話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

世界が色付くまで

篠原皐月

第52話 狼狽

 一方的に言いたい事を言った挙句、恭子が唖然としている間にあっさりマンションから立ち去って行った浩一は、当然の事ながらそれ以降戻っては来なかった。
 そして完全に音信不通になって一週間。この間も恭子はこれまで通り生活し、普通に仕事をこなしていたが、朝食を食べながら、ふと心の中で八つ当たりをしてしまう。


(本当に何なのよ、浩一さんったら! あの日以来、全然連絡は寄越さないし、携帯は本当に解約しちゃったみたいで連絡の付けようが無いし。さり気なく真澄さんに聞いてみても、知らないって言うし! まあ、知ってても惚けられてるだけかもしれないけど! ああっ、苛々するったら!)
 恭子はそんな苛ついている自分に気が付き、(平常心、平常心……)と呪文の様に自分自身に言い聞かせながら、なんとか朝食を食べ終えた。


「ごちそうさまでした」
 一人暮らしである為、当然言葉が返って来る筈も無かったが、何故かそこで静まり返った室内に、思わず眉根を寄せる。
(別に落ち着かないとか、物足りないとか、そんな事を思うのなんておかしいでしょう? ずっと一人暮らしだったんだし、以前に戻っただけよ)
 自分自身を腹立たしく思いながら食器を片付け、戸締りをして出勤した恭子は、職場に到着するまでには、取り敢えずいつもの自分を取り戻したかに見えた。


 その日の昼下がり、一心不乱にPCのキーボードを叩いていた恭子は、少し離れた机から、何気ない口調で呼びかけられた。
「ねえ、恭子さん?」
 その声に、恭子は取り敢えず手の動きを止めて、顔を上げる。
「はい、会長、何でしょうか? この文書の清書は、あと三十分もあれば終わりますが」
「そうじゃなくて、最近何かあったの? この数日、何だかそわそわしてるみたいだけど」
(やっぱり侮れないわね、流石会長)
 自分としては今まで通りの態度を貫いていた筈が、どうやら真弓に不審がられていたらしい事が分かり、その観察眼に内心で舌を巻いた。しかしプライベートな事をさらけ出すつもりは毛頭無かった為、白を切る事にする。


「別に何もありませんが。会長の気のせいではないでしょうか?」
「そう? 男に振られたとかだったら、下手に聞いたら気を悪くするかと思って、敢えて触れずにおいたんだけどね。仕事はきっちりこなしてくれていたから、文句を言う筋合いでもないし」
「振られたりしてませんから」
「じゃあ恭子さんの方が、袖にしたとか?」
「……別に、そういう事でもありません」
(会長……、何て微妙な話題を振って下さるんですか……)
 辛うじて顔が引き攣るのを阻止した恭子が、出来るだけ普通を装って言葉を返すと、真弓はそこで興味を失った様に話題を変えた。


「ああ、もう二時過ぎなのね。今日はお昼が早かったから、ちょっと休憩しようかしら。お茶を淹れてくれる?」
「畏まりました」
 話題が逸れた事に内心安堵しながら、恭子は立ち上がって隣接した給湯室に向かった。そしてお茶と摘まむお菓子を準備しながら、何気なく壁に掛けてある時計の時刻を確認し、自嘲気味に笑った。
(もうそんな時間か……。今更遅いわよね)
 思う事は色々あったものの、用意を済ませた恭子は、何食わぬ顔でトレーを持って室内に戻った。


「お待たせしました」
「ありがとう」
 真弓の前にカップと皿を置いた恭子が、何故か机の横にぼんやりと立ちつくしたまま自分を見下ろしている事に気が付いた真弓は、不思議そうに彼女を見上げた。
「……何?」
「あ、いえ、すみません。ちょっと考え事をしていまして」
「そう?」
 声をかけられて我に返った恭子は、狼狽気味に頭を下げて自分の机に戻ろうとしたが、二・三歩歩いた所で振り返り、神妙な顔付きで問いを発した。


