話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

猪娘の躍動人生

篠原皐月

4月 新年度は波乱含み

「おはようございます」
 四月に入って初めての月曜日。いつも通り出勤してきた城崎を、既に出勤していた企画推進部の面々が待ち構えていた。


「おはようございます、係長。昨日の課長の披露宴はどうでしたか?」
「やっぱり豪華絢爛な披露宴だったんでしょうね」
「社長の付き合いもあるだろうしな」
「……それなりでした」
 二課からは城崎、その他に企画推進部からは部長の谷山と一課長の広瀬、三課長の上原が出席しており、他の者達は興味津々で城崎に声をかけたのだが、何故か彼は視線を逸らしながらぼそりと第一声を放った。それを聞いた周囲は、不思議そうに城崎に視線を向ける。


「どうした城崎君。顔色が悪いぞ?」
「いえ、大丈夫です。それより頼まれていた課長の写真ですが、始業前に見ますか?」
「勿論です! 見せて下さい!」
 真っ先に理彩が食い付き、城崎の机に駆け寄って来た為、城崎は鞄から取り出したデジカメを机上のPCに接続し、画像を読み込ませて表示させた。すると忽ち理彩の歓声が上がる。


「きゃあぁぁっ! やっぱり課長素敵、綺麗! 体型の事もあって全部レンタルで済ませたって仰っていたけど、どの衣装も誂えた様にぴったり似合っているし!」
「本当よね。柏木さん位美人で上背があると、何を着ても似合うわ」
「私の時は、ドレスに着られてるって感じだったもの。羨ましいわね」
「田辺さんも大岡さんも、そんな事ありませんよ」
 城崎の椅子に座って次々画像を見ていく理彩の後ろに、やはり女性の方がこの手の話題には食いつきが良いらしく、一課の田辺と三課の大岡がいつの間にか陣取っていた。そして羨望の眼差しを画面に向けながら、しみじみと感想を述べる。


「新郎も良い男よね~。しかもあの人気作家の、東野薫なんでしょう?」
「やっぱりできる女は違うわね。顔良し稼ぎ良し年下男をゲットするなんて。婿養子にまでなってくれたそうだし」
「本当ですよ。柏木課長の事を社内で嫁き遅れ云々って貶してた連中、課長の結婚の話を聞いて、すっかり顔色を無くしていましたからね。……あら? そう言えば、誰よりも大騒ぎすると思ってた藤宮が、まだ来ていないわね」
 ふと気が付いた理彩が首を巡らせて周囲を確認すると、目が合った瀬上も不思議そうに応じた。


「そうだな。いつも早めに来ているし、『披露宴の翌日は誰よりも早く来て、課長の華麗なお姿を拝見します』と豪語していたのに。もう始業時間ギリギリなんだが……」
 そこで何やら廊下の方から騒々しい物音がしたかと思ったら、勢い良くドアが開け放たれ、話題の主が憤怒の形相で登場した。


「係長!! 広瀬課長!! 何なんですか、これはっ!?」
 そう叫びながら美幸が鞄から一冊の本を取り出し、目の前に掲げて見せると、それを見た城崎はホワイトボードに予定などを書き込んでいたマジックを取り落とし、広瀬は思わず椅子から立ち上がった。


「いや、藤宮、それには深い訳が……」
「藤宮さん、一応弁解させて欲しいんだが」
「それを読んだのか……」
「どうしてそれを……。一般発売は来週だろう?」
 谷山と上原も思わず呻くと、美幸は如何にも腹立たしげに説明した。


「昨日の披露宴に、同居している義兄が新郎側の招待客として出席して、引き出物としてこれを持って帰って来たんです。係長が仕事の情報を課長の結婚相手に垂れ流してたのは知っていましたが、そいつが実はストーカー紛いの危ない男だっただけでも衝撃だったのに、係長と広瀬課長がこれまで課長の交際を、陰で悉く潰していただなんて! あり得ません! って言うか、最低ぇぇっ!!」
「だからちょっと待て!」
「いや、俺は課長の交際に関しては無関係で」
「この本の主人公の、大学時代からの友人で同僚の『白瀬』の記述はどう読んでも広瀬課長の事ですし、後輩の直属の部下の『野崎』は城崎係長の事ですよね!?」
「本当に……、もっと設定変えろよな。そのまんまじゃねえか」
「殆ど嫌がらせだ……」
 弁解できずにがっくりと項垂れた広瀬と城崎に、尚も美幸が吠える。


