話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ハリネズミのジレンマ

篠原皐月

第2話 とんでもない遭遇

 改札口から出て来た綾乃に声をかけ、並んで歩き出した二十代後半の男を見て、柱の陰から密かに改札口付近の様子を窺っていた隆也は、思わずひとりごちた。


「やはりあの男か……」
 少し前から見当を付けていた人物が、綾乃の待ち合わせの相手だった事に隆也は満足しつつ、勝手に批評を始める。


「待ち合わせ場所で、女性を待ち受けるのは当然だな。綾乃ちゃんが先に来たなら、即刻連れ帰るつもりだったが。見た限り特段変な雰囲気を醸し出してはいないし、容姿も俺には劣るがそれなりだし、底抜けの馬鹿でも無さそうだが。……え?」
 そこで視界の端に入り込んだ一人の女性に、隆也は思わず眉を寄せた。


「何だ? あの女?」
 隆也が不審に思ったのは当然で、周囲の人間も彼女に不思議そうな視線を送っていた。


 何故なら初秋ではあるが、まだまだ寒さを感じるには余裕があるこの時期に、長袖タートルネックシャツは許容範囲内だとしても、それにドット柄のダウンベストを重ね、タイツにベストと柄を揃えたパッチワーク調のショートパンツにレッグウォーマーと言う出で立ちだったからである。とどめとばかりにごつい紐靴にチロリアンハットと来たならば、「今からどちらの山に行かれるんですか?」と問いたくなる様な、立派な山ガールスタイルだった。
 しかもコソコソと柱や壁の後ろに隠れながら移動をしており、「さあ、疑って下さい」と言わんばかりの不審さに、それを目にした隆也は最初唖然とし、次いで額を押さえてから無言でその女性の後方を歩き始めた。


 一方、周囲から密かに不審人物扱いされていた貴子は、それには気が付かないまま、祐司と綾乃の後をゆっくり歩きつつ満足そうに呟いた。
「うん、やっぱり写メールで見た通り、可愛いじゃない」
 そんな事を言いながら二人の様子を眺めていた貴子だったが、すぐに苛立たしげな表情になる。


「ちょっと! そこでさっさと手を繋ぐなり、腕を絡めたりするものじゃないの? 何をぐずぐずしてるわけ!?」
 いきなり文句を言い始めた貴子に、すれ違う通行人は驚いて避けて通って行ったが、貴子は構う事無く尾行を続けた。


「……っ、あぁ~、イライラする。何なの、あの初々しさ全開っぷり! 見てるこっちが鳥肌が立って来たわ。いっそのこと、さっさとホテルに連れ込まないかしら? 今だったら見逃してあげるわよ。全く」
 前日の発言とは百八十度異なる内容を口にしつつ、貴子は二人に怪しまれない様に横断歩道を渡り、彼らが歩いてるのとは反対側の歩道に移動した。そして緩やかな下り坂を少し歩き、喫茶スペースが併設されている洋菓子店に二人が入ったのを見届け、足を止める。


「あのお店に入ったか。確かに美味しいし雰囲気も良いけど、店内はそう広くは無いし仕切りも無いから、入ったら後をつけてるのがバレバレよね。うぅ……、あそこの極上ミルフィーユ、私も食べたい……」
 さすがに歩道に立ち止まっていると目立つ上に迷惑になると判断した貴子は、少し進んで細い路地に入る角に佇み、ウエストポーチから取り出したオペラグラスで、こっそりと斜め向かいビルの二階に入っている、問題の店を眺めた。偶々その店に入った事があった貴子が少々恨みがましく呟いていると、いきなり左肩に手が置かれ、低い声で誰何される。


「おい、お前。ここで何をしている?」
 その声に貴子は気分を害し、顔からオペラグラスを離しつつ振り返った。


「はぁ? そんなのは人の勝手でしょ? こっちは忙しいのよ。ナンパなら余所でやって頂戴」
「誰が、お前みたいな不審人物をナンパするんだ。このストーカー女」
「何ですって? 人聞き悪いわね。因縁付けるつもり? 警察を呼ぶわよ?」
 そう脅した貴子だったが、隆也は鼻で笑った。


「警察ならここに居るから、わざわざ呼ぶ必要は無い。さあ、こちらの質問に答えて貰おうか」
 そう言いながら隆也はジャケットの中に手を入れ、シャツの胸ポケットから取り出した濃い焦げ茶色の物を、貴子の目の前で上下に開いて見せた。それを目にした貴子は、顔写真と記載内容を確認して顔を顰める。


