話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

チート幼女とSSSランク冒険者

紅蓮也

第拾参話 私からの提案 ヒューイットさんの悪巧み(後編)

《ヒューイット》

「 おぉ、アオイのやつ、困ってる、困ってる。ニヤニヤ」

「ヒューイット、お前って奴は、あんな小さな子が困っているのに、直ぐに助けに行かず、ワシの部屋に来て、モニターで子供が困っているのを観て、
ニヤニヤしているとは、最低な奴じゃなぁ。」
「それでも、お前は最強のSSSランク冒険者かぁ。」

「シルティー、ランクは関係ないだろうランクは」

「シルティーと呼ぶでないといつも言っておろうが、ワシは、ギルドマスターじゃぞ。」
「それにSSSランクの冒険者は世界に五人しか、おらんのじゃ。その中でもお前は、最強と言われている男なのじゃ。関係ないわけがないじゃろ。関係大ありじゃ。」

「このままじゃ、シルティーの面倒な説教が、始まるから、そろそろいくかな。」
「シルティーも一緒に行くでしょう?」

「お前が悪いのに、面倒な説教とはなんじゃ。勿論、行くのじゃ




▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽




《アオイ》

「ぐだぐだ言わずに俺様に従えばいいだ。こっちに来い。」

ゾルゲっていうチンピラ冒険者は、私を無理やり連れて行こうと、腕を掴んでこようとしたので振り払った。

「いてえじゃねえか。ガキが調子に乗りやがって、おい、テメエらこのガキを押さえつけろ。」

あぁ、さっきは助けてくれたミーナさんも、ビビっちゃって、今回は助けてくれそうにないな。中堅くらいだと、貫禄があって、冒険者相手でも物怖じしないのかもだけど、ミーナさんはまだ新人なのかな?
だから、冒険者にも甘くみられちゃっている感じなのかな。

「おい、そこまでだ(じゃ)」

ジジイ言葉の女の声と聞き覚えのある男の声がした。
声がした方を見ると、大きめの帽子を被った見知らぬ女の子とヒューイットさんが立っていた。

「「「ギルマス!! 」」」「それにヒューイットまで!!」

「俺たちは何もしてねぇぜ。このガキが、「黙れ、いいわけは聞かん、嘘をついても無駄じゃあ」

ヒューイットさんと女の子の組み合わせだったので、ギルマスって驚いた声がして、ヒューイットさんがギルマスなのかと思っちゃったけど、そのあと、ヒューイットさんの名前が出たから、女の子の方がギルマスだと、わかったんだけど、私よりは大きいけど、八歳くらいの見た目の女の子がギルマスだなんて、驚きだ( ゜Д゜) 見た目に反して何故かジジイ言葉だし(笑)
ゾルゲは、嘘で誤魔化そうとしたみたいだけど、いいわけする前に、ギルマスに喝破された。

それにしても、ヒューイットさん何で二階にいるの?

そして、ゾルゲたちは奥の部屋へと連行されていった。ざまぁ
ヒューイットさんが二階から降りてきて、連行されるゾルゲに耳打ちしたら、ゾルゲが真っ青な顔をして、そしてヒューイットさんはニヤリと悪い笑みを浮かべていた。
ギルマスとヒューイットさんの登場で、トラブルも解決したし、これで無事に仮登録のできるな。

ヒューイットさんが、私の方に近づいてきた。

「なんで直ぐに、助けに来てくれなかったんですか(`Δ´) 絡まれたのに後から来ると言っていたのに、周りみてもヒューイットさん見当たらないし、何故か二階から現れるし、ちゃんと説明してくれるんですよね。」

「わるかったって、さっき連行されて行った奴らな、色々問題起こしていて、あと一回もし何かやったら、ギルドカード没収することを奴らに伝えずにギルドの上層部が決定してな。奴らも何となく勘づいていたみたいでな、何か悪さしてたっぽいんだけど、ギルドで調査しても証拠も目撃者もみつからなくってな。」
「それで、アオイが冒険者ギルドに仮登録に行きたいと言い出したから・・・」

「子供で、しかも見た目も周りの人たちと違って、目立つから私を囮に利用したと(`Δ´)」 

「大正解。」
「怖い思いさせて、本当にすまなかった(^.^)(-.-)(__)」

「わかりました。今回は許します。次はないですからね。」

「肝に銘じます。」

「そうだ、シルティーがお前と話がしたいってさ。」

「シルティー? 誰?」

「ギルマスだ。ギルマス。」

「あぁ、あの女の子。私よりは大きいけど、年は八歳くらいだよね。子供なのにギルマスなんてスゴいねぇ。」
「冒険者ギルドは仮登録の年齢制限ないし、規定のランクに昇格すれば本登録もできちゃうから、あっという間にどんどんランクアップしていき、実力とか色々と認められて、子供なのにギルマスになれたんだね。」
「私も、仮登録済ませて、どんどんランクアップして、はやく本登録できるように頑張らなくっちゃ。」

私がそんなことを言っていると、口を押さえ、笑うのを堪えながら
「まぁ がぁ ぶふぅ が ぶふふ が 頑張れ ぶふふぅふ よ。」 
とヒューイットさんに言われた。

笑うのを堪えながら頑張れって、失礼じゃないかな私には無理だってバカにしてるの~(o・`Д´・o)!!

「じゃあ、シルティーのとこ行くか。仮登録もそこでしてくれるってよ。」


実は、もう二つくらい提案したい事があるのだが、それは、ヒューイットが冒険者として、どんな感じで、活動しているのか聞いてから提案してみようかと私は思っている。  

「チート幼女とSSSランク冒険者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く