「あまりと言えばあまりの内容に、軽く熱を出して寝込んで、今朝危うく寝過ごすところでした! 冗談じゃありませんよ!」
「広瀬課長……、何ですか、今の話は?」
「城崎係長? 部外者に垂れ流しって、どういう事ですか?」
「すまなかった」
「申し訳ない」
 周囲から訝しげな視線を集めながら、広瀬と城崎は美幸に向かって軽く頭を下げた。そこで理彩が割って入る。


「まあまあ、藤宮。そう怒らないで。その本がどんな内容なのかは知らないけど、あの課長がそうそう変な人と結婚する筈無いじゃない」
「そうよ。少しは自分の上司を信用なさい。それにちょっと邪魔が入った位で壊れる様な関係なら、元々大した事無いわよ」
「そうよね。結婚しても長続きするとは思えないわ。寧ろストーカー紛いに執着されているなら、柏木課長が多少の無茶を言っても、旦那さんは二つ返事で何でも頷いてくれるわよ。物は考えようよ?」
 田辺と大岡が理彩の援護射撃をし、美幸を三人がかりで宥めにかかる。さすがにベテラン相手に声を荒げる真似もできず、美幸は不満げながらも一応相槌を打った。


「はぁ……、そんなものでしょうか?」
「そんなものよ。それより披露宴の写真を見ないの?」
「城崎係長が、沢山撮ってきてくれたわよ?」
「柏木課長、凄く素敵に写っているけど?」
「あ、見ます! 見せて下さい! 昨晩は本を読みふけっていて、義兄に写真を見せて貰うのを忘れてしまって!」
「ほら、こっちよ」
 先程までの怒りを綺麗に消し去り、食い付いてきた美幸に苦笑しながら理彩が城崎の席を指し示すと、美幸は早速そこに陣取って画像を見始めた。


「あ、本当だ。綺麗~、やっぱり課長は何を着ても似合いますよねぇ~」
 そう言いつつ感嘆の溜め息を漏らした美幸だったが、何枚か見たところで眉を寄せて考え込んだ。


「う~ん、やっぱり思い出せないなぁ……」
「課長の写真見ながら、何唸ってるのよ」
 不思議そうに理彩が背後から覗き込むと、美幸は怪訝な顔で画面を見ながら首を傾げていた。


「それが……、何だかこの新郎の顔、どこかで見た覚えが有るような無いような……」
「だって新郎は、あの作家の東野薫なんでしょう? 良くカバーの折り返しとかに掲載されている、著者近影とかで見た覚えがあるんじゃないの?」
 あっさりと指摘した理紗だったが、美幸の反応はいま一つだった。


「そんな気もするんですが、何だかどこかで会った様な気がするんですよね」
「どこで? 接点なんか無いわよね? ご主人はこれまで会社に出向いてきた事は無いし」
「ですよね。どうしてそう思うんだろう? 不思議だわ」
「どうでも良いけど、昼休みにその本を貸してくれない? ちょっと読んでみたいわ、東野薫の新作」
「分かりました。お貸しします。昼休みと言わず明日まで良いですよ? 義兄から暫く貸して貰いましたし」
「ありがとう。明日返すわね」
 そんなやり取りをしてから、再びうっとりとパソコンの画面に見入り始めた美幸を無視して、谷山が軽く手を叩きつつ他の部下達に声をかけた。


「ほら、解散解散。もう始業時間過ぎてるんだ。仕事を始めろ」
 それを合図に皆ぞろぞろと自席に向かって移動を開始したが、美幸は全く聞こえていないらしく、城崎の席から動く気配を見せなかった。


