話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖獣として異世界召喚されました!?

ゆなか

39

「ん……。ママ?」
集団お見合いを終えた次の日。
朝食を終えた私が自分の部屋に戻ると、ベットから起き上がったルーカが瞼を擦っていた。
ルーカは自分で言った通りに、数日間眠り続けていたのだ。


「おはよう。ルーカ」
私はルーカの元に寄って、そのモフモフの身体をギュッと抱き締めた。


……幸せだー。何という幸せ。こんなに幸せな事があって良いのか!!
モフ……モフモフモフ……。
私はそのモフモフに顔を埋めながら瞼を閉じた…………。


「マーマ!」
「痛っ……。あのー、ルーカさん……?」
ペチンとルーカに顔面を叩かれた。


顔面って急所なんですが……ルーカさん。
ママはこのままルーカのモフモフに包まれながら、もう一眠りしたかったのに……。


叩かれた顔面を押さえながらルーカを上目遣いに見ると、
「調べたいことあるんでしょう?」
ルーカらプウッと頬を膨らませた。


……そうでした。そうだよね。


集団お見合いだーとか何だとかで、すっかり忘れ去ってしまっていた。


ルーカからバッチリ正論を返されて全てを思い出した。


「……はい。ごめんなさい」
私はベットの上で正座をしながらルーカに向かって素直に頭を下げた。


私が調べたい事は、四代目の神子と記憶に残らない女性の事。
そして、この二人の関係性や因果関係だ。


「えーと、どうしよう?図書館に……行く?」
この国の五大神官の内の一人である敬虔な変態のクラウディスは、図書館には四代目神子の手がかりは何も残っていないと言っていた。
だけど、他には思い付く場所がない。
クラウディスに聞きに行くのは……ちょっと勘弁したい。
ルーカも一緒にいるから、騒々しさが増しそうだしね……。


「うん。そこでいいよ」
「良いんだ……?」
ルーカがあまりにも簡単に、あっさりと言うものだから……私は思わずポカンと口を開けてしまった。


ルーカを信じていないわけではない。
しかし、ルーカは神によって作られたばかりの……生まれたばかりの守るべき存在なのだ。
しかし、神は……『ルーカに聞け』と言う。


生まれたばかりでも流石は神の造った幻獣か……。ならば、ルーカの言う通りにしてみようじゃないか。




****


と、いう事で図書室にやって来た私とルーカ。


「いらっしゃいませ」
そんな私達を迎えてくれたのは、ツヴァイさんと無事に婚約をしたアイリーンさんである。


幸せオーラが身体中から溢れている……。
くっ……。リア充め……!!この複雑な気持ちはツヴァイさんで晴らしてやるんだから……!!(オイ!)


なーんて、冗談はおいとこう。
一度ボケなければ気が済まない私も大概だが……色々と考え込むよりは良しと思って頂きたい。


「資料室お借りしまーす」
私は手に持っていた資料室の鍵をアイリーンさんに見せた。


「はい。かしこまりました。何かありましたらお申し付け下さいね」
「ありがとうございます!」
ニッコリと微笑むアイリーンさんに手を振りながら、奥にある資料室の方へ向かった。


ガチャリと鍵を開けて中に入ると、古い紙と濃いインクの匂いがした。


「ねえ、ルーカ。四代目神子関係の資料がどこにあるか知ってる?」
前回、クラウディスと一緒に半分だが、私自身の目で確認をしている。
確認していないのはもう半分側だが……そこから見つかる気がしない。


『時は金なり!』という事で、早々に白旗を上げてルーカに協力要請してみた。


「うん。ココにあるよー」
「え?!あるの!?」
ルーカに振ったのは自分だが……こんなにあっさりと返事がくるとは……。


「因みにどこに……?」
「えーと、あそこー」
「……あそこ?」
ルーカの見る方を辿った私は、天上を見たままで固まった。ルーカがジーッと見ているのは天上に描かれた絵なのである。


私にはただの『最後の晩餐』を模写した様な絵柄の描かれた天上にしか見えないが、まさか隠し扉がそこに……あるとでも?


