話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖獣として異世界召喚されました!?

ゆなか

13

 シーカに連れて来てもらった神殿。
 その外観は私が最初に持ったのイメージと一緒で、ギリシャ神話に出てきそうな白い石造りのシンプルな造形。
 だからこそ、私はその中に入って驚いた……。


 外観のシンプルさとは相まって、神殿の中は何というか…………壮大だった。
 何が壮大かって……それは、室内の壁中にあしらわれた色とりどりのステンドグラスだろう。
 日光が差し込んだ室内は、まるで万華鏡の様にキラキラと輝いている。
【税を尽くした建物】と言っても過言ではないだろう。
 無宗教の私が口を出すべき事ではないのは充分に理解しているので、『綺麗だなー。凄いなー』と思うだけに留めておく。


 唯のいた世界ではキリストが描かれていたであろうステンドグラスには、知らない男性が描かれていた。
 ……恐らくは、この男性がこの世界の神様なのだろう。


 ……という事は、私はこの神様によって召喚された事になるのか。


 むむっ……。
 なかなかのイケメンじゃないか。
 ちょっとだけ複雑な気持ちになった。
 許せる様な……許せない様な…………。
 いや、許さないけどね!?


 ステンドグラスに描かれた神と睨めっこをしていると……。


「やあ」
 私の背後から誰かに声を掛けられた。


 振り返った先には、白いローブを纏った髪の長い若い男性がいた。


 ……誰?


 着ている服装的に彼が神殿の関係である事が分かるが……私にはその男性から気安い感じに声を掛けられる覚えはない。……初対面だ。


 因みに……シーカは幼なじみのクーちゃんを探しに行っていて、ここにはいない。
 暇な私だけ一足先に聖堂に来ていたのだ。


「ええと、こんにちは?」
 取り敢えず、挨拶を返しておく。
 今はこんな姿だが、元々は挨拶に厳しい日本の社会人だったのだ。
 知らない人とはいえ、『どこで繋がっているか分からないので、無難にこなしてしまおう』と、いう社会人スキルが発動した。


「元気そうで良かったよ」
 そう……にこやかな笑顔で言われるが……私は益々意味が分からなかった。
 この男性には全く心辺りが無かったからだ。


 私の身の上を知っているかの様な口振りに警戒を強める。


「あの……どなたですか?」
 思わず一歩後退ると、目の前の男性は苦笑いを浮かべ……


「ああ。そうか。ごめんねー」
 ガシガシと頭を掻きながら謝罪をすると、衝撃的な一言を放った。


「どうもー。僕は君を召喚した神様です」


 …………はい?


「うん? だから、か・み・さ・ま!」
 ニコニコ笑いながら自分を指差す男性。


「はぁあああああああああっ?!」
 ここが厳かな神殿である事も忘れて、思わずドスの効いた叫び声を上げてしまった。


 ……神様? 
 神様って……私をこんな姿にした奴?!


 ステンドグラスの顔と違うだろう!……とか。
 どうしてこんな所にいるんだ!……とか。
 ……色々とツッコミたい所は山ほどあるのだが……。


「取り敢えず、一発殴らせてもらえますか?」
 スーッと細くなった私の瞳が目の前でヘラヘラと笑う神を捉えた。


「え?! い、良いけど……」
「よーし!歯を食いしばれ?」
 小さな猫の手に過重のチート力を付与させる。


 これでパンチ力は格段に上がった!! 必殺!昇天!!!


 すると、慌てた様に神が自分の身体を防御膜で包み始めたのだ。


『良い』って言ったよね?!
 私はジロリと神を睨み付けた。


「ちょ……ちょっと待って!君のそのパンチを食らったらこの子死ぬからね?!」
「……それは言い訳ですか?言い残す事があるんだったら早めに……」
「ま、待って!!取り敢えず、僕の話を聞こうか?!」
 ……意味が分からないが、仕方がないので上から目線で話を聞いてやる事にした。


「それで?神様がどうしてここにいやがるんですか?」
「うん……。その言い方……ってごめんなさい!!僕が悪かった!!」
 黙って握り拳を上げると、神は怯えた様に身体をすくませた。


「君の様子を見に来たんだ」
「私の……ですか?」
「そう。僕の手違いでそんな姿にしちゃったからさ……」
 上目遣いにチラチラと私を見てくる神。
 そんな愁傷な態度をしても全然可愛くないからね?!


「元の世界に戻れないなら、せめて外見だけでもどうにかなりませんかね?」
「ごめん。それは僕には無理!」
 即答かーい! イラッとするんだけど……!?


 この……猫みたいな姿は可愛いよ? 可愛いけど……色々と不便なのだ。
 無意識にブンブンと尻尾を振る。
 ……猫が尻尾を振るのは不機嫌だからだ。 
 本当は、聖獣だけどね?!


「でも、君の力ならばいずれ人型になる事も可能だと思うよ」
「そうなんですか?」
「うん。多分」
『多分』だと……?
 いちいちイラッとくる言い方をする神だな……。コイツは。


「さ、さて!君と話せたし、僕はそろそろ戻ろうかな。この身体は借りてるだけだから殴らないでね?」
 ニッコリと笑う神。


 そうか。この身体の男性は被害者だったのか。それじゃあ、殴れないよね。
 だって、神とは違って可哀想だもん。


 だったら……。
「あの……神様。お願いがあるのですが……」
 おずおずと下手に出てお願いしてみれば……
「ん?何? 何でも良いよ?」
 簡単に神が釣れた。一本釣りだ。
 ……軽いな。本当にコイツは神様か?!


 でも!『言質は取った』よね?!


「今度は生身で来て下さいねー?そして絶対に一発は殴らせろ!」
 ニッコリと微笑むと、神の顔が引きつったのが見えた。


「『何でも良い』と言ったのは神様ですからね?約束破ったら…………倍返しですから」
「う……うん。あ、あははっ……!」


 神は引きつった笑みを浮かべながら去って行った…………らしい。


 チッ。文句はまだまだ言い足りなかった……。恨みつらみも。
 ……あ、神子の事も聞きたかったのに……!


 まあ……既にいなくなってしまったものは仕方がない。次回に聞こう。
 そして……絶対に殴る!


 それよりも……。
 目の前にいる、神が後の男性が、ぼんやりとその場に立ったままだ。


「あ、あのー?」
『大丈夫ですか?』と尋ねようとした時……。


「あー!こんな所にいたのか!探したんだぞ?!」
 ムッとした顔のシーカが、こちらに向かって早足に歩いてくるのが見えた。

「聖獣として異世界召喚されました!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く