「……その、会長。一つお伺いしても宜しいでしょうか?」
「構わないわよ? 何かしら」
「会長はいつも泰然としていらっしゃいますが、これまでの人生で、後悔している事とかは一つも無いんでしょうか?」
 それを聞いた真弓は、少し不思議そうに小首を傾げた。
「後悔している事?」
「はい」
「山ほどあるけど?」
「……そうなんですか?」
 あまりにもさらりと言われた為に、思わず疑うような声を出してしまうと、案の定真弓が気分を害した様に言い返してきた。


「一体私の事を、どういう人間だと思っているのかしら」
「気を悪くされたのなら、申し訳ありません」
 迷わず頭を下げた恭子だったが、真弓は本気で怒ってはおらず、クスクスと笑いながら話を続けた。


「怒ってはいないわよ。ただどうしてそんな事を尋ねてきたのか、興味深いわね。何か後悔している事か、しそうな事でもあるの?」
「いえ、別にそういう事は……」
「でもね、私に言わせれば、後悔する様な事が一つもない人生なんて、物凄くつまらない人生なんじゃないかと思うんだけど。だって一度だって物事に全力で真剣に取り組んだりしないで、いつもそこそこ、それなりにできる事だけやってきたって事でしょう?」
 余裕の笑みでそんな事を言ってから、悠然とカップの中身を飲み始めた真弓に、恭子は口ごもった。


「それは……。会長の様に社会の第一線で華々しく活躍されてきた方だからこそ、言える台詞ではないかと……」
「それに恭子さんの場合、《後悔》と言うより、どっちかと言うと《未練》って感じがするわね」
「…………」
 飄々と言われた内容に、恭子が思わず口を噤む。そんな彼女を楽しそうに見上げながら、真弓が確認を入れてきた。


「違ったかしら?」
「先程の質問は、世間話の一つのつもりで口にした内容ですので、自分がどうこうと言う訳ではありません。誤解なさらないで下さい」
 自分でも硬い口調だったかと思いながら恭子が弁解したが、真弓はそれ以上追及しなかった。


「あら、そうなの? 勘が鈍ったわね、いよいよお迎えが近いかもしれないわ」
「ご冗談を。それでは席に戻って、先程の続きをしておりますので」
「ええ、ご苦労様」
 そして一礼してトレーを給湯室に戻した恭子は、いつもの顔で自分の席に戻った。そしてやりかけの仕事を再開する。
(未練、か……。そんな事は無いわよ)
 自分自身にそう言い聞かせながら、恭子はディスプレイの片隅に表示されている時刻表示から意図的に視線を逸らしながら、黙々と入力作業を進めて行った。




 同じ頃、成田空港第二ターミナル出発ロビーに居た浩一は、チェックインカウンターでスーツケースを預けた後、そのまま暫く恭子を待っていたものの、時間が迫ってきた為セキュリティチェックを抜け、出国審査を済ませて搭乗ゲートまで進んだ。そしてその前の椅子に座って彼女を待っていたが、落ち着き払った声でのアナウンスが周囲に響き渡る。


「15:00発、アメリカン航空8524便の、最終搭乗案内を致します。こちらの便にご搭乗予定の方は、62番ゲートにお集まり下さい。繰り返します……」
 同様のアナウンスが何回か繰り返され、乗客の列も殆どローディングブリッジに吸い込まれて行った所で、浩一は重い腰を上げた。


「どうやらすっぽかされたか」
 冷静にそんな事を呟いてから、機内持ち込みのバッグを持ち上げて、自嘲気味に笑う。
「無様だな。……まあ、覚悟してはいたが」
 そしてゆっくり歩き出しながら、小さく溜め息を吐いた。
「後から、清人に国際電話で怒鳴られるな。……いや、呆れ果てて、説教する気も起きないか」
 そんな事を呟いた後は、浩一は無言のまま背後を振り返る事無く、搭乗機へと向かった。


「……ただいま」
 その日、恭子がマンションに帰り着くと、室内はこれまで通り無人だったが、急に一人きりである実感が湧き上がってきた。
(本当に居なくなったんだわ)
 思わずそんな事を考えてから軽く首を振り、ショルダーバッグを放り出す様にソファーに置いて、その横に乱暴に腰を下ろした。


