話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

アルケミストの恋愛事情

ねんねこ

09.香水と惚気会話

 苦戦をしながらも、シノとグレアムの立ち回りは実に堅実だった。危険に晒されている方を庇いながら、攻撃の集中化を避け、時にはあまり効果の見られない反撃に転じる。とにかく入れ替わり立ち替わりしながら、大怪我を避けての動き。
 簡単な言葉で形容すれば、互いに助け合い、協力し合う関係性。相手の弱点や苦手を完全に網羅し、それらを補い合う様は見ていて羨ましささえ覚える程だ。
 ――何だかこういうの、良いなあ。私が求めているのは、こういう事なのかもしれない。
 脳裏にアロイスの姿が過ぎる。しかし、どうしてもあの立派な騎士の隣に並ぶ自分の姿は想像出来なかった。恐らくそれが全てなのだろう、現状の。


「加勢します! お怪我はありませんか!?」


 ヒルデガルトの声で我に返る。彼女は短くそう訊ねると、一直線に巨大なエアフィッシュもどきへ向かって行った。続いてナターリアも巨大魚へ殴り掛りに行く。


 戦闘民族達がやって来たのを見て、戦線を離脱したグレアムとシノが代わりにメイヴィスへと近付いて来た。2人は掠り傷や擦り傷こそ見られるものの、何か致命的な怪我は負っていないようだ。


「シノさん、グレアムさん、大丈夫でしたか?」
「あら、心配してくれたの? 大丈夫よぉ、ちょっと全身が生臭くなったけれど」
「本当だよ。くそ、魚のくせに骨の折れるやつ」


 冗談めかして言うグレアムに対し、シノは自身の衣服を臭いながら不快感を露わにしている。大輪の花が咲いていようが何であろうが、魚が生臭い事に代わりはないようだ。


 2人の心配もそこそこに、今まさにボス級のお魚とバトルを繰り広げているナターリアとヒルデガルトに視線を移す。彼女等は役割分担を本能で分かっているらしく、連携が非常に上手だ。
 それは経験則に基づく、最も効率的な動きをしているからに他ならないだろう。エアフィッシュの大味な攻撃など、彼女等には掠りもしない。


「騎士と獣人か、助かるな。やっぱり人間よりああいった奴等の方が強いわ」
「そうねぇ、助かるわ」


 少し疲れた顔をしたシノ達がぐったりと溜息を吐き出す。彼等はあの巨大魚に対して決定打を与える事が出来ずにいたようだ。


「というかメヴィ――」


「っしゃオラァッ!!」


 シノが何か訊ねようとしたところで、やけに男らしい勝ち鬨が鼓膜を打った。驚いてそちらを見ると勇ましいポーズをしたナターリアが拳を掲げている。その足の下には、生臭さを撒き散らしてボテッと地面に落ちている巨大魚。
 どうやらトドメを指したのは彼女の拳のようだ。掲げられた拳は真っ赤に輝いている。魔物の返り血で。


 うわ、とシノが心底引いた声を出す。隣のグレアムもまた苦笑しているが、助けられたという自覚はあるのかそれ以上のコメントはしなかった。


「やや苦戦しましたね、ナターリア。ですが救援が間に合って良かったです、危うく怪我人が出るところでした」
「ま、あたしの拳に掛かればこんなもんでしょ」
「頼もしい限りです」


 麗しい脳筋達の話に聞き耳を立てていると、なあ、とシノが口を開く。そういえば、先程何かを言いかけていたようだった。


「あ、何でしたっけ?」
「いや、ちょっと生臭さで鼻が曲がりそうだから臭いを消せるアイテムとか持ってないかと思って」
「臭いを消すアイテムは生憎品切れ中ですけど、臭いを上書き出来る香水系のアイテムなら幾つか。何の匂いが良いですか?」
「え? 逆に何があるの?」


 はいはーい、とグレアムが手を挙げる。


「シノにはプラティ・ラパ系の香水、アタシにはラベンドル樹系の香水が欲しいわ」
「詳しいですね、グレアムさん。勿論、私個人の調合にはなりますけど近い物はありますよ。オリジナルブレンドになっちゃいますけど、良いですか?」
「良いわよぉ。女の子の香りのセンスは基本的にとっても良いもの! メヴィちゃんが良いと思って作ったのなら期待が持てるわ!」
「いやあ、依頼の残りなんですよ。私は香水ってあまり使わなくて。どちらかというと、錬金術後の消臭スプレーしか使わないです。お陰様でそのスプレーも今、品切れ中なんですけどね」


 黙って事の成り行きを見守っていたシノが目を細める。


「ねえ、なんで私のはプラティ・ラパ? とかいう香水なのさ」
「そんなの、アタシが好きな匂いだからに決まっているでしょう?」
「じゃあ、お前が付ければいいじゃん。グレアム。そんな地味な木の匂いなんか付けなくても」
「アタシはこのラベンドル樹好きよ。でも、プラティ・ラパはアナタに付けて欲しいわぁ。きっと似合うもの」


 ――なんかこれ、惚気始まったのでは?
 そう思いはしたが、微笑ましさもあったし、何より割り込める空気では無かったのでメイヴィスは淡々と指定された物を用意した。



「アルケミストの恋愛事情」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く