「ルーカ、どこ?ちゃんと教えて」
「ママ、見えないのー?あのテーブルの上にある黄色いお花の所ー」


……黄色い花?
ルーカが言っているのは黄色の百合の事だろうか。黄色の百合とは珍しい。
描かれるならば、もっと薔薇とか、百合は百合でも白色じゃ…………。


……ってちょっと待って。
黄色の百合の花言葉って……何だっけ?


百合は色事に違った花言葉を持っていたはずだ。
白い百合は確か……『純粋』とか『無垢』。
だから結婚式の花としても使用されていたんだ。


赤い百合は『虚栄心』で、黄色の百合は…………そう『偽り』だ。
偽り?偽りの黄色い百合の絵に何が……?


私は、天上をめがけて羽ばたいた。


天上近くまで飛び上がると、下で見ていたのとは違う絵柄に変化をしていた。
今、私の目の前に描かれている場面は……『断罪』だ。


……空間が歪められている?
それでも、黄色い百合は変わらずにその場面にも描かれていた。
私は、その黄色の百合の絵に向かって手を伸ばしてみた。


すると……。
「ルーカ!ここに、扉みたいのがあるよ!」
絵の部分に段差の様な隙間を見つけた。


「ママ。それを開けて」
「ええと……これを開いたら、中にある物が落ちて来たりしない?」
「うん。大丈夫だから開けて」
ルーカには『大丈夫』と言われたが、私はそーっと慎重にその扉を開いてみた。


「へっ……?」
そして、目が点になった。


一冊の分厚い本が、まるで重力など存在していないかの様に、プカプカとその空間内に浮いたからだ。


…………。


浮いている本に手を伸ばすと、バチンと静電気の様な何かに手を弾かれてしまった。


……恐らくは結界が張られているのだろう。


一体誰が?
私が思い当たるのは『神』だけだが……。


何の確証があるわけでもないが、私は神の仕業だと悟った。


四代目の神子に、色々な意味で触れる事が出来ない神が、誰にも触られる事の無い様にに隠した。


何の為に?
……それは正直分からない。


だって、私はこの世界も、この世界の神達の事もまだほとんど分かっていないのだから。
だから、取り敢えずは目の前に浮かぶ本の結界を解いて、その中身を読む。話は多分それからだ。


私はスーッと大きく息を吸い込んだ。
触れただけとはいえ、聖獣わたしの力を弾いたのだ。
少し気合いを入れなければならない。


私は結界に向かって、自身を『融合』させる様な感覚で触れた。
パチンと軽く弾かれた感じはするが、先程までの様な強い感覚ではない。
私はそこから更に『融合』の感覚を高めた。
そうして少しずつ中に侵入していくと、まるで指先がぬるま湯に浸かっている様な感覚に変化した。


……入った!!
私は一気に『万能』の力を流し込んで、結界の内側から魔力を爆発させた。


……やった……のかな?
恐る恐る本をつつくと、重力を取り戻した本が一気に急降下した。


……なっ!!
慌てて本を追い掛けた私は、床に落ちるギリギリの所で無事にキャッチする事が出来た。


……こうなるならば、前もって言っておいて欲しかった。
心臓に悪すぎるよ!!


床に降りた私はガックリと肩を落とした。


「ママ……大丈夫?」
ルーカが私の元に近付いて来る。


「うん。少し驚いたけど……もう大丈夫だよ」
私はルーカの頭をゆっくりと撫でた。


「この本に私の知りたい事が書いてあるのかな?」
「うん。四代目神子の事はここに全部書いてあるって」
「神様がそう言ったの?」
「そうだよ」


……神め。
話せずとも、この部屋に四代目の本がある事を、ジェスチャーでもなんでも良いからあの時に教えてくれたら……。


「ルーカ。この本はここで読んだ方が良いのかな?」
「んーん。持って行っても大丈夫だよ」
「そっか。じゃあ、部屋に戻ってゆっくり見ようかな」
「分かったー!そうしようー」


私とルーカは、二人分の昼食を厨房で用意して貰ってから部屋へと戻って行った。

「聖獣として異世界召喚されました!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く