「あの係長……、藤宮は?」
 そんな彼女を横目に見ながら高須が尋ねたが、城崎は溜め息を吐いてそれに応じる。
「……彼女が落ち着くまで、好きなだけ画像を見せておいてくれ。悪いが俺はちょっと、海外事業部まで行ってくる」
「ご苦労様です」
 思わず深々と頭を下げた高須に見送られ、城崎はその場から抜け出る事に成功した。


 その翌朝、主だった面々が二課に出勤して来ると、何故か美幸と理彩が課長席の横で花束と箱を抱えてしゃがみ込み、額を突き合わせる様にして何やらブツブツと呟いていた。


「……ですよね」
「……そうよね」
「おい、藤宮君と仲原君は、さっきから二人で顔を突き合わせて何を小声で言ってるんだ?」
「さあ……、でもあまり追及しない方が良いと思います」
「……それもそうだな」
 清瀬と林の間でそんなやり取りをしているうちに、披露宴翌日も休みを入れていた真澄が、いつも通り出社してきた。


「おはようございます。昨日は休みを取らせて頂いて、ご迷惑おかけしました」
「おはようございます、課長」
「迷惑だなんてとんでもない。祝い事なんですから」
「ちゃんとゆっくり有休を取っても良かったんですよ? 新婚旅行にも行かれていませんし」
 口々に言われた内容に、真澄は苦笑しながら告げる。


「そうは言っても、産休取得まであまり余裕も無いし、新婚旅行は諦めて、出産後体調が落ち着いたらどこかに行く事にしましたから」
「その方が良いかもしれませんね。安定期と言っても課長は妊婦ですし」
 そこでいつの間にか真澄の側までやってきた美幸と理彩が、手にしていた花束と箱を上司に向かって差し出しつつ、祝いの言葉を述べた。


「あの、課長。ご結婚おめでとうございます。披露宴には出席できませんでしたので、係長以外のニ課全員からの気持ちです。受け取って下さい」
「あら、ありがとう。嬉しいわ」
「それから、こちらはありきたりですが、フォトフレームにしてみました。宜しかったら思い入れのある写真を入れて、お使い下さい」
「ありがとう。早速、家で結婚式のデータとかを入れて使わせて貰うわね」
「そうですね……」
「結婚しちゃったんですよね……」
 プレゼントを受け取ったものの、二人が微妙に引き攣った笑顔を浮かべている事に、真澄は遅ればせながら気が付いた。


「藤宮さん、仲原さん、どうかしたの? 私の顔に何か付いている?」
 思わず二人に向かって声をかけると、美幸が声を絞り出す様にして答える。


「課長……、私、課長の事は、完全に勝ち組だと思っていました。思っていたのに……、人生って怖過ぎる。どこに落とし穴が有るか、分かったものじゃないわ」
「え?」
「藤宮……、課長は立派に勝ち組よ。旦那は取り敢えず、顔良し稼ぎ良しだし。課長と身長差が殆ど無い事位些細な事だし、性格が悪いのは黙って立っていれば分からないもの。そうでも考えないと、やってられないわ」
「あの……、仲原さん?」
 さすがに真澄の顔が強張ってきたが、ここで美幸が勢い良く叫んだ。


「課長!」
「なっ、何? 藤宮さん」
「俗に『女三界に家なし』なんて言いますけど、負けちゃ駄目ですよ? 旦那の言いなりになんかなっちゃ駄目ですから!」
 ガシッと腕を掴まれつつ迫られたが、花束と箱を抱えた真澄はその手を振りほどく事も退く事もできず、わけが分からないまま相手を宥めようとした。


「言いなりって……、そんな事は無いから。朝から何をそんなに険しい顔をして」
「これですっ! これを読んで、課長の結婚生活に一抹の不安も感じない人間が居たら、もの凄い馬鹿か超無神経な人間かのどちらかです!」
 どこからともなく美幸が取り上げ、自分の眼前に掲げて見せた本を認めた真澄は驚愕のあまり目を見開いてから、恨みがましい目を室内に向けた。