「榊隆也……。その年で警視正って事はキャリアね。もの凄く若作りなら別だけど、ねっ!」
「うっ」
 神妙に警察手帳を眺めていたと思ったら、いきなり隆也の臑を蹴りつけた貴子は、相手が怯んだ隙にその手から手帳を奪い取った。


「貰い! ……え!?」
「何をする、貴様!」
 しかし手帳に繋がっている紐がピンと伸びて隆也の身体から離れるのを阻止し、貴子が戸惑った瞬間、今度は隆也が彼女の手首を掴んで易々と捻り上げる。


「ちょっと! 痛いでしょ!? レディに対して手加減もできないわけ!?」
 自分の行為を棚に上げての抗議に、さすがに隆也も堪忍袋の緒が切れかけた。


「どこが『レディ』だ。コソ泥が厚顔な事だな。手帳を取って何をする気だった?」
「何もしないわよ! 単にあっさり盗られて間抜け面を笑ってやるつもりだったのに。何で紐なんか付けてるのよ!」
「阿呆か、お前。そうそう簡単に盗られてたまるか。私服だったら尚更だ。万一の事態に備えて紐で繋いで確保しておくのは、基本中の基本だ」
 片手で貴子を確保しながら、もう片方の手で手帳を胸ポケットに戻した隆也が呆れた口調で告げると、貴子が悔しそうに呟く。


「だって、普通に手帳だけで見せてたし」
「ピラピラ単独で見せびらかすのは、テレビドラマの中だけだ」
「ドラマじゃなくて……」
 そこで何故か貴子が口ごもると、隆也は片方の眉を軽く上げて皮肉っぽく尋ねた。


「何だ? 貴様の知り合いに、手帳に紐もつけずに見せびらかしている、危機意識の欠片も無い、職務怠慢な警官でも居るのか?」
「何でもないわ」
 憮然とした表情で黙り込んだ貴子に対し、隆也は遠慮無く先程の質問を繰り返した。


「そうか。それならさっさと答えろ。お前、目黒駅から、あそこの喫茶店に居るカップルの後を付けて来てたな?」
 しかし貴子は相手を見上げながら、恐れ気もなく逆に問い返した。


「それが分かっているなら、あんたもあの二人の後を付けてきたって事よね? 私の尾行をして来たのなら、わざわざ姿を現す筈も無いし」
「質問しているのはこちらだが?」
 段々苛立ってきた為に、無意識に手首を掴んでいる力が増したのか、そこで貴子が小さな悲鳴を上げた。


「いった! 本当に無粋な男ね! ええ、尾行してたわよ。それがどうしたって言うの!?」
「お前……、あの男の前の女か? 思った以上に趣味が悪そうだな。やはり綾乃ちゃんには道理を言い聞かせて、早く別れさせた方が良いかもしれん」
「ちょっと! 祐司は私の弟よ!」
 逆ギレ気味の貴子に思わず本音を漏らすと、貴子が盛大に抗議の声を上げた。それを聞いて隆也は意外そうな視線を向ける。


「弟? と言う事は、あの男の姉なのか?」
「当然でしょう? 陰ながら弟の恋路を見守っている健気な姉に、随分暴言を吐いてくれるじゃない」
「名前と職業は?」
「宇田川貴子、職業は料理研究家よ」
 堂々と名乗った貴子だったが、隆也には微塵も感銘を与えなかった。


「いかにも『自称』っぽいな」
「……私を知らないの?」
 今度は貴子が眉を寄せたが、隆也は小さく肩を竦めただけだった。


「知るわけ無いだろう。それにあいつの名字は『高木』だろう? 名前が違うのは既婚者だからか? それなのに弟の後を追いかけ回しているとは、とんだブラコンだな。それとも亭主に相手にされてなくて暇なのか? どちらにしても、纏わり付かれている弟に同情するな」
 それを聞いた貴子が、思わず忌々しげに舌打ちする。