(何を今更、もう先週から……、それにここに来る前は、ずっと一人で過ごしてきたじゃない)
 いつもとは異なり、夕飯の支度もせずそのままぼんやりと壁を見詰めていた恭子が我に返ると、いつの間にか九時近くになっていた。掛け時計でそれを確認した恭子は、そこで表情を消して緩慢な動きでバッグから携帯を取り出す。そしてある人物に電話をかけ始めた。




「はい、もしもし、恭子さん?」 
「今晩は、清香ちゃん。今、話をしても大丈夫かしら?」
「はい、自分の部屋ですから大丈夫ですよ? 夕食も食べ終わりましたし」
「それなら良かったわ」
 恭子が電話をかけた相手の清香は、小笠原邸で与えられた自室で一人のんびりしている所だった。久しぶりに恭子からかかってきた電話に機嫌良く応じると、電話越しに何気ない口調で頼み事をされる。


「清香ちゃん、ちょっとお願いがあるんだけど、聞いて貰えるかしら?」
「はい、何ですか? 何でも遠慮なく言ってみて下さい」
 即座に応じた清香だったが、その即答っぷりに恭子は思わず心配になったらしく、苦言を呈してくる。
「清香ちゃん、そんなに安請け合いして大丈夫なの? もしとんでもない事を頼まれたりしたら困るわよ? もう少し考えてから返答した方が良いんじゃないかしら?」
 しかし恭子のそんな懸念を、清香は笑い飛ばした。


「そんな~。確かに他の人に対してなら、もう少し慎重になりますけど、恭子さんだったら大丈夫ですよ。それに恭子さんから頼み事なんて、ひょっとしたら初めてかも。頼って貰って、ちょっと嬉しいです。だから本当にどんなつまらない事でも、言ってみて下さい!」
 そう言い切った清香に、電話の向こうから微かに苦笑する気配が伝わって来てから、恭子が静かに申し出た。


「それなら、遠慮なく言わせて貰うけど……」
「はい」
「私を罵倒してくれない?」
「……はい?」
 同じ台詞を二回繰り返した清香だったが、それを発した時の心情とアクセントには、はっきりとした差があった。何か聞き間違ったかと清香が絶句していると、その困惑度が容易に想像できたのか、恭子が説明を加えてくる。


「だから、私は自分本位で人でなしで情け容赦ない最低女だから、ありとあらゆる罵詈雑言を尽くして、罵って欲しいんだけど?」
「あの……、恭子、さん?」
 恐る恐る口を挟んだ清香だったが、恭子が有無を言わせぬ口調で迫る。
「どんなつまらない事でも、やってくれるのよね? 別に軽装備で雪山登山してくれってお願いしている訳じゃ無いし」
「はぁ……」
(ど、どうしよう……、確かに何でも言ってみて下さいって言っちゃったし。でもそんな恭子さんを貶す事を言うなんて……)
 生真面目に考えて狼狽した清香だったが、それなりに付き合いのあった恭子からは一歩も引かない気迫を感じ取り、ある覚悟を決めて口を開いた。


「あの……、じゃあ一応言ってみますけど、本当に良いんですか?」
「勿論よ。こちらからお願いしているんだから。ちょっと力一杯罵られたい気分なのよね」
「えっと……、それじゃあ、言わせて頂きます」
「どうぞ」
 そこで清香は呼吸を整え、一気に言い切った。


「恭子さんは美人で頭が良くて、でもそんな事を鼻にかけて他人を馬鹿にする様な事も無くて、真澄さんとは別の意味で、私の憧れの人です」
「清香ちゃん?」
 あまりにも予想外の台詞を聞かされて、恭子が訝しげな声を出したが、再び息を吸い込んだ清香はそんな事にはお構いなしに、再度一息に言い切る。


「あの問題有り過ぎるお兄ちゃんの下で、文句を言いつつも何年も働いている事だけでも賞賛できるのに」
「……何を言ってるわけ?」
 今度の恭子の口調には、怒りが含まれているのをはっきりと感じ取る事が出来たが、清香はそれは聞かなかった事にして主張を続けた。


「どんな不平不満を抱えていても、泰然と構えてお兄ちゃんを向こうに回して対等にやり合ってるのを見た時には、思わず溜め息が出ますし」
「ふざけないでよ?」
 そう言った直後に歯軋りの音まで聞こえてきた為、清香は泣きそうになったが、勇気を奮い起こして話を続けた。