「……部長? 広瀬課長? 上原課長? 城崎さん?」
 半眼の真澄から視線を逸らしながら、昨日の披露宴に出席していた企画推進部の管理職達は、控え目に弁解した。


「私達はここに持参して無いから」
「披露宴の内容も、一言も漏らしてないしな」
「下手に口外すると、柏木産業のイメージにダメージを与えそうで」
「それは藤宮さんの義兄が新郎側の招待客で、そちらから漏れました。冷たい様ですが潔く諦めて下さい、課長。それは来週には日本全国、津々浦々の書店の店頭に並ぶんですから」
「…………」
 そこで固い表情の城崎にとどめを刺された格好になった真澄は、がっくりと肩を落とした。


「藤宮。ストーカーとかなんとか昨日から騒いでるけど、それ、どんな話なんだ?」
 如何にも興味津々といった感じで高須が口を挟んでくると、真澄が止める間も無く、美幸と理彩が口々に内容を語り始める。


「一組の男女の出会いから纏まるまでの、紆余曲折の話です。何も先入観が無ければ、問題は無いんですが」
「主人公の描写が、どこからどう見ても課長でね。他にも見覚えのある人の描写や似過ぎてる名前の登場人物がボロボロ出てるのよ。これ殆ど実話よね」
「主人公を密かに好きになった男が、立場的に支障が有って打ち明けられないまま、年月が過ぎて行くんですけど」
「この間主人公に近付く男を徹底的に排除したり、陰ながら仕事の手助けしていくのよ。そのやり方がえげつないのなんのって」
「最後は何とか纏まるんですけどね」
「後はこれを読んで。藤宮、良いわよね?」
「どうぞ」
「……じゃあ、読ませて貰おうかな」
 半ば美幸と理彩に押し付けられた格好の高須は、些か情けない表情になっている真澄の方を見ない様にしながら本を受け取った。そこで多少強引に話を変える様に、谷山が口を開いた。


「ああ、柏木課長。そう言えば、ちょっと話しておきたい事があったんだが」
「はい、部長。何でしょうか?」
 落ち込みモードから、瞬時に仕事上の顔に切り替えた真澄が上司に顔を向けると、谷山は多少困惑気味の表情で告げた。


「今、初任者研修に入っている新人の中で、ニ課配属希望の人間が居るらしくてな。人事部から研修終了後はニ課配属になりそうだと、内々に話があった」
 谷山がそう告げた途端、部内での教育が行き届いている為誰も声は上げなかったが驚愕で空気がざわりと動き、流石に真澄も僅かに驚いた表情で確認を入れた。


「一課や三課ではなく二課に、ですか?」
「ああ、そのつもりでいてくれ」
「分かりました」
 冷静に頭を下げた真澄だったが、流石に部下たちは動揺を隠せなかった。


「おい、何で二年続けて二課に新人が配置になるんだ?」
「特に増員要請なんて出してないよな?」
「希望を出しても、これまではなかなか配置して貰えなかっただろうが」
「去年はな……、藤宮さんが問答無用でここしか希望しなかったから……」
 誰かがそう言った所で、期せずして全員が美幸に視線を向けると、彼女は喜色満面で谷山に駆け寄っている所だった。


「嬉しい! 新人なんて二課に来るわけ無いって思ってたのに、私、早速先輩になれるんですね? 正直、十年位は無理かと思ってました!!」
「まあ……、そう言う事だから、宜しく面倒を見てやってくれ、藤宮君」
「はい、お任せ下さいっ!! あ、課長、花束は業務中は水につけておいて、お帰りになる時にラッピングし直してお渡ししますね!!」
「……ありがとう、お願い」
 若干引き気味の谷山の前で自信満々で胸を叩いた美幸を見て、思わずといった感じの城崎の呟きを、その場全員が耳にした。


「……不安だ。課長が六月から産休に入るのに、大丈夫なんだろうか」
 その城崎の懸念を誰も払拭してやることができず、業務を開始するまでその場には重い空気が立ち込めていた。



「猪娘の躍動人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く