話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

チート幼女とSSSランク冒険者

紅蓮也

第弐拾肆話 ギルド内は戦場と化す

「細かい説明するから緊急依頼に参加が決まった治癒魔法の使える冒険者と仮登録者は集まっるのじゃ。」
「それ以外の冒険者でギルドに用がない酒が飲みたいとかだけの奴は、帰るのじゃ。医療ギルドの方からここに人が来ることなっとる。」
「冒険者に怪我はつきものじゃが、ここは冒険者
ギルドで医務室はあるが治療を専門でやってるわけじゃないから利用したことのある奴もおるじゃろうから知っとるだろうが広くはないのじゃ。」
「じゃからギルドの広いスペースに怪我人を寝かせたり、座らせたりして治療を行う。」
「人も動き回るし、怪我人もどれだけ運ばれてくる詳しくはまだかわからん。余計な人間がいると治療の邪魔になるから怪我人が来る前に出ていくのじゃ。」

ギルマスの話を聞いて、緊急依頼を受ける者は一ヶ所に集まり、それ以外の冒険者は気になるだろうが邪魔するわけにもいかないので、ほとんどが帰っていった。

「緊急依頼参加者は全員集まっておるな。それでは早速説明を始める。」
「お前達は、ランクが低かったり、仮登録の者だから治癒魔法の使えるものを除き、直接治療に参加することはない。そちらは医療ギルドの治癒師や治癒魔法が使える冒険者に任せておけ、まずは治癒魔法の使える五人は、怪我が酷くない怪我人の治療にあたれ、残りの十五人は、怪我人に使う回復ポーションや増血剤、治療にあたっている治癒師達が使う魔力回復ポーションなど治療に必要なものを運び込んだり、治癒師達や怪我人に配ったりするのが役目じゃ、わかたったな。」
「まもなく医療ギルドの治癒師、その後に怪我人がやってくる。準備にかかるのじゃあ。解散 」

程なくして、医療ギルドから慌てた治癒師が五人やってきて、つい先ほど医療ギルドで今回の件とは関係ない多数の怪我人が運び込まれ、治療にあたらなければならなくなり、ベッドが満杯であることと、治癒師が五人しか来れなかったとの報告がされた。
その結果、怪我をした冒険者全員が冒険者ギルドに運び込まれることとなった。

「現地に向かった奴らには、その事は伝わっているのじゃな。」

「はい。冒険者が一人、医療ギルドにきましたので、その事を伝えました。」

「聞こえたと思うが、怪我人全員がこのギルドに運ばれることになったのじゃ。治癒師も少ないので、皆の負担が大きくなるが、精一杯治療にあたってくれ。」

三十人を超える怪我人が運ばれ、ギルド内に寝かされ、治療が開始された。
怪我の特に酷い意識のない人から順にギルド内に運び込まれ、怪我の酷い人を含めまだ怪我人は五十人以上、ギルドの外で待機している。

「こっちは終わった。次運び込んでくれ。」

「回復ポーションが無くなりそうだ。こっちに持ってきてくれ」

「あああ、早く治してくれ~」

「魔力回復ポーションをこっちに頼む」

「痛いよ~ 痛いよ~」

「回復ポーション持ってきました。」

「ありがとう ありがとう 死ぬかと思った。」

「腕が動かねえ~」

「てめぇ、俺の怪我ちゃんと治るんだろうな」

「これは酷すぎる。」

「他に怪我人がたくさんいるので今は礼はいいですから」

「治りますから安心してください」

「魔力回復ポーションです。」

「そっちは終わっている。こっちやってくれ」

色んなとこから様々な声が聞こえ、全員が治療するため、みんなが駆けずり回っており、ギルド内はまさに戦場と化していた。

実際は二時間くらいだったが、忙しすぎて、何時間たったかわからなくなってきた頃、やっと全員の治療が終わった。
幸いなことに死人や腕や足を無くしてしまう事になった人はいなかったけど、恐怖で冒険者を辞める人が十人くらい出たらしい。
治癒魔法では、腕や足の欠損は治せない治癒師さんたちが言っていた。
欠損は再生魔法じゃないと元に戻せないらしいのだが、百年以上前は使える人いたみたいだけど、現在再生魔法使える人は確認されてないとの事、百年以上前だからきっと、例の伯爵家の三男だろうな。

「疲れた。もうクタクタだよ。」

「予想外の事になってしまったが皆、お疲れさんじゃったな。」
「今日は皆疲れているようじゃから報酬は明日、渡すつもりでおるがどうしても今日受け取りたいという奴は、受付で対応するので、受付に行って受け取ってくれ」

「本当にお疲れさんじゃった。解散なのじゃ」

ほとんどが疲れて、明日の受け取りで、重い足取りで帰って行ったが数名は今日の受け取りを希望し、受付に向かっていた。

「私は、明日でいいや。でも疲れて動きたくないから少し休んでから帰ろう。」

「一緒に休んでいいかな? 私、アイラ 七歳 Gランクだよ。」

「別に構いませんよ。私は、アオイ 四歳 昨日登録したばかりのピチピチのHランクです。」

「ピチピチのHランクって何? 意味わからないこと言うね」

何w(゜o゜)w異世界では、ピチピチが通じないだとお・・・ 
驚愕・驚愕・驚愕サンシャイン
ヤバい疲れておかしくなっている。

「じゃあ、ここじゃあれなので、ギルド酒場で休まない」

あれってどれだ?どれどれどれどれ
これは、疲れて思考が完全におかしくなっているよ私。
ギャグセンス皆無だ。
疲れすぎて、アイラさんと話しながら
一人ボケツッコミを繰り返す私なのであった。

「チート幼女とSSSランク冒険者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く