閉じる

二度追放された冒険者、激レアスキル駆使して美少女軍団を育成中!

南野雪花

閑話 黄昏時の戦い

 先頭を走るぺイルライダー二体の青馬たちが、どうと倒れる。
 声にならないいななきを発して。

 カルトロップを踏んだためだ。本来であればアンデッドにダメージを与えられるようなものではないが、メイシャの魔法によって亡霊に対する特効を得ているのだ。
 倒れた騎士に忍び寄り、メグのナイフがとどめを刺してゆく。

 彼女にはペイルライダーと正面から戦うような戦闘技術はないが、隠形して近づき、一撃で倒す暗殺技術をもっているのだ。
 二体のモンスターを倒し、ふたたびすうっとメグの姿が消えた。

 倒された味方など無視して死の騎士が駆ける。
 アンデッドならではの無情と評すべきだろうが、人間の騎士だって突撃のときに落馬した味方にかまったりしない。

 騎士突撃とは、死命を制する一手だからだ。
 絶対に成功させなくては、騎馬隊を使う意味もない。

 そこに立ちはだかるのはアスカとサリエリ。人間の英雄とダークエルフの勇者だ。
 聖剣オラシオンと炎剣エフリートが、ペイルライダーどもを切り裂く。
 一体二体と。

 だが、それでもモンスターの勢いは止まらなかった。
 アスカやサリエリと切り結ぶ味方の横を駆け抜けてゆく。

 目指すは本陣。
 メイシャとミリアリアを守ってライオネルが立っている場所だ。

 こいつを倒す、という意志の元に。
 人ならざる力で、彼が指揮官だと判っているかのように。

「ミリアリア」

 迫り来る死霊の騎士どもに対して、薄紙一枚の動揺も見せることなく右隣に立った少女に声をかける。

「はい! 撃ちます!」

 氷狼の杖から放たれるた火球が、ペイルライダーの目前で炸裂した。
 集団攻撃の魔法としては最もポピュラーなもののひとつ、ファイアボールである。
 広範囲にまき散らされた炎が、死霊騎士どもに襲いかかる。

 怖れるということを知らない彼らだが、さすがにたじろいだ。
 なにしろ火は、アンデッドモンスターにとって最も怖れるもののひとつだから。
 そしてアンデッドに対して、さらに特効のある属性も存在する。

「この地は神前こうまえですわ。等しくこうべを垂れなさい。聖なる領域ホーリーフィールド!」

 メイシャが聖印を握りしめれば、ペイルライダーたちの足元から柔らかく暖かい光があふれ出す。
 結界魔法のひとつだ。

 聖なる結界に閉じ込められたアンデッドたちは、そこから出ることも適わず継続的にダメージを受け続ける。
 ちなみに、近隣の村々に施されている亡者よけの結界は、これの広範囲用劣化版で、ダメージこそ与えることはできないが、アンデッドはけっして中に入れない。

「お眠りなさい。至高神の御腕に抱かれて。鎮魂ターンアンデッド

 さらにメイシャはターンアンデッドを重ねがけする。
 天空から舞い降りる光があまねく亡者たちを照らし、呪われたその肉体を浄化していった。

 ただのプリーストにすぎないメイシャだが、ホーリーフィールドとターンアンデッドを重ねることによって、大司教グランドビショップ並の浄化力を発揮することができる。

「ふぅ……」

 くらりとよろめいた金髪の聖女を、すかさずライオネルが支えた。
 魔力を一度に使いすぎたことで意識を保てなくなったのだ。もともと燃費の悪い彼女だから。

「ほら。ゆっくりなめろ」

 隠しから取り出した飴菓子の包みをとり、メイシャの口に入れてやる。
 半ば無意識の状態で、飴とライオネルの指をしゃぶるメイシャだった。

「手まで食うなよ……ていうか、これも久しぶりだな」

 最近は、メイシャの世話係はメグがもっぱら引き受けていたから。

「ネルママ……」
「休んでいろ。もうすぐ片がつく」

 法衣に包まれたグラマラスな身体を支えながら、ライオネルが戦場に視線を戻す。

 彼が口にしたとおり、戦いは大詰めを迎えていた。
 さすが上位アンデッドだけあって、ファイアボール、ホーリーフィールドとターンアンデッドを受けてなお全滅は免れている。
 といっても、残りはたったの三体だ。

 そしてその背後には、それぞれ二体ずつを倒した、アスカ、サリエリ、メグが接近していた。
 アスカのオラシオンが首を刎ね、サリエリのエフリートが袈裟斬りにし、そして飛びついたメグの、魔力付与されたナイフが胸を貫く。

 ほぼ一瞬で決着がついた。

 撃墜数としては、アスカが三、サリエリが三、メグが三、ミリアリアとメイシャで十四。
 ライオネルはゼロである。

「どんどん俺の出番がなくなっていくな」

 とは、彼自身が笑いながら放った言葉だ。

「軍師のクセにぃ、前に出てた今までがおかしいのぉ」

 サリエリが間の抜けたツッコミを入れる。
 軽く笑い、彼女の頭を一撫でしたライオネルが、アメニ村の方角を指さした。
 日が落ちるまでに村に入ってしまおう、と。

 六人が歩き出す。
 うち一人は、せっせと口に携帯食を運びながら。この娘の燃費の悪さをカバーするため、チームメンバーの背負い袋には余分な食料が常に入っているのだ。

「でもネル母さん。日中に動けるアンデッドもいるんですね」

 ライオネルの横を歩きながら、ミリアリアが訊ねる。

「上位って呼ばれるものに限られるけどな。リッチ、ペイルライダー、ヴァンパイアロード、デュラハン。けど、けっこう弱体化はしてるはず」

 夜の闇こそが彼らの領域だ。
 その意味では、弱っている日中に遭遇したのは運が良い。
 ペイルライダーと夜に戦うのは、かなり控えめにいっても骨が折れるだろうから。

「いや、でも、初日からペイルライダーだもんな。ぜんぜん運が良くないか」

 なにやら唸りながら首を捻るライオネルに、娘たちがくすりと笑った。
 いつも通り、どうでも良い部分を悩んでいるな、と。

「二度追放された冒険者、激レアスキル駆使して美少女軍団を育成中!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く