話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖獣として異世界召喚されました!?

ゆなか

3

「ようこそおいで下さいました。第二王女のミーシャ・セピアと申します。寝所の中からで……大変申し訳ありません。わたくしはこの国の神子でもあります」


 銀色の髪にヴァイオレット色の綺麗な瞳を持つ、儚げな美少女が微笑みながら頭を下げる。
 兄であるジルが太陽なら、妹のミーシャ姫は月だろうか?
 静かにそこに在るミーシャ姫は、月の妖精のように美しくも儚げである。


「ミーシャ!寝ていないと駄目だろう?」
 ジルは私をそっとミーシャ姫のベッドに下ろし、妹を寝かせようとする。
「大丈夫です。この国にとって大切なお方を……横になったままお迎えする訳にはいきません」
 心配そうな眼差しを向けるジルフォードに、ミーシャ姫は強い瞳を返しながら首を横に振った。


 ……まだ幼いのに強い子だと思った。
 王女として、神子として、しっかりと誇りを持っている。


「初めまして、ミーシャ様。私は気にしませんからどうか横になって下さい」
「いえ、そんな失礼なことは……」
「お願いします。横になったままでも話はできるのだから……ね?ミーシャ様が楽な状態でお話をたくさん聞かせて下さい」
 ニコリと笑うと、ミーシャ姫は何故か頬を赤らめた。


「……分かりました」
 赤くなった頬に自らの手を添えたミーシャ姫は、ジルの手を借りながらベットに横になってくれた。


 ……良かった。
 今にも倒れてしまいそうなほどに青白い顔しているから、気が気じゃなかった。


 やっぱり体調が悪いんだ……。
 ジルはミーシャ姫が今年保つかどうかと言っていた。
 その意味を私は目の当たりにした。


「ミーガルド様……いえ、唯様。大変申し訳ありませんが、私の側へ来て頂けますか?」


 ……『唯様』とミーシャ姫は言った。


 私は自分の名前をまだ誰にも教えてはいない。
 ゴクリと唾を飲み込みながら、ミーシャ姫の枕元に移動する。


「どうして……私の名を?」
 眉間にシワを寄せた私が首を傾げると、ミーシャ姫は静かに微笑んだ。
「神が教えてくれました。異世界の女性をこの世界に召喚したよ、と」


 ……おい、神。
 そこからどうして私は【聖】になった!?


 何となく天井の方を睨み付けていると……
「神が……唯様へ謝罪をして欲しいとおっしゃっていました。『こちらの手違いにより、この世界の概念となって存在をしていた聖獣と、君の心と身体が繋がって混じり合い……【聖獣】となってしまった。すまない』と……」
 ミーシャ姫が眉を寄せながら申し訳なさそうな表情を浮かべていた。


 こちらの手違い……?
 概念となって存在していた聖獣と……私の身体が混じり合った……?
 言われた言葉を反芻しながら、思わず呆然としてしまう。


「唯様……。大変申し訳ありませんでした……」
 眉間にシワを寄せながら起き上がろうとするミーシャ姫を私は急いで押し止めた。


「悪いのはミーシャ様ではありませんから!そんな顔しないで下さい!」
 私は何度も大きく首を横に振った。


 私が責めるべき相手は私をココに喚んだ神である。決してミーシャ姫ではない。
 彼女は神の意志を伝える為の存在である神子なのだ。
 ……そう。悪いのはなのだ。


「唯様……」
「ええと……他には……?何か言っていなかった?」
「あの……『お詫びと言ったらなんだけど、【癒し】や【万能】の力とか、他にもたくさんの能力をあげるから許してね?あ、もうこの世界の【聖獣】になったんだから、二度と元の世界には帰れないと思っていてね。テヘペロ。』と……」


 テヘペロ!?
 ……軽いな神!
 ていうか……謝罪の意志が全く感じられない!!


『元の世界に帰れない』とかサラリと簡単に言われたし……。
 何だそれ。勝手に召喚したくせに……!!
 能力をあげるから許せ?……許せる訳がないよね!?
 絶対に一発は殴らないと気が済まない。
 気が済むまでしばき倒したい!!!!!


「ミーガルド様!?」
「……唯様!」


 怒りで一瞬、我を忘れた私はジルとミーシャ姫二人の慌てた声でふと我に返った。


「へ……っ?」


 ……あれあれー?
 二人が小さくなったような気がするー?
 しかも、さっきは遠かったはずの天井が近い……?
 いつの間に私はこんなに大きくなったんだろう……?


 って、ちっがーう!!
 私……飛んでるんだ。
 ……え?嘘……!どうやって……!?


 パタパタパタパタ。
 羽ばたく様な音が背後から聞こえる。
 恐る恐る……そちらを振り返れば…………


 


 首の後ろの辺りに小さな羽があり、それがパタパタと一生懸命に動いていたのだ。


 ……うん。(察し)
 この時、私は漸く自分がただの猫ではないことに気付いたのだった。完。




 ……にはならないな。
 パタパタしている羽は可愛いけど……どうしたら降りられるんだろう?
 今までの人生で、飛んだことがないから分からない。当たり前だけどね!?


 ああ……。もう、これももそれもあれも全部神のせいだ……。
 遠くを見つめながら、神への罵倒を始めようとした時。


「ミーガルド様、失礼します」
 軽く跳躍したジルが、飛んでいる私を捕まえてくれた。


 流石は王子様だ!スマートに格好良いことをしてくれる。
 そのまま私をミーシャ姫の寝ているベットの上に下ろしてくれた。


「ジル、ありがとう!」
 ニコッと笑いながらお礼を言うと、ジルは真っ赤な顔を隠すように片手で頬を押さえた。


 ど、ど、どうしたの!? 急に!
 ……あー、あれか! ジルはきっと猫好きなのだ!
 自分で言うのもなんだが、今の私の姿はとても愛らしいのだ。
 猫好きなら我慢できずに、モフモフしちゃうね!
 ふふっ。後でお礼にモフモフと肉球をプニプニさせてあげよう。


 さて……と。
 飛ぶだなんて予想外のことがあったから、少し頭が冷えた。
 あのふざけた神は、【癒し】と【万能】。その他にもたくさんの能力をくれたと言っていた。
 これは、俗にいうというものだろうか?
 私は聖獣らしいし、公に能力を隠す必要もないからその点は問題はないだろう。
 一番の問題は、今までずっと平凡な人生を歩んできた私にそれを使いこなせるかどうかなのだ。
 せっかくの役立つ能力なら、宝の持ち腐れにはしたくない……。


 ふむ。
 私はベットに横になっているミーシャ姫をジッと見た。
 心配そうにこちらを見ているミーシャ姫を安心させる為に敢えてニコリと笑う。


 彼女の身体を蝕むもの……。
 それは体内に溜まった穢れを溜め込んでしまう
 それをどうにかできれば……。


 私は自らの瞳に意識を集中させながら、ミーシャ姫の頭の方から順番にそのを探し始めた。

「聖獣として異世界召喚されました!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く