「結婚なんかしていないし、色々事情が有るのよ」
「事情?」
 隆也は怪訝な顔になったが、ここで貴子が逆襲してきた。


「そんな事より、さっきから彼女の事を『綾乃ちゃん』なんて気安く言ってるあんたこそ、彼女の何なのよ? お兄さんとかだったら呼び捨てよね? 祐司の話じゃ恋愛初心者の可愛い子みたいだから、元カレのわけは無いだろうし」
「昔からの知り合いだ」
 何気なく答えた隆也だったが、貴子は何故か黙り込み、隆也を上から下までじっくりと眺めた。そして唐突に問いを発する。


「あんた何歳?」
「三十五だが。それがどうした」
「綾乃ちゃんって、今年の春に大学を卒業して就職したばかりよね?」
「だから何だ?」
 質問の意図が分からず怪訝に思いながらも一応答えた隆也に、貴子がボソッと告げた。


「……ロリコン」
 その瞬間、隆也のこめかみに青筋が浮かび、貴子の手首を握っている手に渾身の力が込められる。


「もう一回言ってみろ! この盗っ人の恥知らず女!」
「痛いって言ってるでしょ!! だって昔からの知り合いって事は、昔から狙ってたんでしょ!? その年齢差は殆ど犯罪でしょうが!! この悪徳警官!!」
「まだ言うか!!」
 本気で罪状をでっち上げて逮捕してやろうかと、隆也が不穏な事を考え始めたその時、何気なく彼から視線を逸らした貴子が、慌てた様に声を上げた。


「あ、ちょっと待って! タイム!」
「何がタイムだ。ふざけるな! 留置場にぶち込んでやるぞ、貴様!」
「真面目な話よ! あんたが絡んできた間に、あの二人、店を出ちゃったわ!」
「何?」
 思わず背後を振り返り、道路を挟んだ店の窓際の席を見ると、確かに祐司と綾乃の姿は無くなっていた。素早く周囲の歩道を見回してもそれらしい姿は無く、隆也は思わぬ失態に思わず舌打ちする。そして隆也の手を乱暴に振り払った貴子が、悪態を吐きながら路地から通りに出て歩き出した。


「全く……。考え無しのロリコンのせいで。とんだ邪魔が入ったわ」
「おい、彼女達の行き先を知ってるのか? どこに行く気だ?」
 反射的に貴子に並んで歩き出した隆也に、彼女は盛大に噛み付いた。


「付いて来ないでよ、この変態!」
「行き先が分かっていれば、誰がお前なんかと一緒に歩くか! 大体何だその格好は。今から山登りでもする気か? 都会のど真ん中でそれは浮きまくる位、分からないのか?」
「その危険性は考えないでも無かったけど、黙っててもにじみ出てくる私の美貌と輝くオーラを覆い隠すのには、これ位の変装が必要だったのよ!」
 そんな事を真顔で言い切った貴子に、隆也は白い目を向けた。


「……それは寧ろ仮装だ。やはり頭が弱いらしいな」
「何ですって!?」
「それより、どうしてこっちに歩いてるのか、理由位、聞かせろ」
 歩きながらそう迫った隆也に、貴子は小さく舌打ちしたものの、自分の推論を口にした。


「簡単よ。さっきの喫茶店は落ち着いた雰囲気とケーキが有名だけど、より格式が高い本店が別にあるのよ。あくまでケーキが目的ならそちらに連れて行くだろうけど、今回は最寄り駅からの道沿いに有ったから、その店を選んでお茶した筈なの」
「それで?」
「尚且つ、駅から坂を下って来たから、坂を上って戻る事は有り得ない。加えて暫くはダラダラと続く下り坂に沿って、飲食店中心の店が軒を連ねている商店街だから、そこに立ち寄る可能性は少ないわ。どこに向かうにしろ、取り敢えず下の広い通りまで出る筈よ」
 一応筋は通っているらしい内容に、隆也は貴子に対する印象を少し改めた。


「それほど頭は弱く無いらしいな」
「素直に賞賛したらどうなの? あ、ほら。居たわよ?」
「なるほど。確かにな」
 早足で坂を下っている間に、反対側の歩道を歩いている話題の二人の姿を認めた隆也達は、速度を緩めて向こうに気付かれ無いように観察を続けた。そしてなし崩し的に二人並んで黙って歩き続けたが、幹線道路に達しても二人は何やら楽しそうに会話しながら歩き続け、隆也は思わず呆れ気味の声を出す。


「どこまで行く気だ? 二人とも健脚だな」
「祐司はずっと野球をやってたから、足腰はしっかりしているわよ? 小学生の頃は結構良い所まで行ったし」
 思わず弟自慢を繰り出した貴子に、隆也が苦笑いしながら応じる。


