話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

αφεσις

青空顎門

三 共に明日を生きるために⑤

 光輝の運転する車は来た道を逆に戻り、しばらくして学校の正門の近くに至った。
 だが、車はその前を素通りしてしまう。そのまま裏門に向かい、その前に至ってようやく停車した。
 この学院には裏門が二つあるが、使われているところを見たことがない方だ。
 敷地内からこの門に来る術は、少なくとも朔耶は知らなかった。

「さすがに濡れたままで校内をうろうろする訳にもいかないからね。ここからだと直接私達の部屋に行けるから」

 質問を先回りしたような己刃の説明に納得する。
 確かに今の状態は何とも説明の仕様がない。

「降りるぞ」

 晶の言葉に従って朔耶達はそこで車から降りた。と同時に、千影が言われた通りに姿を消す。
 未だ雨は強いが、濡れるのはもう今更だと諦めておく。

「とりあえず、今日の残りの授業は出なくていい。公欠ということにしておく。まずは体を温めて、ゆっくりと休んでおけ。明日のアノミアには色々と聞かせて貰うからな」

 光輝は簡潔に言うと、再び車を発進させて、すぐ先の十字路を学校の塀に沿って走っていった。
 正門側にある駐車場に向かうのだろう。

「さて、まずは裏門を開けないと、ね」

 己刃は濡れた制服のポケットから普通の鍵とカードキー、そして、小さなリモコンの三つが束ねられた可愛らしい猫のキーホルダーを取り出した。
 彼女がその内のリモコンを手に取って操作すると、低い駆動音を響かせながら裏門が自動で開く。
 朔耶はこの門が電動式であることに驚きつつ、二人に倣って敷地内に入った。
 それを確認してから己刃が再度リモコンを操作し、裏門を閉める。

「朝日奈君、こっちだよ」

 初めて訪れた場所に少しの間立ち尽くしていると、己刃に言葉と視線で促される。
 彼女に従って管理棟の方に進んでいくと、妙に古びた扉の前に出た。
 そこは微妙に奥まった、裏門の外から見ても分からない位置にあった。

 見たところ、管理棟に入るための扉で間違いないはず。
 だが、その一階を思い返してもこの扉を見た覚えはない。覚えはないが……予測はできた。
 周囲を見回した限り、裏門からこの扉までの道は敷地の中で独立しているようだ。
 扉から出てくるか、裏門から入るかしかこの場所に来る方法はなさそうだ。

 その閉ざされた扉を、己刃はキーホルダーから今度は少し古めかしい鍵を以って開けた。
 そして、薄暗いその中へと己刃、朔耶、晶の順に入っていく。
 最後の晶が扉を後ろ手に閉め、内側から鍵をかける音がする。
 それと同時に、部屋は眩い光に照らされた。
 一瞬、視界が白く染まり、それから徐々に視力が戻ってくる。
 回復した視界にあったのは、再び扉。それも正面と右に一ヶ所ずつある。
 右の扉はどうやら予測通り、開かずの扉のようだ。
 もう一方の先の分からない扉は真新しく頑丈そうで、カードキー、暗証番号、指紋認証と最新のセキュリティーを備えていた。

『この学校にこんなところが本当にあったんだ』

 胸の奥で呟いた千影に同意するように頷く。
 地下の存在は晶達から聞いていたが、正直実際に目の当たりにするまで現実味がなかった。
 己刃がそれらの照合を済ませると、扉が自動で開いていく。
 その奥の部屋には一台のエレベーターが設置されていた。これで地下に向かうようだ。
 皆でそれに乗り込むと、扉が閉まると同時に階を指定する間もなく動き出す。
 階数の表示を見る限り、向かう先は地下一階に限定されているらしく、すぐに制動がかかってエレベーターは停止した。

