話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

チート幼女とSSSランク冒険者

紅蓮也

第弐拾弐話 バイソン丼並盛つゆだく、生卵

お腹が空いた私は、ギルドに併設された酒場で注文することにした。

今日はもう一個、依頼受けたいと思っているのですぐできて、早く食べ終われてがっつり目のがいいな。

バイソン丼、丼ものなら早いね。バイソンって、牛の魔獣だよねたぶん、昨日、ヒューイットさんが食べてたキングバイソンって魔獣のステーキ、まんま牛ステーキだったし、日本の牛丼みたいな感じかな?
とりあえず、聞いてみるか。

「すみません。バイソン丼が気になっているですけど、どんな料理ですか?」

「おお、えらくちっこい嬢ちゃんだな。ガハハ」
「バイソン丼はな、バイソンって牛の魔獣の肉を適度な大きさに切った薄切りにして、オニオンと一緒に醤油、シュガー、ミリンとか入れて煮込んで、それをライスの上に載せたどんぶりって料理だぞ。」
「百年以上前に、伯爵家の三男が考えた料理なんだぜえ。三男だから家継げないから冒険者になってな、めっちゃ強くて、成人したばなりだったのにSSSランクになったって話だ。それで、冒険しながら色んな食材や調味料探したり、調味料が見つからなければ作り出したりしてな。口癖のように俺はどうしても食べたいかたらとかあれば便利だから存在しないならつくるだったらしいぜぇ。」
「今じゃあるのが当たり前にミソやショーユ、
ミリンとかの調味料やコンロ、レイゾーコ、
センタク機、スイセントイレ、あとは下スイドーの処理のしくみとか色々つくったりしたがその三男だったらしいな。」
「実家の伯爵家より格上の公爵様にまでなったらしいしな。」
「おっと、話が長くなっちまったな、で嬢ちゃん、バイソン丼でいいのかい?並、大盛、特盛とサイズが選べるぜ」

「はい。バイソン丼、並つゆだくで、あと生卵付けてください。」

「あいよ。できるまで空いてる席で待ってな。出来上がったら声掛けるからよ。」

これは、完全に牛丼だな。しかもその百年以上前の伯爵家の三男は絶対に日本人の転生者だね。間違いない。
転生して、日本で食べてたものが食べたくなったり、こっちの世界になかったけど便利だしってことで、地球にある家電とかを魔石使って再現しちゃったんだろうね。十五歳で一番上のSSSランクになったってことは転生特典でチート能力貰っているね。百年以上後に転移してきた私としては、伯爵家三男の転生者様様だね。
色々やりまくって実家より格上の公爵にまでなっちゃったのか・・・
なんてことを思いながら空いてた席で待っていた。

「嬢ちゃん、バイソン丼、並みつゆだく、生卵付きおまちぃ~」

呼ばれたので、バイソン丼を受け取りに行き、また元の席に戻った。

「見た目もまんま牛丼だな。 久しぶりの牛丼楽しみだ。」

私は、生卵を溶き、バイソン丼にかけて、牛丼(バイソン丼)を一気にかき込んだ。

「ああ、美味しかった。」

「普通の動物もいるのに料理に使われているのは、魔獣ばっかりなんだよな。」

「そりゃあ、魔獣は魔力が多いから肉が普通の牛、豚、鶏の肉より圧倒的うまいからだよ。」

「!!」

気になった事を口に出していたようで、後ろから急に答えが帰って来た。

「驚かしてごめんなさいね。私はソレイユよ。気になっていたようだからついね。」

「私はアオイです。そうなんですね。だから魔獣の肉ばかりなんだ。」

「普通の牛、豚、鶏の肉を買うのは、稼ぎがかなり少なくって、困っている人達だけね」
「まあ、不味くて食べられない魔獣や食べることのできない魔獣もいるけどね。」

「そうなんですね。美味しい方がいいですもんね。 」 

「そういうことよ。」
「冒険者なんかやっていると尚更ね。一匹と少数だったら何て事ない魔獣でも数が多かったりとか、自分の実力より強い魔獣に出くわしてしまったら怪我で済めばいいけど、簡単に命を落としちゃうことも当たり前のようにあるからね。」

「アオイは、みた感じからして仮登録期間かしらね。今は街中だけの依頼だけど、Eランク以上になると城壁の外での依頼があるからね。Eくらいだと城壁を出て、少し行った所にある森での薬草採取とか討伐依頼もゴブリンやコボルトくらいだけど、不足の事態は起きるから城壁の外はいつ命を落としてもおかしくない場所、それに、Dランク以上になると、護衛依頼で他の都市や街、国に行ったりとか、強い魔獣の討伐依頼もあるから更に危険度が増すのよ。」
「パーティーやクランでもさっきまで楽しく話してたのに、一瞬で仲間だった人が死ぬなんて、よくあることだから、アオイも忘れず、常に頭に置いて、冒険者続けていきなさいね。油断することなく、今言ったことをしっかりやっていたしても不足の事態は起きてしまうこともあるけどね。」
私ばっかり話しちゃってすまない。私は依頼人に会いに行かなくちゃいけないからもう行くわね。」

「はい。教えてくれてありがとうございます。依頼頑張ってくださいね。」

日本でさえ、平和な国とはいえ事故や火事、天災とかで急に命を落とすこともあるし、私も経験済みだけど通り魔などにあって殺され死ぬこともあるのだ。
この世界は天災あったり、犯罪者がいたりする以外に魔獣もいるのだ更に人の命が軽いのだ。
いつもスキルがあるから大丈夫と思ったりして、気を緩めていたけど、これからは気を引き締めなきゃと思った。ソレイユも仲間の死や自分が危険な目に何度もあったことあるのだろうだからまだ仮登録のアオイに助言をくれたのだろうと思いソレイユに感謝した。

しかし、アオイのスキルはそんなの関係ないくらいチートなのであるが、強その事をアオイが知るのは、もう少し先の話である。
そして、死を覚悟したソレイユの目の前に現れ
ソレイユを助け、仲間となり後に共に世界を救うことになることも・・・

「チート幼女とSSSランク冒険者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く