚いた。オーガですらも簡単に倒せてしまうのね……」

 信じられないといった響きの言葉を漏らすベアトリクスだが、その目はオーガの残した大きな魔石に注がれており、それが現実を否応なしに突きつけていた。

「な? いつも言ってるだろ? ファンタジーが地球なめんじゃねぇって」

「え、それは初耳なんだけど……」

「勇者の出番ねぇからっ!!~異世界転生するけど俺は脇役と言われました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く