話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

涙はソラを映す鏡

青空顎門

夢幻 心の残照

「この世界は貴方が生きてきた世界とは大きく違う。もう貴方の名前が意味を成さない程に。だから、貴方にこの世界で生きていくための新しい名前を私があげる。……なんて、ちょっと押しつけがましいよね。ごめんね」

 そこは暗闇が支配する夢に近い世界だった。
 より正確に言えば、夢と現の中間。
 覚醒直前の夢とも現実とも言えない狭間の世界だった。

「でも、よければ受け取って欲しいの。私から貴方への贈り物。私がここにいた証の一部として、その名前と共にこの世界で生きて欲しいの」

 そんな世界に誰かの声が響いていた。その柔らかな声質、優しい口調から、まだあどけなさの残る少女のものであることだけは分かる。

穹路きゅうじ。それが貴方の新しい、この時代での名前」

 しかし、それが一体誰の声だったのか、穹路には思い出すことができなかった。

「もうすぐ私は消えてしまうから、もう一つだけ、私の我侭を聞いてくれるかな?」

 それなのに何故か不思議な懐かしさを感じてしまう。
 記憶にないはずの彼女の、まるで春の日差しのように温かな微笑みを思い出す。
 そんな矛盾した感覚が穹路を包み込んでいた。

「私の名前を、存在を覚えていて欲しいの。……そのために貴方の中にそれを刻み込む私の勝手を、どうか許して」

 だが、この先の世界に彼女は存在しない。
 その意味するところが彼女の言葉通り、かつて存在していながら今はいないということなのか、それとも全てが穹路自身の生み出した夢幻なのかは分からない。
 だが、どちらにせよ、この先の世界に彼女は存在しないのだ。

「ウーシア。私の名前。そして、貴方が貴方であるために必要な力」

 この夜にも似た闇で覆われた世界は、穹路の孤独を象徴しているのだろう。
 夜とは、世界を照らしていた太陽が没した後に来る時間。あるいは、彼女の喪失をそれは暗示しているのかもしれない。

「この世界に目覚めた貴方は、もしかしたら強い孤独を感じてしまうかもしれない。でも貴方は決して独りじゃない。きっと彼女達が助けてくれるから。それに、何があっても私の想いだけはずっと傍にあるよ」

 しかし、ふと穹路は気づいた。
 この世界はまだ真の闇に包まれていないことを。
 たとえ太陽が地平線に沈んでも、世界にはあの温かさと優しい残照があることを。
 そして――。

「……あの子達に、よろしくね。穹路」

 穹路は微かに残る光に背中を押されるようにして、新しい世界に目を覚ました。

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く