話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖獣として異世界召喚されました!?

ゆなか

30

シーカに部屋まで送ってもらった私は、ルーカの眠るベットに静かに転がった。
ルーカはスヤスヤと寝息を立てていて、起きる気配は少しもない。


……私はルーカと答え合わせをしたかったのだが、それは今は叶わない様だ。
代わりに神に話し掛けてみる?
……あ、クラウディスに神の名前を聞くの忘れてた。
まあ、その内に本人に尋ねる機会はあるだろう。


ベットの上の転がっている私は、高い天井に向かって手を伸ばした。


浄化はしたけど……まだあの黒いモヤがまとわりついている感覚がする。
じわりじわりと中に侵入されている様な不快さに、私は伸ばしていた手をギュッと握り締めた。


あの女性は……一体何者なのだろうか?
微かに思い出せるのは、ニッと横に歪んだ赤い唇だ。


……恐らくあの女性は『四代目の神子』と何らかの関わりがあると、私の中の勘が告げている。
まさか本人じゃないよね?ハッキリとは覚えてはいないが、若かった気がする。


彼女の狙いはなんだろうか?
まさか……ミーシャ姫?
私がミーシャ姫の黒い鎖を断ち切ったから……?
いや、でもまだミーシャ姫の前には姿を現していない……よね?
誰からもそんな話は聞いていない。
…………誰も気付いていないだけだったら?


あの赤い唇を想像しただけで、私の全身からサーッと血の気が引いた。


……駄目だ。気になる。
私はベッドから飛び起き、そのまま急いでミーシャ姫の部屋に向かった。




****


「ミーガルド様。どうなさったのですか?姫様はもうお休みになっておられますよ」
ミーシャ姫の部屋の前で侍女さんに声を掛けられた。


「そうですよね……」
シーカ達と飲んでたから意識していなかったが、もう夜更けなのだ。
12歳のミーシャ姫はとっくに眠っている時間だった。
……何も考えずにここまで勢いで来てしまった。


せめて一目だけでも顔が見たかったのだが……


「それは……私には判断しかねます。また明日おいでいただけませんか?」
申し訳なさそうに眉を下げる侍女さん。


そうだよね……。だってこんな時間だもんね。
「分かりました。ご迷惑をおかけいたしました」
私はあっさりと引いて、頭を下げた。


仕方無い。出直そう……。
私は元来た通路を引き返す事にした。




「唯?こんな夜更けにどうした?」
とぼとぼと通路を歩いていると、背後から声を掛けられた。


「……ジル!ジルこそどうしたの?」
「私は父と話していたらこんな時間になってしまったんだ。唯はクラウディス神官長達と飲みに行ってたんだよな?」
「うん。さっき帰って来たんだけど、気になる事があって……」
「気になる事?」
「ええと……急にミーシャ姫の顔が見たいなーってなったの」
……苦しいが、嘘は言っていない。
下手な事を話してジルを心配させたくはない。


「……ミーシャの?まあ、この時間は眠っているから話せないだろうけど、顔は見れたんだろう?」
「んーん。ミーシャ姫は眠っているから明日に……って侍女さんに断られたから」
「断られた?しかも……この時間にミーシャの侍女が部屋の前に……いた?」
「そうだよ?」 
訝し気に眉間にシワを寄せるジル。


「何かおかしいの?」
私は首を傾げた。
ミーシャ姫は王女様なのだから、夜更けに侍女さんがいてもおかしくないと思うのだけど……。


「ミーシャ付きの今の侍女達は、子持ちの者が多いから夜は下がるのが早いんだ。代わりに古くから仕えてくれている専属侍女が一人、ミーシャの側にいてくれる」
「……え?」
「その侍女はどんな顔をしていた?」


顔……?
ジルにそう言われた私はドキッとした。


だって…………覚えてない!!
心臓が一際大きく跳ねた気がした。


「唯!?」
ジルが驚いた様な声を上げたが、私は構わずに急いで飛び出した。


二回目なのになんで気付かなかったの!?
私は何の為の聖獣か……!


冷や汗が全身を伝う。


ミーシャ姫、お願いだからどうか……無事でいて!!


必死で背中の羽を羽ばたかせ、ミーシャ姫の部屋に辿り着くと、少しだけ遅れてジルも到着した。
「こんなに急いでどうしたんだ!?」
ジルの息が少しだけ乱れている。


「話はちょっと待って!ミーシャ姫が先!!」
私は、ミーシャ姫の部屋の扉に手を掛けて、そのまま開いた。
部屋を開けると、すぐにポカンと驚いた様な顔をしている侍女さんと目が合った。


「……え?どうなされたのですか?」
顔だけ出るローブを身に付けた侍女さんは、私とジルを交互に見ながら尋ねてきた。
この侍女さんの事はちゃんと覚えている。私が初めてミーシャ姫の部屋に来た時にいた人だ。確か……名前は……『ユーリア』さんだ!
それだけでも少し安心したが、無事を確認出来なければ……。


「ミーシャ姫は?」
「ミーシャ様は眠っていらっしゃいますよ?」
「少しでも顔を見たいのですが……」
「……分かりました。何か訳ありの様ですね」
ユーリアさんはあっさりと頷いて、私を奥の部屋に通してくれた。


そこには、血色の良い顔でスヤスヤと眠るミーシャ姫の姿があった。


…………良かった。
私は心の底から安堵した。


念の為に、ミーシャ姫の身体を見てみたが、黒いモヤがまとわりついてる気配はなかった。
私は更に安堵の溜息を吐いた。
あまり側にいるとミーシャ姫が起きてしまうかもしれないので、私は早々にミーシャ姫の寝室を後にした。


そして、ミーシャ姫の寝室から出て来た私を待ち受けていたジルが、有無を言わせずに私をソファーに座らせた。


「事情を話してもらうぞ」
少し怖い顔をしているジル。


……こうなったら話さないわけにはいかないよね。




私は、ジルとユーリアさんにこの場で事情を話す事に決めた。

「聖獣として異世界召喚されました!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く