話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いつか王子様が……

篠原皐月

叔母からの薫陶~真澄、三歳の春~

 あるうららかな春の日の午後。真澄は大好きな祖母の膝の上に座ってお気に入りの絵本を読んでいて、凄くご機嫌な状態だった。
「……それで、おうじさまとおひめさまは、すえながく、しあわせにくらしました。……うふふ、よかったねぇ。おばあさま」
 絵本を最後まで読み終え、体ごと捻る様にして自分を見上げてきた孫娘の笑顔に、澄江も自然に顔を綻ばせた。


「それは良かったわね。本当に真澄は、その絵本が好きなのね」
「うん! だってこのおうじさま、とってもかっこいいんだもん!」
 そう言った真澄は頭のツインテールを揺らしつつ、澄江の膝から畳へと滑り降りた。そして絵本を胸に抱えながら反転し、澄江と向かい合う形でちょこんと正座する。


「ねえねえ、おばあさま。きいてもいい?」
「あら、真澄は何を聞きたいのかしら?」
「あのね? ますみのところにも、おうじさまきてくれるかな?」
 キラキラと瞳を輝かせ、期待に胸を膨らませている孫娘を心の底から可愛いと思い、望む答えを返してあげようと澄江が口を開きかけたが、その時予期せぬ人物がその場に乱入してきた。


「真澄ちゃん、王子様なんて、幾ら待っても来るわけ無いわよ。そんな事本気で言ってたら、あっという間に嫁き遅れよ?」
「……かすみおばさま、ほんとう?」
「香澄! あなた子供に向かって、なんて事を言うの!?」
 突然現れた叔母の言葉に真澄は一気に不安そうな顔付きになり、澄江は怒りを露わにしたが、香澄は平然と言い放った。


「真澄ちゃん、“おばさま”じゃなくて“かすみちゃん”よ? お母様、現実を直視させるのは、早いに越した事は無いわ」
「あなたって子は……。真澄が可哀想だとは思わないの?」
「後で泣きをみるより良いでしょ?」
 顔を引き攣らせた澄江を半ば無視し、香澄は涙目で自分を見上げてくる姪の前に座って、大真面目に言い聞かせた。


「真澄ちゃん、良~く覚えておきなさい。今時、巷には似非お姫様がうようよしてるから、めぼしい王子様なんて忽ち狩られて、寄ってたかって食われちゃってるの。だから大人しく待ってるだけじゃ、いつまで経っても誰も迎えになんか来てくれないのよ? だから本当に良い男は、自分から捕まえに行かないといけないって、相場が決まってるの」
「……おうじさま、ますみのところにこないの?」
「残念ながらね」
「ふ、ふえぇっ……、お、おうじさまぁぁ……」
 正直、香澄から言われた事の半分も理解できなかった真澄だったが、“王子様は自分を迎えに来ない”という内容だけははっきりと分かってしまった。
 祖母に負けず劣らず大好きな叔母から言われた事でもあり、多大なショックを受けた為、真澄はぐすぐすと泣き始める。流石にこの状態を放置できず、澄江は真澄を宥めつつ香澄を激しく叱責した。


「ああ真澄、泣かないで。真澄も大人になったら、ちゃんと素敵な人が迎えに来てくれますよ? ……香澄!! お前もまだ中学生の癖に、知ったかぶりで無責任な事を子供に吹き込むんじゃありません!」
「あら、だって言い寄ってくる男なんて、本当にろくなのが居ないじゃない。大人になる前にちゃんと男を見る目を養っておかないと、とんでもないのに引っかかるわよ? そんな事にならないように現実を直視させておこうっていう、優しい叔母心なのに」
 反省する色は皆無でしれっと言い返す娘に、澄江は本気で頭痛を覚えた。


「全く……、あなたって子は。小さい頃はあんなに素直で、手がかからない子だったのに……」
「う~ん、そんな事言われてもね~。この家が普通一般のそれとはかけ離れてて、群がる人間から色々影響受けちゃったから仕方が無いんじゃない?」
 肩を竦めつつ、淡々と言ってのけた香澄に、思い当たる節がある澄江は僅かに眉をしかめて黙り込み、それ以上は何も言わなかった。そして急に静かになった事に不安を感じた真澄が、顔から手を離して両目を真っ赤にしながら澄江と真澄を交互に見やる。
「おばあさま? かすみちゃん?」
 そこで香澄が改めて真澄を正面から見据えながら、真顔で問い掛けた。


「真澄ちゃん。真澄ちゃんは本当に王子様に迎えに来て貰いたい?」
「うん! すてきなおうじさま」
 その問い掛けに真澄が涙を引っ込めて力強く頷くと、香澄は相槌を打って続けた。
「じゃあ真澄ちゃんも、王子様が迎えに来るまで、ずうっと素敵なお姫様でいなくちゃいけないのよ?」
「うん、がんばる! ……でも、すてきなおひめさまって、どうすればいいの? かすみちゃん」
「簡単よ。背中で飼ってる猫を、ずーっと大事にしてればいいの」
「……ねこ? せなか?」
 それを聞いた真澄は首を傾げ、頭の上にクエスチョンマークを何個も浮かべる様な表情を見せたが、その意味する所を悟った澄江は小さく噴き出した。


「ふ、ふふっ……。確かに香澄はもう被ってはいないから、手遅れねぇ」
「……お母様、一言余計よ」
 今度は逆に嫌そうな顔をした香澄に、真澄は途方に暮れた様に問い掛けた。
「かすみちゃん……、ますみ、ねこかってないよ? おとうさまにおねがいしないとダメ?」
 それに対し、年長者二人は苦笑して付け加えた。


「真澄、それは生きている猫の事じゃないから、心配いらないわ。真澄が今まで通りずっと良い子だったら、何も心配要らないから」
「そうよ。真澄は私と違って素直で優しい性格だと思うから、よっぽどの事がない限り反抗心なんて芽生えないでしょうしね」
「……ほんとうに、だいじょうぶ?」
 まだ幾分心細い様子で確認を入れてきた真澄に、澄江と香澄は笑顔で請け負った。


「ええ、大丈夫よ、真澄」
「安心しなさい。いざとなったら王子様の一人や二人、私が引き摺ってきてあげるから」
「香澄……、だからあなたは一言余計なのよ」
 そうして澄江と香澄が笑い出し、それに釣られて真澄も笑って、その話は無事に終わったのだった。



「いつか王子様が……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く