「気配りも笑顔も絶やさないで交友関係も広いですし、努力家で金銭感覚もしっかりしてる上、間違っても人を不快にさせる行動なんか取らない」
「嫌がらせはいい加減にして!! 何なのさっきから黙って聞いていればベラベラと褒め言葉なんか並べて!」
 怒り心頭に発した感の怒鳴り声によって台詞を遮られた清香だったが、負けじと精一杯の声で言い返した。


「だって! 私、恭子さんを表現するのに、褒め言葉しか浮かんでこないんです! 恭子さんは皆に好かれて頼りにされてる、私の自慢の“お姉ちゃん”で」
「清香ちゃんの馬鹿ぁぁーっ!!」
「え、あ、ちょっと! 恭子さん!?」
 いきなり泣き叫ぶ声が聞こえたかと思ったら、その直後に何かが割れたりぶつかった様な衝撃音が伝わった直後、電話の向こうが静かになって、不通になった証の電子音のみしか聞こえなくなった。
 さすがに異常を感じた清香が恭子の携帯、マンションの固定電話、浩一の携帯に立て続けにかけてきたが、どれも全く繋がらずに途方に暮れる。


「ど、どうしよう、繋がらない……。絶対、恭子さん、何かいつもと違うよね? ……こ、こうなったら、困った時の真澄さん頼み!!」
 そして清香は、昔から困った時には何かと相談を持ちかけてその都度解決して貰っていた、頼りになる従姉兼義姉の携帯番号を迷わず選択した。


「真澄さぁぁん! お願い、助けてぇぇっ!!」
 かかってきた電話に応答するなり、そんな事を叫ばれた真澄は、一瞬本気で驚いた。
「清香ちゃん、どうしたの?」
「あ、あのね! 恭子さんから電話がきて、でも何か変で、悪口を言ってって言われて。でもそんな事言われてもどうしたらよいか分からなくて、逆に力一杯褒めちゃったの! そうしたら何かもの凄く怒らせちゃったみたいで、一方的に電話を切られてかけ直しても固定電話にかけても繋がらなくて、浩一さんに電話しても繋がらないし!!」
 捲し立ててくる清香が、電話の向こうで必死の形相をしているんだろうなと想像しつつ、真澄は穏やかに声をかけた。


「清香ちゃん、取り敢えずちょっとだけ落ち着いて。浩一が柏木産業を辞めて、アメリカの会社に再就職した事を知らないの?」
「はぁあ!? 退社したのは知ってましたけど、何ですかそれはっ!?」
 完全に声が裏返った清香に、真澄は夫と弟を心の中で罵った。


「……ごめんなさいね。てっきり本人か、清人から聞いているものとばかり思ってて。だから浩一の携帯は繋がらなかったのよ」
「あの、それは分かりましたけど……。まさか浩一さん、アメリカに移住とか」
「そのまさかよ」
「…………」
 驚きのあまり絶句したらしい清香に向かって、真澄は苦笑しながら言葉を継いだ。


「恭子さんに関しては、どういう状態なのか大体分かったわ。私がちゃんとフォローするから大丈夫。心配しないで?」
 いきなりそう言い切られて、清香は逆に不安になったらしく、困惑しながら確認を入れてくる。
「え、えっと……、あの……、本当にお任せちゃって大丈夫ですか?」
「勿論よ。頼りになる、お姉さんに任せなさい!」
 いつも通り自信満々に言い切ると、漸く安堵したのか、清香がほっとした様な声で礼を述べた。


「ありがとう、真澄さん。宜しくお願いします」
「詳細は、落ち着いたらきちんと説明してあげるから、ちょっと待っててくれるかしら?」
「分かりました」
「それじゃあ、おやすみなさい。気に病んだりしないで、ぐっすり寝て頂戴ね?」
「はい、そうします。おやすみなさい」
 そうして通話を終わらせた真澄は、溜め息を吐いて独り言を呟く。


「さてと。明日は色々忙しくなるわね。その前に真一と真由子の事を、今夜のうちにお母様にお願いしておかないと」
 そして明日の算段を立てる為、真澄は椅子から静かに立ち上がり、玲子がいる彼女の私室に向かって歩いて行った。





「世界が色付くまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く