話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

チート幼女とSSSランク冒険者

紅蓮也

第拾捌話 落ち着けない

私は、ヒューイットさんに家(屋敷)まで、送ってもらった。

「着いたな。今日は色々あったし、家でゆっくり、休め。」

「ヒューイットさん、送ってくれてありがとうございます。色々、お世話になったので、お礼したいですし、うちで少しゆっくりしていきませんか?」

「そういうのは、いい。大人が困っている子供の手助けをするのは、当たり前のことだ。」 
「だから、アオイは気にするな。ありがとうって言ってもらったからな、その礼の言葉だけで、充分だ。それにこの後、ちょっと予定があるからな。」
「アオイも家まで送り届けたし、俺は帰るよ。 」

「わかりました。予定があるなら仕方ないですしね。」
「ギルドで会ったら、また色々教えて下さいね。」

「おお、わかった。それじゃな。俺は行くわ。」

「はい。さようなら。」

帰って行くヒューイットさんを見送ってから、私は屋敷の中に入っていた。

玄関の扉を開け、屋敷の中に入ると、こういう屋敷には、ありがちな美術品などが飾られていることもなく、というか何もなく、絨毯は敷いてあるけど、空き家って感じだ。
まあ、あったらあったで更に貴族って誤解が加速するから、このままでもいいけど、何か寂しいし、殺風景だからそうのち、何か考えよう。
自分にはよくわからないから、誰かに聞いてみよう。

「ヒューイットさんを家に誘ったけど、断ってくれて、良かったのかもな。」
「私も今日初めて家を見たから、中がどうなっているかわからなかったわけだし、どこに何があるかもわからないから、おもてなしするにしてもあたふたしちゃっただろうし、そうしたら変に思われちゃっただろうしね。」

「じゃあ、部屋やキッチン、そして楽しみなお風呂とか見に行くかな。」

そして、私は、色々屋敷内を見て回った。
簡単に説明すると、
玄関ホールは吹き抜けにやっており、簡単な訪問の対応ためなのか、そのため椅子など応接セットがある。
キッチンは広いことを除けば、日本と同じ感じの
システムキッチンって感じだった。
スイッチもないし、押してもないのに、屋敷に入ったら照明が着いて明るくなったし
、コンロの火もちゃっと着いたけど、ガスじゃないみたいだし、水もちゃんと出たし、冷蔵庫も日本のような感じではないけどちゃんとあったし、電気が通ってる感じではないのに冷蔵庫内は冷えていた。その辺はあとヴィーナにまとめて聞いてみよう。
お風呂は予想通り、広々としていた。これは入るのが楽しみだ。サウナは無かったけど・・
二階に寝室もそれなりの数あり、各部屋や各部屋のクローゼットは広かったし、ベッドも大きかった。
他にも応接室など色々あったが説明はこのくらいにしておこう。

屋敷内を見て回った私は、二階の気に入った一室を自分の部屋にすることにして、ベッドに寝転がった。

(ヴィーナ、この屋敷の照明とかコンロとか冷蔵庫とか、火や水とか、どうなっているの?)

(は~い♥️ 呼ばれて、飛び出ず、ジャジャ~ン)

ヴィーナが、どこかの大○王に似た事を言ってきた。まあ自我はあっても、肉体はないから飛び出る事は、出来ないわな。

(照明、コンロの火、キッチンなどの水、冷蔵庫内を冷やしたりとか、あと生活排水の汚水の処理は魔石で賄っているのよぁ♥️)
(
(魔石か。異世界っぽいね)

(でしょ、でしょ。異世界来たぜぇって感じでしょ♥️)

色々見て回ったり、わからないことをヴィーナに聞いたりしたけど、日本の一般家庭で暮らしていた私からすると、部屋も多すぎるし、広すぎるし、
ベッドが大きいのとクローゼット、お風呂が広いのは嬉しいけど、掃除が大変だな。
コンロの火や冷蔵庫、照明、キッチンやお風呂、
トイレなどの水などは異世界らしく魔石で賄っているらしい。

「こんな屋敷で一人で暮らすとか・・・寂しさを感じる・・・それに落ち着かない。話し相手になりそうなのはおネエキャラのヴィーナだけから、疲れて、尚更、落ち着けない。」

(失礼しちゃうわね(怒))

(!!)

おお、愚痴ってたら、ヴィーナが失礼だという声が聞こえた。

「チート幼女とSSSランク冒険者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く