話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖獣として異世界召喚されました!?

ゆなか

32

…………見られている?


誰かに見られている様な視線を感じた私は、まだ重い瞼に力を入れて瞳を開くと……。
丸く大きなヴァイオレット色の双眸が目の前にあった。


……綺麗な瞳。
私はボーッとその瞳を眺め続けた。


どの位、経っただろうか。


「ふふふっ」
パチパチと可愛い瞬きを繰り返していた双眸が、笑い声と共に細められた。


…………あれ?!
私はカッと瞳を見開いた後に、数度瞬きを繰り返した。


「おはようございます。唯様」
まるで鈴を転がした様な澄んだ可愛い声。


「……ミーシャ姫?」
どうしてミーシャ姫がここにいるのだろう……?そう首を傾げる途中で全てを思い出した。


……そうだ!
昨日はミーシャ姫のベッドにお邪魔をして、そのままお泊まりして行ったのだった。


「お、おはよう!ミーシャ姫!」
社会人として……大人としてダメダメだな私!


「ふふっ。唯様が一緒に寝て下さったので朝までぐっすり眠れました」
ニッコリ微笑むミーシャ姫。


「あれ……?昨日、もしかして起こしちゃった?」
起こさない様に気を付けたつもりだったんだけど……ミーシャ姫は、私が侵入した事に気付いていたみたいだ。


「お気になさらないで下さい。元々、私の眠りは浅いのです。でも、昨日はそのお陰で唯様のを堪能させて頂きました」
「そうなの?」
「はい。素敵なもふもふでした」


ま……まあ、ミーシャ姫が喜んでくれたなら良いだろう!


「お邪魔しました」
起き上がった私は正座をしてペコリと頭を下げた。


「お気になさらずに。……もし、唯様がよろしければ……また一緒に眠って下さいますか?」
……おっと!!
私の中の何かがズキュンと撃ち抜かれた気がする。


「はい!喜んで!!」
「……良かった。嬉しいです」
あーあーあー……。ミーシャ姫が可愛すぎる……。
こんな可愛い子が妹だなんてジルも心配だろうな。


私はミーシャ姫をギュッと抱き締めながら、頭をナデナデした。
『私の妹が嫁に欲しくば、私を倒せ!!』とか言ってみたい。


そんな勝手な妄想をしながらミーシャ姫と朝食を取った私は、昨日の事は敢えて説明をしないままに部屋を出た。
ミーシャ姫の部屋や以前に渡したお守りには、彼女を害する物を弾く結界をコッソリ張ったから、一先ずは安心だろう。


この間に、あの女性の事を調べなければならないが……。


さて、どうしたものか。
相手の行動範囲を知りもしないのに、この広い王城の中を当てもなく歩き続けるのは得策ではない。
すれ違いもせずに終わるパターンになりそうだ。


罠を張る? いやいやいや。罠は何にするのだ。
これはあの女性が誰か分かってからでも充分だろう。


聖獣なんてやってるけど、この世界の事も……王城の中の事すらしらないんだよね……。
こんなんで聖獣を名乗ってて良いのかな。私。
しょんぼりしながら歩いていると……


「あれ?良い匂いがする!」
厨房とは反対側の方から、砂糖を焼いた様な甘い匂いがしてきたのだ。
私はその匂いに釣られるままに駆け出した。




*****


あれ?こんな所に売店……?
私は小さく首を傾げた。


図書室の外側の……騎士団の宿舎の裏側にひっそりと建てられた小さなお店。
騎士団の建物の方には何度か来た事があるが、こんな場所があるなんて初めて知った。
先ほどの良い匂いは尚もこのお店から漂って来ている。


ひっそりしてても騎士団の近くだし、こんなに良い匂いしてるのに不思議な事にお客さんがいない?


「……こんにちはー」
そっと中を覗くと……


「……はあ?」
綺麗な若いお姉さんに睨み付けられた。


ああ、成る程……。
私は瞬時に事情を察知した。


……この人、接客舐めてんのかな。
私は久し振りにカチンときた。
『お客様は神様』だなんて古い事は言わないが……客商売には愛想が必要でしょうが!!


「ここは何のお店なんですかー?」
私は敢えて笑った。
嫌な事があったからと言って、顔にそのまま出すようでは接客のプロとして失格だ。
そして、私には接客のプロだというプライドと自信がある。


「見て分かんないわけ?」
「へー、色々な物が売っているんですね-」
「…………」
「わー!美味しそうな焼きたてのラスクがあるー!」
「…………」
私を一瞥したっきり、完全無視の体制に入り……あまつさえ客が目の前にいる状態なのに、本まで読み出した。借りこの人が口下手ならば、口下手なりのやり方がある。
それをしないという事は、お客さんを下に見ている証拠だ。


「そんなだから、お客さんなんて来ないんですよ」
私はニッコリ笑いながらケンカを売った。 


……まだまだ私も若かったらしい。

「聖獣として異世界召喚されました!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く