「綾乃ちゃんも男の子に混ざって、野球をやっていたぞ? 中高もソフトボール部に入っていた筈だし」
「へえ? 健康的で良いじゃない。私『汗臭くて、疲れる事なんか嫌ですぅ~』とか言われると、虫唾が走るのよね」
「今日初めて意見が一致したな」
「今日一番、不幸な事かもしれないけどね」
 そんな憎まれ口を叩きつつ、それなりに当初の険悪さが薄れて来た二人の目の前で、祐司達が目的地らしい建物の中に入って行ったが、その表示を見た貴子と隆也はあまりの意外性に揃って固まった。


「ちょっと待って。あそこ?」
「二人で入って行ったんだから、そうなんじゃないか?」
「でも……、デートでこういう所って、有りなの?」
「俺に聞くな」
 二人が戸惑って眺めた建物には、《目黒寄生虫博物館》の文字がしっかりと表示されており、少しだけ思考を止めた二人は、すぐにこれからの方針について議論した。


「さすがに入ったら、尾行しているのがバレそうよね」
「あまり広くは無さそうだしな。しかしお前の弟は何を考えているんだ? デート先にこういう場所を選ぶとは、底抜けの馬鹿じゃないのか?」
「誓って言うけど、これまで祐司がここの事を話題にした事は無いし、標本マニアとかでも無いわよ! ちょっと待ってて。確認してみるから」
 そして博物館入り口前で自分のスマホを取り出した貴子は、ハンズフリー機能を作動させてから、祐司の携帯を呼び出した。


「もしもし、祐司?」
「姉貴、どうした。デート中なのは分かってるよな?」
 不機嫌そうな弟の声に、貴子は如何にも申し訳無さそうに謝る。


「ごめん。あんた目黒駅で待ち合わせって言ってたでしょう? だけどあそこの近辺でのデートスポットって、どうしても思い浮かばなくて。気になって仕事に集中出来ないのよ。お願い、今どこに居るのか教えて?」
「なんだそれは……」
「お願い、祐司」
 現在位置を把握しているどころか、至近距離に居る事など知らせずに尋ねた貴子に、祐司は不承不承と言った感じで告げた。


「目黒の……、寄生虫博物館に来てる」
「あんたにしては珍しいチョイスね。どこで調べたの?」
「それは……、綾乃からここに来たいと言われたから……」
 それを聞いた貴子は、軽く目を見張って問いを重ねた。


「綾乃ちゃん? 虫全般が好きなの?」
「そうじゃなくて……。彼女の知り合いの榊さんって女性から勧められたらしい」
「榊?」
 思わず貴子が連れに顔を向けると、それを聞いた隆也が顔を強張らせる所だった。そしてスマホからは、祐司の説明が淀みなく聞こえてくる。


「彼女の話では、『生命の神秘と共存共栄を実感できる貴重な場所で、近年密かなブームを巻き起こしいてるデートスポットだから』と説明を受けたらしくて……」
「…………」
 祐司自身も困惑しているのが何となく分かる声音に、貴子と隆也は黙り込んだ。すると楽しそうな綾乃の声が聞こえてくる。


「祐司さん! ミュージアムショップでTシャツを選ぶのを手伝って貰えませんか? 私、標本のレプリカキーホルダーは即決して買っちゃいましたけど、Tシャツはグラデーションの物にするか蛍光の物にするか迷ってて。祐司さんの意見が聞きたいんです!」
「あ、ああ、今行くよ。それじゃあ、また」
「本当に凄いですね、ここ!」
 唐突に通話が終わり、貴子は通常設定に戻してから、何とも言えない表情で隆也を振り返った。


「……榊って女性、あんたの知り合い?」
「おそらく妹だ。外科医をしてる」
「ふぅぅ~ん?」
 嫌味っぽい貴子の呟きを受けて、隆也は額を押さえ本気で呻いた。
「全く……、眞紀子の奴、綾乃ちゃんに何を吹き込んでいるんだ……」
 そうこうしているうちに、二人は外に出て、再び歩き出した。