「って、これは……」

 管理棟の地下。エレベーターで降りた先には、ざっと見ただけで左右にそれぞれ十枚程度の扉。
 その数だけ部屋があるのだろうが、これでは学校というよりもマンションだ。

「さて、朔耶。濡れたままでは気持ちが悪いだろう。とりあえず、あそこのシャワー室を使うといい」
「は、はあ、シャワー室、ですか?」
「ああ。本当なら部屋の浴室を貸してやりたいのだが、湯を張っていないからな。私達もシャワーで済ますしかない。我慢してくれ」
「いえ、それはいいんですけど」

 とにかく、学校の下に居住空間がある光景に対する違和感が物凄い。

「一応、中には予備の体操着が用意してあるはずだから、それに着替えてね」
「終わったらこっちの談話室で待っていろ。私達も上がったらすぐに行くからな」

 晶はそれだけ言うと、さっさと自分の部屋に入ってしまった。
 扉が閉まる直前、自分の足を不快そうに見ていた辺り、やはり濡れたタイツが気持ち悪かったようだ。

「制服は持ってきてね。後で一応乾燥機にかけておくから」
「わ、分かりました」

 そして己刃も、また後でね、と小さく手を振って自分の部屋に入った。
 彼女の部屋の扉には己刃の部屋と書かれた木製のシンプルなネームプレートがかけられていて、扉が閉まった拍子にからんと音を鳴らした。

「そうだ。忘れていた。二人共」

 一拍置いてからシャワー室に向かおうとしたところで、晶の部屋の扉が開き、顔だけを出した彼女に呼び止められる。
 朔耶が立ち止まって振り返ると千影もまた姿を現した。

「その、何だ。……ありがとう。逃げずに、助けてくれて。それと、だ。朔耶。嬉しかったよ。私を仲間と言ってくれて」

 晶は照れを誤魔化すような笑みを浮かべながら、頬を僅かに赤らめた。

「そ、それだけだ。ではな」

 そのまま恥ずかしそうに顔を引っ込めて扉を勢いよく閉める晶。

『え? え? もしかして、フラグが立った?』
「い、いや、そういうのじゃないだろ……多分」
『と、とにかく、シャワー室に行こ?』

 妙に慌てたような千影に背を押されながらシャワー室に入る。

「って、千影。一緒に入って来ちゃ駄目だろ?」
『あ、そそ、そうだよね。ごめんね』

 千影は顔を真っ赤にして、慌てて脱衣所から出ていこうとした。
 しかし、二メートル程離れたところで壁に阻まれたように進めなくなった。

『あ、あれ? 何だか離れられないみたい』

 微妙に浮かんだまま必死に足を前に出しているが、その場に留まり続けている。
 実に奇妙な光景だった。
 恐らく力の発生範囲に関係しているのだろう。
 晶の炎のように周囲二メートル以上に飛ばせないのは、千影の精神が朔耶の中にあり、切り離せる類のものではないからか。

『うーん、し、仕方ないよね。じゃあ、朔耶君の中に入ってるね』

 千影は諦めてその姿を消した。

『目、閉じてるから』
「あ、ああ。分かった。……って、ん? 千影、俺の中から見てたって言ったよな? なら、その、色々と、見たのか?」
『え? そ、そそ、そんなこと、ないよ。うん、ないない。本当だよ?』

 明らかに動揺して否定を重ねる千影。誰が見ても明らかな嘘だと分かり、恥ずかしさで顔が熱くなる。
 彼女の様子を見る限り、幻滅されるような行動はしていないと信じたいが、色々あってどんな言動をしたか逐一覚えていないので、変な振る舞いをしていないことを願うしかない。
 生活する上で変えようのない極プライベートな部分は、もはや諦めるしかないが。

「と、とにかく、入ってくるから。千影はちゃんと目を閉じててくれよ?」
『う、うん』

 微妙な雰囲気のまま、それきり千影は口を噤んでしまった。
 朔耶は千影が目を閉じていることを信じ、服を脱いでシャワー室に入った。
 とにかく手早く終えてしまおう、と思いながら。

「αφεσις」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く