話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者の出番ねぇからっ!!~異世界転生するけど俺は脇役と言われました~

草薙 刃

第57話 賑やかな日々


 ふと、なにか声のようなものが聞こえた気がして、俺の注意が一瞬だけ疎かになる。

「おい、バカ!」

「――――ぐっ!」

 その隙を縫うようにして、俺の身体へと迫る鋭い一撃が腹部を直撃。
 衝撃とともに呼吸が途絶して、俺は勢いそのまま後方へと吹き飛ばされる。

「……余所見をするな。実戦だったら死んでいるところだぞ」

 やや呆れたような声が、肩で息をする俺の耳に届く。
 芝生の上に仰向けに転がったまま首を上げると、自分の金色の髪が視界に入ってくる。
 そして、視線の先では、袋竹刀を持った長身の男が俺を見ていた。

「サダマサの踏み込みが速すぎるんだよ。訓練で人を殺す気か」

 悪態をつきながら、俺は呼吸を整えてゆっくりと身体を起こす。
 右手の袋竹刀が握られていたのは幸いだ。これまで手放していたら、いったいなにを言われたかわかったものじゃない。

「まぁ、三分の一くらいは殺す気で打ち込んでいるぞ。万が一の場合もある、当たりどころには注意しておけよ」

 ……訊かなければよかった。

 真剣同士でやらないだけまだマシなのかもしれないが、相手が達人級だったら袋竹刀であっても十分な殺傷能力を持っていると理解できる。
 それを知っていながら容赦のない攻撃を仕掛けてくるのだから、はっきりいってまともじゃない。

「あのなぁ、もうちょっと受ける人間の技量を考えた鍛錬にはならねぇの?」

「そんなことしていたら、いくら時間があっても強くはなれないぞ。“前世の気分”はさっさと生ごみの日に出せ」

 小さな溜め息をともに、黒の髪と鋭い瞳を持った偉丈夫がまるで面倒なヤツを相手にするかのように言葉を向けてくる。

 身長180cmを超える長身は一見細身に見えるが、その下に隠されている圧縮された鋼のような筋肉により肉体は並みの騎士や冒険者よりもはるかに重い。
 鍛え上げられた物騒な身体に暗色の着物を纏う、見たまんまの侍――――サダマサ・クキ(九鬼定正)がこの世界における俺の剣の師匠となっている。

「クリス。お前、筋は悪くないんだが、まだまだ注意力が足りてないな。後ろから狙われたりとか、そういう訓練もやっていこう。“敵は前からだけではない”と言うのは簡単だが、身体に覚え込ませるとなると時間もかかる」
 
 後ろから狙わるとかどこのサスペンス劇場だよと思ったが、依然として手加減をしているサダマサを前に手も足も出ない上に、訓練で疲れ果てた今の俺には軽口を重ねる元気もなかった。
 それを今日の限界だと見たのだろう。
 俺の技量の寸評をひとしきり並べると、サダマサは袋竹刀の切っ先を地面に向けて雰囲気を和らげた。
 
「まぁ、追々やっていけばいい。そろそろ昼の時間だ」

 サダマサが背後を振り返る。
 俺も上半身を起こしてそちらを見ると、小さな影が一瞬だけ光り輝き、広げた手のひらから氷の魔法を放っていた。
 色素の薄い金色の髪に青色の瞳。妹のイゾルデだ。

 聖堂教会の異端派がやらかし、俺がこの世界に対して本格的に介入する切っ掛けとなった誘拐事件から5年以上が経過。
 イゾルデは、年齢も11歳の半ばも過ぎてその個性が身に現れてきたのか、顔立ちも少しずつ大人びてきたと周りの大人たちから言われるようになっていた。

 最初は俺も10歳を過ぎれば前世基準で青年扱いされる早熟な世界限定の話なのだろうと思っていた。
 だが、事実が想像を凌駕するごとく、イゾルデは女らしさを蓄えていっている。
 成長期なのものあってか身長は150cmくらいまで伸び、同年代と比べても少し高い。
 それでいて細身の身体に活発さと貴族としての品までをも持ち合わせており、早くも健康的な美貌の片鱗を覗かせ始めていた。

「そろそろ終わりにするぞ」

 サダマサが声をかけると、イゾルデは魔法を放つのを止める。
 それと同時に、イゾルデの魔法の練習相手になっていた人物――――ティアマットもまた魔法を無効化バニッシュするために展開した魔法障壁を消してこちらを見る。

 ドレスにも似た黒の衣服に身を包み、身長は170cmを超える長身。身体の線をこれでもかと主張する肢体は万人にとって目の毒だ。
 ビロードのような黒く美しい艶を放つ髪に金色の瞳。
 絶世の美女にしか見えない容姿だが、これで中身は数千年から万年を生きる地上最強の生物《神魔竜》のひとりなのだからわけがわからない。

「なんじゃ、クリス。ずいぶんと派手にやられたものよのう」

「あいにくと、俺は普通の人間なもんでね」

 なるべく乱れた息を感じ取られないようにして、俺は歩み寄って来たティアマット――――ティアに肩を竦めて見せる。
 バレているとは思うが、俺だって男だ。これくらいの見栄は張らせてほしい。

「ふふ、そうじゃな。それでも、そうして憎まれ口を叩きながらも、研鑽をしようとする様は見ていて退屈せぬよ」

 ふんわりと微笑んで、ティアが俺に向けて繊手を伸ばしてくる。俺が見栄を張っているとわかっていてやっているのだ。
 ここで跳ねのけると途端に情けない男になるので、俺は素直にティアの手を取る。

「さぁ、良き身体を作るのであれば美味なるものを食べねばならぬな! ベアトリクスとも合流して昼餉ひるげといこうではないか!」

 俺を立たせながら笑顔を浮かべるティアと、その様子を同じくにこやかな笑みを浮かべて見ているイゾルデ。
 こういう他愛ない瞬間が、今の俺にはとても大事に感じられる。

「おいおい、自分が美味いもの食べたいだけだろ?」

 思わず皮肉を返すが、自分の顔が笑っていることを俺は感じていた。


「勇者の出番ねぇからっ!!~異世界転生するけど俺は脇役と言われました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く