「なかなか楽しんでいたみたいね、彼女」
「そうらしいな」
 敢えて綾乃が手に提げている紙袋の中身に触れないまま尾行を続けると、二人はバス停からバスに乗り込み、貴子達はタクシーを拾って密かに後を追った。そして渋谷に着いた頃には昼時になっており、予め決めてあったらしい店に入った祐司達の後から、貴子達も入店する。
 今度の店は割と広く、低いながらもテーブル毎に仕切りも有り、コソコソと少し離れた席に座った彼らの存在は綾乃達にはばれなかった。しかし注文した品が運ばれて来てから、貴子が同席者に盛大に文句をつける。


「一言、言わせて貰って良い?」
「何だ」
「ランチタイムに入店して、仏頂面でコーヒーだけ頼むって、有り得ないと思うんだけど。店員の視線が痛いのよ。一応同席している、私の立場も考えてくれないかしら?」
 しかし隆也は溜め息を吐いて反論した。


「店員が痛い視線を送ってきているのは、お前が珍妙な格好をしてるからだ。責任転嫁をするな」
「何ですって?」
「大体、あそこを見た後で、パスタって有り得ないだろが」
 忌々しげに指摘した隆也だったが、貴子はフォークに巻き取ったイカスミスパゲティを食べてから、余裕の表情で祐司達のテーブルを指差した。


「あの二人、普通に食べているわよ? 確かに祐司はちょっと顔色が悪いけどね。だけどあんたは図体も態度もデカい癖に、思ったより肝が小さくて神経細いのね。これだから頭でっかちのキャリアってタチが悪いわ~」
「お前ががさつ過ぎるんだ!」
「あら、それならあなたの可愛い『綾乃ちゃん』もそうかしら?」
「…………」
 思わず文句を言った隆也だったが、貴子に切り返されて口を噤んだ。それを見た貴子は、しみじみと呟く。


「今日は本当に疲れたわね。変なのに纏わり付かれたし」
「それはこっちの台詞だ」
「私、食べ終わったら帰るから。彼女が身体も精神も意外に頑強だって事が分かったしね。あんたは気が済むまで勝手にストーキングしてれば?」
「俺も帰る。あの男がお前みたいな姉を持ったせいで、我慢強い苦労性になったらしい事は、良く分かったしな」
 テーブルを挟んで嫌味の応酬をしながら一時を過ごした二人は、食事を済ませた祐司達が店を出て行った直後に自分達も席を立ち、店の出入り口で左右に別れた。そして隆也は腹立たしい思いのまま歩きながら、妹の携帯番号を選択した。


「あら、兄さん。どうしたの? まだ綾乃ちゃんのデートの監視の真っ最中じゃないの?」
 不思議そうに応答した眞紀子に、隆也が忌々しそうに確認を入れる。
「眞紀子……。お前、綾乃ちゃんで遊ぶな。あの博物館もレストランも、お前が教えたんだよな?」
 その一言で兄の言いたい事を察した眞紀子は、我慢できずに盛大に噴き出した。


「あはははっ! ほ、本当に、あそこに行って、あの店に行ったんだ! それで食べたんだ! 高木さん、良く付き合ったわね~」
 妹がお腹を抱えて笑っている気配を電話越しに感じ取った隆也は、少しだけ祐司に同情した。


「綾乃ちゃんの提案を、断れなかったんだろう。それはそれで良いが、今後は余計な事を吹き込むなよ?」
 その兄の声に、本気の響きを聞き取った眞紀子は、何とか笑いを抑えて精一杯神妙に告げる。


「了解。兄さんを本気で怒らせたくは無いしね。自重します」
「当たり前だ。切るぞ」
 面白く無さそうに吐き捨てて通話を終わらせてから、隆也はふと先程までの同行者の事を思い出した。


「宇田川貴子とか言ったな……」
 そう呟いて何気なく携帯で検索をしてみると、忽ちヒットした項目が数多く並び、そのうちの一つに隆也は接続してみた。すると貴子が開設しているブログが表示され、そこに載せられている顔写真を確認する。


「これか……。確かに本人の様だが……」
 そこで更に隆也は、記憶にあった名前との整合性について考えた。
「しかし『宇田川』なんて珍しい名字だから、もしかしたら『彼』の親族か何かか?」
 そこまで考えて、隆也は自分の考えを打ち消す。


「しかしそれなら、あそこまで警官を毛嫌いする事は無いだろうしな。単なる偶然か」
 そう結論付けた隆也は台無しになった休日を少しでも回復すべく、憂さ晴らしできる場所に向かって、黙々と足を進めた。



「ハリネズミのジレンマ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く